★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑


     エー、世の中には『人生幸朗・生恵幸子』をご存じないとゆー方がいらっしゃいまして、私ら昭和に片足を突っ込んでいる世代にとっては「え゛ーっ!!」なんですのよね。
     ま、生恵幸子さんは4年前までご存命でしたけど、人生幸朗さんのほうは29年前に亡くなっていますから、月日は百代の過客と申しますから、仕方ないっちゃ仕方ないんですけどね、なーんかね、「二代目五寸釘寅吉」にあやかって「二代目人生幸朗」「二代目生恵幸子」を継がなくちゃなんないような気になってくるんでございますわヨッ。



     とゆーよーなわけで、別に暇ってワケじゃないんですけどね、私のほうは「東村山ぼやき講座'11」をやらざるを得なくなってくるんですのよネーッ。
     東村山駅の東口の階段を昇ったところの右側にね、コレ(↓)があるんですのよね。

    東村山駅の「東村山市広報掲示板」

     私ね、東村山駅に行くたんびにコレを見てるんですけどね、おそらく、市内の駅にはコレが一箇所ずつあるんですかしらね。で、貼ってあるポスターの構成もみーんなおんなじなんですかしらね。タマタマ、昨日、今日と2日続けて眺めてたらね、ふと、頭に疑問が浮かんできましてね。
     コレを貼ったり剥がしたりしてる人って、たぶん東村山市役所経営政策部広報広聴課広報広聴係の担当のカタだと思うんですけど、2週間にいっぺんだか2ヶ月にいっぺんだかよくわかりませんけど、毎回貼ったり剥がしに来ているそのカタってぇのはね、「アアーッ、私も全体の奉仕者として、こーんなすばらしい仕事ができるなんて、本当に公務員になってヨカッターッ!! こんな仕事をさせてくれて15万市民のみなさん本当にアリガトーッ!! 明日からガンバルゾーッ!!」と思っているのかね、それとも、「ま、お仕事だからやらさせていただいてますけど、こんなの貼ってドンダケ効果があるんでしょうかね。ああ、細渕市長の時代はよかったナァ。渡部市長は改革なんて言い出すもんだから、いつ何をやらされるかわかりませんからね。サンパルネ施設のご案内? あそこの市民サービス窓口はヒマそうでうらやましいよナァ」とかブチブチ言いながらやってるのかね、そりゃもちろん前者なんでございましょーケドッ。
     それはともかく、私、コレをしばらく眺めていて最初に思ったのはね、「果たしてコレはプロフェッショナルの仕事と言えるんだろうか?」という疑問でしたのよね。おそらくね、電通や博報堂の広告のプロの人たちにコレを評価していただいたらね、論外!!評価不能!!と一蹴されて鼻でセセら笑われると思います。てゆーか、私たち市民も「お役所の掲示板なんてコンナモノ」という目で眺めていますけど、本当はそれじゃ困るんじゃないですかね。私たちはちっとも困りませんけど、「みんなで創る みんなの東村山」なんて言いだしている渡部尚市長のほうがね。
     だいたいね、ま、年度替わりの移行空白期間だという事情はあるんでしょうけどね、「別に紹介するニュースもないんですーうっ!!」というのもワッカラナイわけではないですけど、だからって余白のマンマ何にも貼っとかないでおくことはないですわよね。コレは渡部市長だけにお聞きしますけどね、本当にこれ以上、市民にお知らせしときたいコトってないですか? 「ホームページがリニューアルされました!!」でも「東村山市長ツイッターでつぶやき中!!」でも「13日(日)の『噂の!東京マガジン』で黒焼きそばが紹介されます!!」でもいいじゃないですか、広報広聴のプロであるはずの広報広聴課のカタたちはそのことに考えが及ばないんですかしらね。だとしたら、それはどーしてでしょうかしらね。
     それとね、前に市民討議会のポスターについても書きましたけどっ、このナントモ情報だけは詰め込みましたとゆーか、ヤルことだけは一応ヤッてますカラッてゆー感じのポスターね、どーしてもう少しアイ・キャッチ(その瞬間に見た者の心をつかむこと)つーことを考えて作らないんでしょうかしらね。そりゃ、ま、一般的にはそーゆーデザイン的なことは外部の専門家(そんな名前の会社を作ってツブした元の木阿弥のセンセーもいらっしゃいましたけどっ)に外注に出すのがフツーなんでしょうけど、東村山市はやりたくてもそんな予算が捻出できないんでございましょ。だったらね、チットは視覚心理学かなんかを念頭におかれたらイカガでしょーかしらね。
     市内の本屋さんにはないかも知れませんけど、都心方面の大規模書店に行けばね、ビジネス書のコーナーに「広告・宣伝」に関するハウツー本が山ほどあるんですのヨッ。それともね、東村山市には「目立ってはいけない」「新しいことをやってはいけない」「仕事を増やすようなことはやってはいけない」「向上心を持ってはいけない」「必要最低限度を超える市民サービスをおこなってはならない」「全体の奉仕者のフリをしなければならない」とゆー『職員基本条例』でもあるんでゴザイマショーカッ。
     あるんだったらショーガナイですけどね。いかにもありそうですものね。やっぱりホントはあるんだろうかったらっ。



     えっとね、東村山市の市の木はケヤキ、市の花はツツジ、市の鳥はハクセキレイなんでございましてね、ケヤキとツツジは同じモノを指定している地方自治体があんまりにも多くて、それがどーしたってゆー感じなんでございますけど、ハクセキレイを市の鳥に指定しているのは、東村山市のほかには埼玉県八潮市、茨城県水戸市、愛知県岡崎市ぐらいで、完璧にじゃありませんけどオリジナリティがあったりなんかして。

    ホントにいるのか市の鳥ハクセキレイ

     なーんて思ってましたらばっ、なんだかここんトコロ、東村山界隈をわんことのお散歩の道すがら、このハクセキレイさんを妙に頻繁にお見受けするんですのよね。それもね、なぜだか知りませんけど、このハクセキレイさん、「私は東村山市の市の鳥ですカラッ!!」とでも言ってるように、わんこが近くに寄っても驚くほど逃げないんですのよね。この(↑)新編東村山かるたの「ほ」の札もね、なんだか変えなきゃいけないようなことになって参りましたわね。
     今んところ、新編東村山かるた48枚組のうち、ナンダカンダ言って東村山市をケナしていない札は17枚だけなんですけどね、これがどんどん改訂されていって、48枚の札が全部ホメてるようなことになったらね、私はいつ死んでもいいと思うんですけどね。いつになったら死ねるんだかわかりませんのよね。夢追って何処へ飛んだか白鶺鴒とゆーよーな心境にもなってくるんでございますのヨッ。
     私ね、朝起きるとしばらく、NHKの「おはよう日本」を見てたりするんですけどね、終盤になるとたいていね、阿部渉キャスターが「みなさん、今日もお元気で!!」と言って終わるんですのよね。世の中には東村山市みたいにお元気じゃない人もたくさんいると思うんですけどね、そんな人はきっと「お元気で!!」って言葉だけじゃお元気にならないと思うんですのよね。んー、じゃあ、なんて言ったらいいんざんしょかしらね。
     「みなさん、今日も相変わらずいつも通りで!!」
     そんなんじゃ人類はいつまで経っても進歩しないんだっつーのっ。


    スポンサーサイト

    |03-10|ヘダラコメント(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。