★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    「第49回東村山市民産業まつり」「どんこい祭2010」ポスター

     「第49回東村山市民産業まつり」「どんこい祭2010」、行って参りました。
     この“市民産業まつり”のほうのポスターですけど、戦後まもなく建てられた廃屋に貼ってもあってもほとんど違和感ございませんのよね。キャッチコピーは「ともに咲かそう夢・未来」だそうーなんですのよオクサマッ!! どっちかっていうと「死んでたまるか今・熟年」という気がするんでございますけどね。
     ま、ソコントコは置いといて、始まる前からなーんかアラアラと思ってたのはですね、特に“どんこい祭”のほうですけど、去年あたりまではネットで検索すると、スタッフだとか出店者だとかパフォーマンスの参加者だとかのブログの記事が、開催告知や準備風景や愚痴や泣き言もひっくるめてバンバカ出てきてたハズなんですけど、なーんか今年はずいぶん減ったなぁという感じで、モチベーションのほうはだいじょぶかぁ?と思ってたんですわね。
     1日目の13日(土)は野暮用のついでに通りかかっただけなんですけど、早い時間だったんで人出はまだそれほどでもなくて、ちょうど渡部尚市長が“どんこい祭”のほうで開会の挨拶かなんかをなさってました。言うことはキマリ金●股の下ですから面白くもなんともございませんのよね。来年はぜひ、バカ殿の格好で東村山音頭でも熱唱していただけないでしょうかしらね。“青葉バァバァーズ”といっしょにパラパラでもいいですけどね。
     なんつったって開口一番から盛況なのは、市民産業まつりのJAの農産物販売コーナーでございまして、お野菜の値段が高騰しっぱなしの昨今、さすが兼業農家王国東村山の面目躍如といったところでゴザイマスわねと思いながら帰ってまいりました。
     2日目の14日(日)は、“どんこい祭”のおウドンを目当てに10時過ぎぐらいに行ったんですけど、アレッ、去年まであったプレハブ厨房がなくて、メーン・ステージの位置も変わっている!! どゆこと?と思いつつ足を右・左・右・左と交互に出して立脚点を移動すると、武蔵野うどん創作料理の店が8店、ご当地グルメグランプリの店が21店、ズラーッと並んでおりました。
     あのね、おっさん、わしゃかなわんよ、じゃなくて、だいたい朝っぱらですからお客が少ないところへ持ってきて、あの、日本海海戦で東郷平八郎司令官がとった丁字戦法とでもいうんでしょーか、お客を囲い込むように並んだ29店の総勢100名ぐらいの売り子さんがドワーッとハイエナのように待ち受けているわけですね。あれはちょっとビビリますわね。せっかくだからみんな機会均等にっていうのはわかるんだけど、もうちょっと配置を考えて分散させて、「あの裏には何があるんだろう?」みたいな期待を掻き立てさせたほうがよかったような気がするんですのよね。
     いただいたのは武蔵野うどん創作料理の2品なんでございますけどね、このお味がですね、マズイとは言いませんけど、やっぱりマズイってはっきりいうのはマズイと思うんで、ホンワカとそれなりにギリギリ美味しかったんですけどね、朝一番の作り立てが余ってたのをいただいたようで、ほんのちょっぴりゴムみたいなうどんでした。なーんかね、旨いものを食べて喜んでもらおうというのではなくて、ダーレかさんに「うどんで創作料理を作れ!!」といわれて無理やり作っちゃって出したような、靴に足を合わせたようなお味でゴザイマシタ。
     だいたい、おウドンってのは胃にドーンと来ますからっ、食べたくったってそうそう食べれるもんじゃございませんわよっ。もしかすると、食べなかった創作うどんのなかに飛び上がっちゃうくらい美味しいのがあったかもしれませんけど、黒焼そばのほうは100円のテイスティング・サイズがあったという話ですから、おウドンもそうしていただきたかったですわね。
     メーン・ステージでは、正義の疾風ヒガシムラヤマンの登場する目玉企画「フロッギーレース」がはじまってました。たぶん素人らしい司会の方の進行のダラダラ感がイッチョンたまりませんで、それに新企画なんていうから、てっきりモトクロスみたいなコースを簡単なヤツでも作るのかと思ったら、工事現場の養生シートみたいなのを敷いてカラーコーンの周りを1周するという、あんだいね、だったら別に竹馬だってよかったジャンと思わず心の中で叫んでしまいました。豪華賞品ってナンだろうと気になってたんですけど、帰りにちょうど表彰式をやってて、ふとん乾燥機をもらったお子様のちっともうれしそうでない顔が印象的でした。
     で、今度は市民産業まつりのほうを一回りしたんですけどね、コッチのほうはホントにまぁ、デジャ・ヴーじゃないかと思うほど去年とそっくりおんなじで、看板やポスターの“第49回”のとこだけ隠せば、たぶん去年の写真を今年のだと言い張ったって新聞に載せたってわかりませんわね。ただ、そこには偉大なるマンネリズムの力みたいのがあって、やっぱり祭囃子とか民謡が聞こえてくるとなーんか郷愁を誘われるように、毎年同じことを同じ場所でやってる安心感というか、それが集客力につながっているとは思うんですのよね。なんたって市民がこんなにたくさん集まるイベントなんてホカにありませんものね。
     本来、“どんこい祭”っていうのは、そういう“市民産業まつり”のマンネリズムを打破する目的ではじまったはずなんですけど、回を重ねるごとに市民産業まつりのオコボレをもらう小判鮫のようになってますわよね。本当にみんなのチカラで知恵を振り絞って考えた結果がコレなんだろうかと、未来を担う東村山市商工会青年部や東村山青年会議所にはロクな人材がいないのかと、そう言われても仕方ないんじゃないかと思う今日この頃ですけどっ。もし、若い世代を中心とした新しいターゲットを開拓したいというのなら、グルメやパフォーマンスだけじゃなくて、もっといろーんなことができるはずだと思うんですのよね。もう、試行錯誤なんて生易しいことを言ってないで、徹底的に大暴走してもらいたいですわね。市民産業まつりが元気なうちはそれができると思うんですのよ。
     ドッチにしてもですね、アタシラだってあるって3分のご近所だから、「年に1回だから行ってみようか」ってことになりますけど、開催場所が東村山市運動公園だったらぜったいに行きませんのよね。ハッキリ言って「ああーっ、行ってよかったぁ!!しあわせぇ!!」なんていう充実感は皆無なんですのよね。ソコントコはしっかり踏まえといていただかないと、変えないとダメになることがわかっちゃいるけどやめられないっ!!じゃ、いつしか志村けんのことも東村山音頭のことも忘れ去られて、「国宝がただ建ってるだけの街」になりかねませんわよ。
     だいたい、なーんか毎年、「東村山市民産業まつり」と「どんこい祭」のある11月の第2土・日曜日だけ、東村山市が総力を上げてイベントを開催してるのもいいですけど、遠くに住んでる人は知らないだろうから言っといたげますけど、それ以外の日の市役所周辺といったら毎日火葬場みたいな雰囲気なんですのよっ。
     東村山をどーするかってことは、そりゃ市長を初めいろんな人が考えてて、なかんずく結論を出す立場の人ってのはホントに大変でしょうけど、「本当にソレしか考え付かなかったの?」というジャマイカ精神の結論はやっぱり出さないでいただきたいもんだと思いますのよね。
     “どんこい祭2011”、心底シビれちゃうようなアッと驚く企画を期待しておりますわよーっと。

    スポンサーサイト

    |11-17|イベントコメント(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。