★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
     祝ホームページリニューアル

     とゆーよーなわけで、待ちきれなくて14日(火)の23時半頃に見えちゃった時はサクサクしてたのが15日(水)になったら激重になったりしましたけど、こりゃもーね、「ヤメトケッヤメトケッ」と言われながら作っちゃったサンパルネなんかと違ってね、ちゃーんと期待されて作ったホームページの想定外のトラブルだから許したげましょね。
     んー、2年ぐらい前になりますかしらね、ウチの会社でネットショップ開設のソフトを買って、いざデータをサーバにアップロードしようと思ったらできないんですのよね。設定やパスワードを確認し直したりなんかしてフガフガ奮闘して何10回やってもダメで、万策尽きて販売会社のサポートセンターに問い合わせたら、「あー、ソレね。うちのソフトのプログラムとサーバとの相性が悪いかもしれませんね」つーんですのヨッ。あーたね、パソコンつーのはナンダカヨクワカラナイほどに高性能な「1」と「0」の信号でものすごく速くやりとりしてイロイロ処理するエレクトリカルマシンでございましょっ。そんなモンに相性もヘッタクレもないと思うんですけど、そうはイカの金太郎飴なんでございますわね。で、ソフトの再インストールやらレジストリの書き換えなんかをやらされて、あーでもないこーでもないとゆー試行錯誤の末に、Microsoftのフレームなんたらゆーソフトの最新バージョンを旧バージョンのに戻したところで、2ヶ月ぐらいかかってやっとアップロードできました。だからって別に誰が悪いってワケじゃないんですけどね、なーんか結局ね、「パソコンのことをロクに知らずに使ってるお前がイチバン悪いっ!!」と言われてるような気がしてね、ったく冥利が悪いったらありゃしないんですのよねーッ。
     話は東村山市のホームページに戻りますけどね、元々ヒドイものが良くならないわけがナイッとゆー部分が往々にしてあるものの、なーんかコレだけで東村山市に対するイメージにしてからがガラッと変わった感じがしますわよねーっ。やったんでねぇのかぃ!?と初めてホメてやっていいんじゃないかと思います。またもやドッカの党派が市長の票稼ぎだってイチャモン付けてくるかもしれませんけどっ、コレだけは堂々と胸を張ってヤリマシタッつったってイイと思いますわね。
     リニューアル前のホームページで私がいっちゃんヤだったのはね、キーワード検索すると何の脈絡もないインデックスがズラズラズラーッと出てきて、ドコに欲しい情報が載ってるのか容易にはわからなかったことでした。それが今や、ちゃーんとジャンル別に分類されて出てくるから見つけやすいったらないんですのよねーっ。
     そ・れ・と、オオーッ!!と思ったのですわね、ナント『東村山音頭』が試聴できるコーナーがあること。それもオリジナル版と志村けんバージョンの両方があっての至れり尽くせり。んー、でも、厳密に言うといったいドコまでが“試聴”なんでしょうかしらね。試聴しているところをビデオに撮ってYouTubeで公開するのはいいんでしょうかしらね。パソコンにアンプとスピーカーを繋げて大音量で流してみんなで盆踊りってゆーのはやっぱりダメでしょうかしらね。でも、ひょっとするってぇとね。んー、コリャね、試しにヤッてみて怒られたらやめるしかありませんわねーっ。

    東村山音頭オリジナル&志村けんバージョン



     ほんでもって、このブログにリンクが貼ってあったりもするんですけど、ウチの零細ミジンコ企業の事務所つーのは「東村山わん友会」の連絡事務所でもございまして、ほとんどの方にはナンジャッソリャーッ!!でございましょうケドッ、今を去ること2年3ヶ月前、犬と散歩の折に立ち寄った空堀川緑道に放置されている犬のフンがあまりにも多いのを憂えて、ウチの会社の王白姫が始めた団体でございまして、YouTubeで公開している「ドッグウォークin東村山」ビデオのタイトルはこんな感じぃ(↓)。

    「第28回ドッグウォークin東村山」ビデオタイトル
    ★FC2ブログ『東村山わん友会NEWS』

     ま、なーんか機会があればこのブログでご紹介しようかと思ってたんですけど、ここしばらくは放置ウンPの量も少なくてついつい油断してましたら、こないだやった「第28回ドッグウォークin東村山」がですわねっ、大型犬のウンPテンコ盛りで、久し振りに東村山市ボランティア用ごみ袋を担いで帰るのに筋肉痛になりそうになりましたのヨッ。
     とゆーよーなワケで、この場を借りて3月13日(日)の「第29回ドッグウォークin東村山」の参加者をツノッておこうかしらんと思うんですのよね。ハッキリ言っていわゆる糞真面目ボランティアじゃございません。会則も決まりも会員名簿も総会も参加義務もノルマもシガラミもありゃしませんしね。参加しても犬のフンを拾っていただかなくったってかまいません。ある意味、チンチロリンのカックンの脱線トリオの集合体と言えなくもないですわね。「えぇーっ、そんなボランティア団体ってあるの?」と言われそうなテキトーな無認可団体です。それでも参加してみようかしらなんてモノズキな御仁には、おひとついかが?でございますのよね。



