★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    東京都立東村山西高等学校

     こないだね、わんこと散歩の道すがら、東村山浄水場のほうからなんとか陸橋も歩道橋も渡らないで東村山中央公園へ行ける近道はないかと右往左往しておりましタラッ、突如としてこの東村山西高等学校(↑)が目の前にあらわれました。
     公立校らしからぬスローガン宣伝幕(↓)を見ながら中央公園の入り口を目指したんでございますけどね。

    東村山西高等学校の3大スローガン

     「ん、待てよ。村西? ほおぉ、村西ね」と思いながら私の頭に浮かびましたのはね、ま、お若い方はご存知ないかも知れませんが、アタシらの若い頃に「村西」と言やぁね、誰がなんつったって村西とおる監督なんですのよね。「今日も朝からナイスですねぇっ!!」とかあいさつするんですかしらね。違うと思いますけどね。



    西東京市消防団本部の廃車車両

     で、その途中にフェリス自工さんとこで見かけたのがコレ(↑)でございまして、見りゃワカル通り消防指令車?の廃車で、なーんか縁起が悪いナァとか思ってドコの消防署のかと見てみると、えっとね、たぶん西東京市消防団本部の車両なんですけどぉ、事情はちょっと複雑で、「田無」を消して「西東京」にした上で、わざわざ改めて「西」を消した形跡があるんですわね。
     東村山のじゃなくてよかったと思いつつ、これね、だいぶ前から放置されてるようですから、西東京市の消防関係者のみなさんがこれを見たら憤慨しやしないかと思ってどーにも気になるんですのよね。



    西武・武蔵野パートナーズのカラーコーン

     コレ(↑)は、東村山中央公園にあったカラーコーンなんですけどね。一瞬ね、何の考えもなしに「西武・武蔵野バァバァーズ?」とか思ってしまいました。ンナノはあるわきゃなくて、ホントは「西武・武蔵野パートナーズ」つって、都立公園の指定管理業者団体の名前なんですけどね。そう思っちゃったところがドップリ東村山市民でしたわねーっ。



    萩山町あいさつ運動の手描きポスター

     んで、コレ(↑)は東村山市児童館萩山分室に貼ってあった子どもたちが描いた手描きのポスターなんですけどね。これ1枚だけじゃなくて何枚も貼ってあったんですけど、ホカのはみんなね、たいていニンゲンが2人描いてあって、吹き出しにコンニチワとか描いてある絵でしてね。ソリャ、なんつったって「萩山町あいさつ運動」なんすからね。でもぉ、コノ子(氏名不詳の3年生)だけはね、「いや、オレは金閣寺でいく」とMayWayを行ったわけですね。こういう子の将来って、だいたい2つに別れるような気がしますわね。カンタンに言やぁ、堀内健系と栗原類系にね。
     よく見ると、名前は書いてない代わりに、右下に「寺」と書いてあるんですけどね、ホントは名前が寺田とか寺内だったりするんでしょうかね。ひょっとして、「職人は作品に名前を残さない。だから“寺”だ」とかユッたんでしょうかしらね。それとも、やっぱり金閣寺だから「寺」? もしかすると女の子かもしれませんけどね。ちょっと会ってみたい気はしますわね。



    東村山西口駅前の停車場の碑

     えっとぉ、コレ(↑)は、東村山市民なら知らなきゃ死刑になる「東村山停車場の碑」でございましてね。うちのもび郎とじろ吉もお散歩休憩所として使わせていただいてたいへんお世話になっていて、とか言いながらたまにションベンひっかけたりもしてますけどぉ。
     でね、先日、ハス向かいの吹きっさらし喫煙コーナーで駄煙を吐きながら眺めていて思ったのは、ナーンカ昔あった停車場の碑の印象とはぜんぜん違うなぁとゆーことなんですわね。どーにも気になって事務所に帰ってネットで調べてみましたら、これは知らなくても死刑にならない「まち歩き東村山」に、「現在工事中の西口ロータリーに設置予定」とゆーキャプションとともに昔の画像(↓)が掲載されておりました。(ソレヨカなーんでいまだに更新してないんだっちゅーのっ)。

