★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    東村山市長選挙公開討論会

     ホントはね、13日(水)の中央公民館のほうに弊社の従業員総出で押しかけようと思ってたんですけどっ、市民センターの会議室じゃ狭くて床が抜けると思って遠慮いたしました(うそピョン)。科学万能時代のご利益と申しますのは本当に有難いものでございまして、インターネットで見られるWeb生中継なんかしてるんじゃあね、わざわざ行って並んで待ってタバコも吸えないで退屈して居眠りしそうになってオシッコまで我慢するこたぁないですわよねーっ。
     会場に何人足を運んだのかはわかりませんけど、私の見ているあいだの動画配信サイトの視聴者数は最大で40人だったみたいで、15万3,433人中の40人というのは実にどうもトホホな人数ですわね。なんつったってほぼ3,800人に1人ですからね。主催者が社団法人の青年会議所でなまじ選挙にかかわることだから、中立を旨とするお役所関係の施設にはポスターを貼れないんでしょうけどね、もうちょっと積極的に告知する努力はしといたほうがよかったかもしれませんわね。やっぱり民間主体の効果的なコミュニケーションツールの必要性をヒシヒシと感じてしまいますわね。
     で、肝心の内容がどーだったかとゆーとね、西口再開発や保育園をめぐってスワ抗争勃発?という場面はあったものの、全体的になーんかホンワカ空気でちっとも討論会じゃないんですのよね。とにかく目立ったのは渡部尚市長の落ち着きのなさで、選挙中も公務をこなさなきゃならない現職ってことや、開会中に地震(東村山市役所の震度計では震度3を記録)があったことを考慮しても、「こんなことはしてられないっ」とでもゆーよーにミョーに浮き足立っていらっしゃいました。んー、シトツ、梅岩寺での座禅修行とかをオススメしたくなって参りますわね。
     小松恭子氏はホントに『金八先生』の校長先生(赤木春恵)みたいで、見ていて頼もしいったらありしゃしませんのよね。ただ、どうもふだんの共産党と違って舌鋒が丸みを帯びてるのは、ナンダカンダで渡部市政の評価する部分は評価するという気持ちがあるんだろうと思いますわね。てゆーか、先代?の細渕一男市長の最期の1年間の、疑惑を誤魔化し続けて逃げ回ってばかりいたアノ姿勢がいかにヒドかったということですわね。私も渡部市長の施政方針を全面的に支持するワケじゃありませんけど、ナンダカンダ言って渡部市長のいいトコロは、細渕市長のように決して誤魔化さずに逃げないことで、意見は違っても議論には応じましょうというリベラルな姿勢なんだと思います。もともと渡部市長って決して社交性のある人じゃないですよね。ただ、それでもなんとかコミュニケーションをとろうという努力はなさってますのよね。もちろん、そうじゃない人間が政治家なんかになるべきじゃあないですわね。んー、たぶんね、渡部市長も議長時代に細渕市長を見ていて反面教師として「コンナ市長にはなりたくない!!」とつくづく思ってたんでしょうね。間違いナイッ。
     私が個人的にとっても意外だったのは折笠広樹氏で、「現市長は歴代の市政の流れと違う方向を向いている」なんつって立候補したもんだから、さぞやガンガンの対決姿勢で渡部市政をブッタ斬るのかと思いきや、なーんか立候補者じゃないみたいに渡部市長に軌道修正の希望を述べてるだけといった感じなんですわね。ソンナンだったら立候補なんかしないで『市長へのeメール』でも送っとけばよかったんじゃないですかしらね。ま、「ひょっとしてオレ、今回はムリ? だったら4年後のために顔でも売っとくか」てなね、魂胆、イヤイヤ、抱負をイダイテらっしゃったんじゃないですかぁ。もーね、『みんなで創るみんなの東村山』を旗印に地方自治改革が進んでいる時代にね、細渕元市長ご推薦ってゆーだけでアリャマコリャマですわよねーっ。4年後に向けての精進をお祈り申し上げますわんこ。
     いちおー、『東村山市長選挙公開討論会』の動画を埋め込んでおきましたけど、全部見ると2時間の長丁場ですカラッ、どーか覚悟を決めてご覧下さいましねーっ。YouTubeの10分割版をご覧になりたい方は、東村山青年会議所のホームページからどうぞ。
    ★東村山青年会議所



