★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    東村山市内で見かける警告看板

     コリャ、ま、東村山だけの話じゃないと思うんですけどっ、道ッパタを歩くと世の中にはいろーんな警告看板が立っておりましてね。でもぉ、決して効果がぜんぜんナイとは言いませんけど、「えっ!? そうだったんですか!? それはわざわざ教えていただいて本当にアリガトウございました。助かりましたワッ!!」というような警告看板は1,000枚に1枚ぐらいしかナイんですのよっ、オクサマッ!!
     ナーンデカってゆーと、そのほとんどが被害を蒙ってらっしゃる道徳堅固な皆様のウップンをディフュージョンさせるためのもので、肝心の加害者意識のない自由奔放な皆様の行動原理を無視した欠席裁判の結果だから、見れば「あっ、そーなの!?」とは思ってもちっとも心には響かないんですのよねーッ。
     早い話が、東村山でいちばん多く見かける看板は「犬のフン」に関するものですけど、じゃあ、「なんで東村山市は一部の自治体が設置しているような“犬のフン専用ポスト”を置かないんだ!?」という意見はほぼ完全に無視されているワケだし、東村山中央公園や八国山緑地なんかの都有地に立ってる「ノーリード禁止」の看板もそうで、「だったら公営ドッグランの1つぐらい造っときなさいよ!!」というワンコ飼い市民の願いはチットモ進展してやしないんですのヨッ。
     久米川町4丁目の府中街道の暴走自転車による死亡交通事故現場には「歩道は歩行者が優先です」という看板が立ってますけどね、誰も好きこのんで歩道を自転車で走ってるわけじゃなくて、車道に出たんじゃ狭くて危なっかしくてしょうがないからですわよね。
     諏訪町2丁目の「駐車アベック警告看板」にいたっては、いちおう夜間の脅迫・覗き事件が多発してるって書いてありますけど、本当に多発しているかどーかはマユツバで、なーんかその裏に「いっそのこと脅迫・覗き事件が起きてくれれば、不純な目的でやってくる不埒な男女を一掃できやしねーべか」というようなニオイがしますわよね。だいたい、“アベック”って“とっくのトーチャン”に死語になってやしませんかしらね。
     最近は、運転免許の更新に行くと全員が「こういう時がいちばん危ない!!」みたいなビデオを見せられますけど、あれだってね、順風満帆の人生を歩んでいたのにちょっとした油断から交通事故を起こして会社をクビになって離婚して刑務所へ行って出所して家が火事になってホームレスになって空き缶拾いの途中で交通事故にあって生活保護で入院しているというような身に詰まされるような人の実体験を聞くほうがね、よっぽど効果があるんじゃないかと思うんですけどね。
     冷静に考えても、市民の思いを総合的に判断して集約するナラバッ、市役所には「自己保身よりも市民の幸福!!」、警察署には「我が身を疑ってから人を疑え!!」、税務署には「ブッタクっての無駄遣いは許しません!!」とゆー警告看板の1つぐらいあってもいいと思いますけど、ナイですわね。なーんかね、消防署員以外の公務員はとにかくみーんな火の粉をかぶるのを嫌がるようですけどっ、火の粉をかぶらないで火事なんか消せないと思うんですけどねーッ。
     日本に駐留にやってくる新聞社やテレビ局の外国人記者がまず驚くのは、“小さな親切大きなお世話”の看板やアナウンスの洪水だといいます。「街をキレイにしましょう」「お年寄りやからだの不自由な方に席を譲りましょう」「タバコは喫煙所で吸いましょう」「エスカレーターにお乗りの際はベルトにつかまり黄色い線の内側に」「お忘れ物のないようにご注意下さい」「危険物の持ち込みはご遠慮下さい」とゆーよーな、何もかもが親切そうでソフトなものでありながら、実際には「ほらっ、看板あったでしょ。アナウンスしたでしょ。だのに注意しなかったからアンタが悪いの」という、免責事項以外の何物でもないバカらしさに辟易するんだそうです。
     東村山市第4次総合計画基本構想の“目指すべきまちの姿(将来都市像)”は、「人と人 人とみどりが響きあい 笑顔あふれる 東村山」に決まりました。それにしちゃーね、ぜんぜん人と人が響きあわないような看板があふれすぎてるんじゃゴザンセンかしらね。笑顔つったってイロイロありますしね。みんなが責任回避してるばっかりの独りよがりのシメコのウサギの笑顔であふれてもショーガナイと思うんですけどね。個人的には、東村山市の将来都市像なんてね、「東村山市に任せときゃナントカなる!!」と市民全員に信頼してもらうってこと以外にナーンニモないと思いますのよね。
     たぶん、警告看板のほとんどは、お役所に寄せられた「ナントカしなさいよ!!」っていうクレームによって立てられたもので、クレームがたくさん寄せられるってコトは、「ナントカしてくれるかもしれない」と期待されてる証拠ですから喜んでいいんだと思いますけど、それでもって「なんじゃソリャッ!!」という看板を立てられたんじゃせっかくの期待も帳消しですのよね。みんなに納得してもらえて、かつ考えるキッカケを与えられる看板とはいったいなんだろうっていうことをね、ホンのちょっとでも考えてみていただくとありがたいンですけどね。

    スポンサーサイト

    |12-02|ヘダラコメント(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。