    「まち歩き東村山」の停車場の碑の画像

     ね、ナーンカ違うでしょ。苔かなんかで色が緑がかってるせいかもしれませんけど、なんか昔のほうが書いてある字が読みやすいですわよね。たぶんね、せっかくだからと新しく建てる時にゴシゴシ洗っちゃったんでしょうね。でも、それにしちゃあ、茶色い汚れが残ってんじゃねえのっと近付いて見てみたらぁ。

    東村山駅西口の停車場の碑の碑文

     素人目には、茶色いセメントのようなもので修復した痕跡があるように見えるんですけどね。それが余計に字を読みにくくしてるんですわね。
     せっかく再開発した東村山駅西口の歴史的シンボルといっていい存在なんだからっ、もーちょっと昔の風情のあるオモムキを再現できませんでしょうかしらね。今のまんまだと、『2001年宇宙の旅』のモノリスにしか見えなくて妙にシュールなんですのよね。



    東村山郵便局の年賀状用ディスプレイ

     コレ(↑)は、東村山郵便局の年賀状広告ショーケースなんですけどね。右下でチョロッと舌を出してるのが来年の干支のヘビだっつーことはわかるんですけどね、下のほうの黄色い生き物はなんでしょうかしらね。やっぱりトラぁ? んだどもよぉ、辰だったらまだわかるけど、寅は2年前の干支じゃねぇの? もしかするとヘビのところに龍がいたんでしょうかしらね。ま、担当者が熱狂的な阪神ファンだったりする可能性もありますけどぉ。



    東村山郵便局の年賀状特設販売ブース

     その東村山郵便局をはじめ、最近は駅頭や観光スポットなんかにも出没しているのが、年賀状の特設販売ブース(↑)でございますけどね。私ね、コレを見るたんびに疑問が湧くんですのよね。
     そりゃね、JPさんにとっては郵便事業のドル箱的存在である年賀状が、あろうことか年々販売数が減ってるてぇのは知ってますけど、どんなにシャカリキになって宣伝したところで販売数減少に歯止めなんかかけられないっちゅーのっ。
     てゆーか、金券ショップではすでに来年の年賀状が45円で売られてるんですのよね。なんでかっつーと、全国の郵便局の職員のみなさんが、販売ノルマ達成のために仕方なく自腹で買い取った年賀状を金券ショップに大量に持ち込んでるからですわね。小泉元総理だって、民営化でやりたかったのはそーゆーことじゃないと思うんですけどね。



    プリント済みお年玉年賀ハガキのディスプレイ

     イッポーね、街のコンビニ・スーパー・文房具店なんかでよく見かけるのが、プリント済お年玉年賀ハガキの販売ケース(↑)でごさいますけどね。毎年のコッてすけど、今は1枚も売れていない気配なのに、だいたい三が日のうちには完売になってますわね。「あー、出さなかったのに来ちゃったよ」とゆー日本人がいかに多いかってことなんでしょうけど、かといって大量に売れ残れば大損するから、どの店でも確実に売れる数しか置かないんですのよね。ひょっとすると、「クソッ、今年ももう売り切れてやがる」ってゆー人のほうがずっと多かったりするかもしれないんですけどね。
     そもそも、今や無料でeメールが送れる時代にあっては、年賀状って虚礼の最たるものかもしれないですわね。私の親戚や知人には、「虚礼廃止のため来年から年賀状を控えさせていただきます」とゆー年賀状をくれた人が5人ぐらいいますけど、なぜか数年でみーんなゾンビみたいに復活してるんですのよね。ソレがまさに虚礼ちゅーっんじゃっ!!と言いたくなったりもしますけどね。
     だいたいね、ナイスですねぇと感心する年賀状なんてね、30枚に1枚ぐらいしかありゃしませんわヨッ。画像がオリジナルならまだしも、出来合いのオメデタ画像に住所と名前だけがプリントしてあって、万策尽きて添え書きに「お元気ですか?」なんて書いてあるのを見ると、アンタはこの1年なんのために生きてきたんだと、ついつい頭をひっぱたきたくなりますわよねーっ。