    「目白過激團」第三回公演ポスター

     というようなワケで、前にこのブログでご紹介した東村山市在住の画家、二代目五寸釘寅吉(高座名=目白バタイユ)氏が主催する『目白過激團』の第三回公演の開催が決定いたしました。さらに、コレはまだ予定ですが、9月6日(火)~9月11日(日)には銀座の『ヴァニラ画廊』で開催される、絵画×演芸×映像×落語をコラボレートしたイベントの準備も着々と進んでるらしいです。ちょっと気になる「ぶらり日本・右翼の旅」も上映予定。
     私としてはぜひ東村山でやってもらいたい気もするんですけどね、あんまりにも刺激が強すぎてまだムリですかしらね。ドッチにしても文化ちゅーものの本質はフツーじゃないことだと私は思ってるんで、こういうフツーじゃないモノはぜひとも東村山に組み込んで、フツー志向のなまぬる精神にドッカンボッコン刺激を与えてもらいたいと思うんですけどね。
     ただね、これはあくまで私の個人的希望なんですけどね、やっぱり高座に上がったり人前に出た時にはね、「エー、ワタクシ、児童ポルノ法違反で執行猶予付き実刑判決を受けたことがございましてね。弁解はいたしませんが事実のみ申し上げときます」と必ず言ってもらいたい気がするんですのよねーっ。ナンと申しましょうか、それはこの人の罪だ罰だというよりも、この人には不思議な天分があると思うんで、そうじゃないとその天分に対して失礼じゃないかと思うんですよね。それと、どーしたってこの人の絵はともかく、この人の芸はインディーズにならざるを得ないから、最初に観客に冷や水を浴びせとかないと立脚点がなくなっちまうような気がするんですのよね。ま、余計なお世話っちゃーそーなんですけどね。

    佐藤まさたか・薄井政美両候補選挙用紙媒体f

     エー、いよいよ、我らが東村山市の市長&市議ダブル選挙が本格始動し、時代錯誤の公職選挙法第146号に基づき、本日より候補者によるウェブサイト更新や電子メール配信の自粛がはじまりましたけど、ウチの事務所のポストにはコンナモノがっ(↑)。
     ナーンデ既成大政党所属ではない、吹けば飛ぶよなミジンコ会派『変えよう!議会・東村山』の佐藤まさたか・薄井政美両候補がですわね、コーンナ立派な紙媒体を配布しなければならなくなったのかと言えばですわね、ま、全部の理由がソレじゃないにしてもですわね、それぞれ「越境市議」「エロライター」と名指しで糾弾されちゃってる、天下のデマ新聞『東村山市民新聞』の影響大なるものがあるんでございますわね。
     ま、ネット上ではすでに、『東村山市民新聞』発行人にして『草の根市民クラブ』所属の矢野穂積候補の悪口がお腹いっぱいになるほど載ってるんですけどね、やっぱり私が個人的に感じてしまうのは、この人の存在意義を見失ったことによる物凄いような孤立状態のバカラシサなんですのよね。これが芸術の世界だとね、「人間としては最低だけど作品は高雅」だとして評価された永井荷風みたいに、アイデンティティを確立できる隙間みたいなものがあったりするワケですけど、コトサラ政治の世界じゃそんなカルト教団のようなことは成り立たないんですのよね。そんな人に1票を投じて議会に送り出している東村山市つーのが本当に信じられませんけど、やっぱりなんですかしらね、今も故朝木明代さんへの恩義を忘れない奇特な支持者のみなさんがまだまだいるってことですかしらね。
     と、ココまで書いたら電話がかかってきて野暮用で表に出ましたらばっ、さっそくポスター掲示板にポスターを貼っている一団に出くわしたんですけどね、このポカポカ陽気ですからほとんどのみなさんがカジュアルな格好だとゆーのに、1人だけスーツにトレンチコート姿のフォーマルな方がいらっして、ドコかで見た顔だと思ったらあにはからんや矢野穂積大先生でございました。たぶんね、「ポスターなんか私たちが貼りますから」という支持者の方たちの懇願を振り切って、「いやいや、みなさんにお手数をおかけするわけには参りません。これは私の選挙ですからポスターも全部私が貼ります」「そんな勿体無いことを。センセ、お待ちになって」「止めて下さるな妙心殿。落ちぶれ果てても矢野穂積は武士じゃ。男の散りぎわを知っております。行かねばならぬ、行かねばならぬのダァ」というような愁嘆場があったんでしょうね。自転車のカゴに七つ道具一式を積んでエッチラオッチラね、この暑い最中にスーツにコート姿でね、本当にご苦労様でございますと思わず後姿に手を合わせてしまいました。ナマンダブッ。
     ついでに言っときますけどね、掲示板のポスターをつらつらと見回すってぇとね、「ソレって何年前の写真じゃい!!」って言いたくなるようなね、明らかに4年前の選挙ポスターとおんなじ写真を使ってる候補者の方がけっこう見受けられますのよねーっ。そりゃ、実物より写真うつりのいいヤツを使いたいっていう気持ちはワッカリますけどね、パスポートや履歴書の写真だって「3ヶ月以内に撮影されたものに限る」って書いてあるのにね、どーして選挙のポスターだけは古くても許されるんでしょうかしらね。ポスターと選挙公報だけ見て選ぶっていう有権者も多いでしょうから、選挙を面通し式にして指差し確認で投票してもらうようになったら、「アンタ、ダレ?」ってことになりゃしませんかしらね。
     もーホントにね、選挙だけは大事にして下さいね。アタシらはボチボチこの世においとましますけどね、マットウな選挙で政治をマットウな方向に導かないと、ワリを喰うのは残された子や孫の世代ナンスカラッ。ソコントコよろしくお願いしますわねーっ。


    スポンサーサイト

    |04-17|ヘダラコメント(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    ココ・パピラス

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。