     そぉかと思うってぇとね、きのう、野暮用で西武線に乗ったりなんかして、東村山駅のホームからぼんやり風景を眺めていましタラバガニッ、いつも見慣れた中央公民館の殺風景な壁面の小さな窓に、何かが貼ってあるのが見えましたのよね。裏でヒミツの商売でも始めたのかしらんと、なーんか怪しいと思ってよく見てみたら、拡大プリントした何枚かの白い紙をたどると「3月12日伝統芸能公演説経節」「2月4日チケット発売」と書いてありました(↓)。

    東村山市中央公民館ウィンドゥ広告

     コレね、東京23区の文化センターなんかだったらね、長さ8メートルぐらいの横断幕じゃなくて縦断幕にババーンと書いて貼ってありますわよねーっ。それが東村山市ぢゃ、たたでさえ小さい窓にチマチマと内職のように貼ってあって、目立たなさ加減ったらないんですのよねーっ。これが東村山市の置かれた現実なのかと思うと、ちょっと泣けてきますわよね。ここは一番、おーおー、そぅかい、杉作はそんなに苦労ぉしてたのかいと、鞍馬天狗にでもなった気分で紹介せざるを得なくなってきますわよねーっ。

    説教節「さんしょう太夫」

     三代目若松若太夫師は、実は「東村山市ふるさと歴史館」の学芸員でラッシャイます。大学生の時に二代目若松若太夫の芸に惚れ込んで入門して研鑽し、12年前に三代目を襲名。1964年生まれと若いからまだ人間国宝にはなってませんけどね、説経節の世界では天満八太夫と並ぶ二大大看板なんだそうです。
     んでもって、なんつったって入場料がオドロキの200円!! 東村山市一般廃棄物指定収集袋「燃えるゴミ用」「燃やせないごみ用」の各1セット720円の3分の1以下なんですのヨーッ。「説経節ってなんだ?」なんて聞かれると困りますけどね、200円だったら見に行ったほうが早いですわヨッ。先着457名のみのチケット販売だそーですから、行って見たい方はオッハヤッメにーっ。
     それはそうと、ココだけの話、東村山市の中央公民館ってホントにね、古いけど館内施設は充実しているし、建ってるのは駅前の一等地だし、定員457人の立派なホールまであるんですけどね、その割にはなーんか雰囲気がど~んよりとしてるんですのよねーっ。
     どーにかこーにか2千万円ぐらいは捻出してオッシャレーに大改装して、昼はカフェ、夜はショット・バーみたいな店を無理してでも作って、最初は安上がりなトーク・ショーでもいいからイベントを頻繁にやって、金・土曜日はナイト・マーケットが開かれるとか、笑っちゃうくらい狭くていいから志村けんミュージアムを作るとか、東村山発信の新しい芸術サークルを立ち上げるとか、水曜日の夜は市長の土下座パフォーマンスが見られるとか、手の入れようでは若い世代も集まる文化ステーションになり得る大きな可能性を秘めていると思うんですけどね。やっぱりそこには民間と行政の壁が立ちハダカるんでございましょうかしらね。
     ま、公民館ちゅーのはね、本来は社会教育の場であったわけですけど、今となってはサークル団体の集会所と化してしまっているという批判があちこちで聞かれます。でも、実は公民館を単なるレンタル・ルーム屋にしちゃったのはほとんど行政の怠慢のせいで、ハコモノだけ作って“新しい文化”を創造する努力をチットモしてこなかったせいだと思うんですのよねーっ。
     こーんなこと言ってるから、チマタで「4月の選挙に出るの?」なんて噂が出てたりするんですけど、出ませんのヨッ、んとに。そりゃーね、オシゴトの半分は面白かったりもするんでしょうけど、残りの半分が死にそうなほど七面倒臭いことを知ってますからっ、出ませんのヨッ。
     ンナコトですからっ。

    スポンサーサイト

    |02-17|雑感コメント(1)TOP↑
    この記事にコメント
    ご紹介頂きまして
    私、若松若太夫関係者です。
    ホームページを検索してたところ、こちらで若松若太夫の紹介をして頂いていたので立ち寄らせていただきました。
    情報発信サイトを立ち上げましたので宜しくお願いいたします。

    http://sekkyou.hp2.jp/
    From: 若松派 * 2011/05/09 20:18 * URL * [Edit] *  top↑
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    ココ・パピラス

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。