    いなげや東村山市役所前店の宝くじ売り場

     うーとね、コレ(↑)はね、年賀状じゃなくて、いなげや東村山市役所前店の宝くじ売り場なんでございますけどね。窓口の上にわーざわざ「有楽町大黒天宝くじ」と書いてあるんですのよね。
     あのね、有楽町の西銀座チャンスセンターの当選確率が日本一高いのはね、販売枚数が日本一だからなんだっちゅーのっ。某新興宗教は大っ嫌いなくせに宝くじは縁起のいいところで買う人に、細木数子や江原啓之の批判はしてもらいたくありませんわよねーっ。
     ま、私もごくタマに買ったりしてましたけど、そぉそぉ当たりゃしませんテッ。青雲のお線香、じゃなくて青雲の志を抱いていた頃に5万円当たってソレッキリですわよっ。



    東村山市役所の「スポーツ祭東京2013」宣伝幕

     ソイカラね、先日の風の強い土曜日、わんこといっしょに東村山市役所に行きましたら、ガンラガラガラとお助け爺さんが祈祷でもやってるような音が響き渡って参りましてね、なんざんしょと近付いてみましたらば、その犯人は市役所の壁にかけられている「スポーツ祭東京2013」の宣伝幕(↑)でゴザイマシタ。
     「スポーツ祭東京2013」といえばね、ついこのあいだまで「多摩地域合同国体スタンプラリー」とゆーのをやってましてね。多摩地域の24市5町1村のラリーポイントを回ってスタンプを3個以上集めて応募するといろんな商品がもらえたりするんですけど、そのラリーポイントちゅーのがね、2、3の例外を除くとほとんどが各市町村のなんの見所もないクソ面白くもない公共施設なんですのよね。東村山市のラリーポイントはスポーツセンターだったんですけどね、東村山スポーツセンターでスタンプを押して応募した東村山市民じゃない都民がいったい何人いたんでしょうかしらね。もしいたら表彰状でも差し上げたい気分ですわね。



    テナント募集中のNTT東村山ビル

     コレ(↑)はその市役所のおとなりの、目下、大々的にテナント募集をなすってるNTT東村山ビルでございましてね。アタシが東村山に越してきた20年ぐらい前にはね、ここにあったNTT東村山支店でナーンカの手続きをした記憶がございますわね。
     それはともかく、こーゆーアクセス好条件の場所にこそね、ホントは「東村山のめっ恋まち物産会館」みたいなのがあったらいいですわよねーっ。この物件は230㎡(約70坪)あるそうですけど、東村山の店舗賃貸物件の賃料相場は1階の物件でだいたい1坪7,500~10,000円らしいですわね。こーゆー時代ですからNTTもフッカケやしないと思いますけど、ま、敷金・保証金が6ヶ月の代わりに、賃料は月60万円とゆーところじゃないですかしらね。
     月60万円っていうとエエーッ!!という気もしますけど、市内の50企業が共同出店すれば1企業あたり月1.2万円ですからね。ま、内装費は別にかかりますけど、リーダーシップをとって組合でも作っていただける方がいたら決して夢ではないと思うんですけどね。
     アンにしても、アンだかよぉ東村山のまんまじゃ情けなくなってくるんですのよね。



    東村山消防署本町出張所の横で見かけた通行人のカタ

     コレ(↑)はなんでしたかしらね。あっ、そうそう、東村山消防署本町出張所の横で見かけた通行人のカタなんですけどね。財産の分散グアイがあまりにも見事なもんで思わずシャッターを切ってしまいました。
     思い出すってぇとね、アタクシも子どもの頃はこーでございました。コノカタは定年過ぎの62、3歳とゆー感じで違うと思いますけど、アタクシの場合は家庭内環境があんまりにも複雑だったもんで、其処彼処に妄想ハイッてたりなんかした特殊な子どもだったですわね。なーんかね、もし何かあったらと考えると不安でしょうがなくて、自然とこーゆーことになってたんですわね。
     今度お会いしたらね、ドコに何が入ってるかを当てる路上クイズ大会でもやってみましょうかしらね。



    野口町2丁目の松の木ハイツ

     ね、松の木ハイツ(↑)。ガーデンヒルズだのシンフォニーだのモンブランだのエトワールだの、意味不明のマンションがアチコチに建ってる東村山にあって、「松の木ハイツ」とゆーのはどーにも落ち着きますな。松の木ばかりがまつじゃありませんものね。アーコリャコリャ。



    ベンリー東村山店の玄関

     そんでもって、コレ(↑)はベンリー東村山店の玄関なんですけどね。んもー、よりにもよってね、見事に可愛くない置き物ばっかり並べましたわよねーっ。ま、可愛いきゃリサイクルショップで買い取ってくれるんでしょうけどね。
     てゆーか、ショップの玄関がいつもこんなんでいいの!?とも思うんですけどね、実はこの店の入口は2つあって、こっちの表玄関は使われてないんですわね。んでも、もーちょっとナントカしたほうがいいとは思うんですケドッ。



    コートドール東村山店のホワイトボード看板

     コレ(↑)は、本町2丁目の某美容室のホワイトボード看板なんですけどね。どーもなんですナァ、美容室の手描きのボードってね、マンガの人気キャラクターの出現頻度がヒッジョーに高い気がしますわね。やっぱり人の目を引きやすいんでしょうね。
     たぁだ、東村山には散髪屋エルメスや理容室ポパイもございましてね、これって本当はミンナ、北朝鮮や中国でおなじみのパクリで、訴えられればグゥの音も出ない著作権法違反なんですのよね。登録商標なんかの場合、唯一、パクっても罪にならないのは人名だけですわね。これだけ子どもに珍妙な名前が付けられてる時代ですからっ、田中ソフトバンクとか鈴木幸福の科学とか佐藤三菱東京UFJ銀行とか付けてもいいように思うんですけどねーっ。



    ムラコシ楽器店の看板

     んじゃ、看板ツナガリで、コレ(↑)は本町3丁目のムラコシ楽器店の謎の看板ですけどね。近年度中つったって、看板ができてからもうまもなく14年が経とうとしてるんですけどね。ウナギの寝床のような狭い空き地にいったい何を建てるつもりだったんでしょうかしらね。
     だいたい、「お知らせ致します」つったって、お知らせするだけなら文書でもいいわけで、看板でわざわざお知らせしなきゃなんなかった裏にはドロッドロの町内抗争があったりするんでしょうかしらっ。



    野口町4丁目自治会の犬のフン放置警告看板

     コレ(↑)ね、単に字が消えたまんま掲示されているから面白いと思って紹介したワケじゃないんですのヨッ。
     字の消えちゃったコレとおんなじ看板は野口町4丁目に何か所かあるんですけどね。この看板は最初からここにあったワケじゃなくて、この看板が塀に掲げられていた民家が壊されてアパートが建設されるまで、しばらくのあいだ姿を消してたんですのよね。で、アパートが完成したもんだから、アパートのフェンスに改めて取り付けられたのがコレなんですけどね。
     たぶん、几帳面な人だとね、せっかく新しくかけ替えるんだからと思って、ついつい消えてる字を書き込んじゃったんじゃないかと思うんですよね。それが、ま、このままでもいいかってそのまんま付けちゃったところにね、なんとも東村山らしいユルユルとした深い味わいを感じるんですのよねーっ。



    ポールスタアのよしくんの11月5日のつぶやき

     ご覧の通りコレ(↑)は、ポールスタアのよしくんの11月5日のtwitterなんですけどね。第51回東村山市民産業まつりに大人の事情で参加できなくなった悲哀がにじみ出ていて、ハシゴをはずされちゃった感がものすごく上手に表現されておりますわねーっ。
     もーね、このままだと黒焼きそばのB-1グランプリへの参加は絶望的だし、ここはヒトツ、ポールスタアさんには泣いていただいて、秋水園のプールのとなりに温熱利用のソース・ラボラトリィを作って、市民のみなさんが実費だけでいろんな味の自家製黒焼きそばソースを自由に作れるようにしたほうがよろしいんじゃござんせんかね。
     グルメグランプリにしても、企業主体のあのどんこい祭でやってるようなのには、アタシャもう食傷気味なんですのよね。それで思い出しましたけどね、こないだの市民産業まつりで食べた某店のジャンボたこ焼きは涙が出るほどマズかったですぅ。
     アンにしてもね、東村山は民間活力の活用というのが致命的にできていないわけで、このままじゃ活力どころか不平不満が積み上がるだけですってよ。どーにかね、ズドーンとガス抜きができないもんですかしらね。
     なーんかね、誰とは言いませんけどね、アイデアを書いた付箋の山に押しつぶされて身動きがとれなくなってるような感じもしますわね。いっぺん何もかもぜーんぶ取っ払ってね、オモシロイという理由だけでゼッタイに参加したくなっちゃうツールはどこかに落ちてないでしょうかしらね。



    衆議院&都知事選挙ポスター掲示板

     で、選挙なんですけどね。
     おとついの11日(火)ね、自民党の石破茂幹事長が木原誠二候補の応援演説に東村山にいらっしたんですけどね、わんことの散歩の途中でたまたま通りかかったので、いちおー聞いてみました。
     政治家の演説ってね、A・B・Cの3ランクを使い分けるっちぃ言いますわね。Aは、理路整然と論理を突き詰めて理想を追求するランク。Bランクは、論理とともに国民の実生活に即した実例をあげて説得を試みるランク。Cランクは、論理や実例を交えながらもほとんど一生に1度のお願いに終始するランク。
     石破茂幹事長といえば、自民党きっての論客としてその名を馳せていらっしゃるカタですけど、やっぱり政治家というのは選挙のためには二枚舌を使います。石破茂幹事長の東村山での演説のランクは、限りなくCに近いBランクでゴザイマシタ。東村山も甘く見られたもんですナッ。
     ま、それも仕方がないっちゅーのは、時間が午後5時で都会に勤めに出ているサラリーマンは絶対に聞けない時間帯だということもあるんでしょうけど、動員された観衆を改めて見回してみると、ジィさんジィさんジィさんジィさんジィさんバァさんジィさんジィさんジィさんとゆー感じで、もうジィさんばっかりなんですものぉ。
     ココからはあくまで私の個人的見解ですけどね、自民党は政権与党時代とほとんどなんにも変わっちゃいません。安倍総裁が言ってる「日本を取り戻す」には「政権を取り戻す」という以外の意味はありません。そりゃ私もね、木原誠二はイイと思います。政治家として将来有望だと思います。でも、今、木原誠二に投票することは、固定観念に凝り固まった自民党の長老支配を長引かせる結果を招くだけです。このディレンマにはとても苦しいものがありますけど、もっともっと若手の有望な議員が要職に付くようでないと、自民党は永遠に自浄作用に裏付けられた改革力というものを持てないでしょう。
     確かに民主党はマニフェスト詐欺ですけどね、できなかったことのほとんどは過去の自民党を反面教師として改革を試みたことです。赤字国債にしても社会保障制度にしても少子化にしても教育にしても景気にして外交にしても、自民党はあまりにも多くのツケを残しすぎました。今はそれを自分で何とかすると言っていますが、自分たちがやろうともしなかったことを民主党ができなかったからといって、今度は代わりにやってできるという保証はどこにもありません。
     日本の政治や行政に改革が必至なのは事実です。今回の選挙はその采配を誰に預けるかという選挙ですわね。今や民主党は落ち武者集団ですけど、パンドラの箱の中に残った希望もちょっとだけ見せてくれた気がします。そうでなきゃこんなに新政党が乱立しなかったでしょうしね。



     んー、コンダもまた、「長いっ!! 長すぎるっ!! 東村山銘菓ヘビ饅頭」とかゆー苦情がドッカから寄せられそうですけど、毎日集中力を小出しにして、いろいろ補充しながら日常生活を安閑に暮らそうなんてやっているとニッチもサッチもいかなくて、集中力ってぇのはノッた時に一気呵成にやらないと続かないんですのよねーっ。
     もーね、毎回このブログを更新したアトは精も根も尽き果てて、「ヒぃガぁシぃムぅラぁヤぁマぁガぁぁぁ」とかウワゴトを言いながら死んだようになって3日ぐらい寝込むんですのヨッ。
     そいとね、今回はちょっと大人の事情で、記事の最後に弊社のリンク広告を入れさせていただきました。あのね、ウチみたいな小さなミジンコ企業の1事業部がね、エステを経営して東村山発のオリジナル商品を9品目も企画・販売してるっつー実体の裏側には、相当に背伸びしてムリしちゃってる部分が多々あるわけでございましてぇ、もーね、一生に1度のお願いですからちょいと覗いて見て帰って下さいましねーっ。
     んー、なーんか石破幹事長の気持ちもワッカラナクはないですわね。


    ココ・ボーテ オリジナル商品ショッピングサイト



    スポンサーサイト
    |12-13|写真日記コメント(0)TOP↑

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    ココ・パピラス

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。