★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    東村山しわよせ大使「ときくん」

     ご無沙汰でござる。東村山しわよせ大使のときくんでござるよ。せっかく11年前にNHK大河ドラマ「北条時宗」の主演までやったのに、和泉元彌のせいでほとんど話題にもならないでござる。ポールスタアのよしくんとは一切関係ないでござる。色が変わっただけなんて言わないで欲しいでござるよ、ニンニン。そりゃ違うってばでござるヨッ。
     ときくん、こないだ、東村山の某イベントを見に行ったでござるよ。そしたら、開催日は1週間先だったでござるよ。1週間経ってもう1回行ったら、ナント本当の開催日はさらに1週間先だったでござるよ。物忘れなんてゆー問題じゃなくて、意識が時空を飛び越してワープしてるんでござるよ。モー自分の葬式の受付をやっているような気分でござるよ。
     トキちゃんの会社の従業員は全員、東村山市勤労者福祉サービスセンターに入ってるんだけど、会員証なんてどっかに行っちゃったから、入会してから7年になるのに1度もサービスを利用したことがないんだぜぇぇぇっ!! ワイルドだろぉっ!! 毎月1人400円の会費をドブに捨ててるようなもんなんだぜぇぇぇっ!!
     ま、しょせん東村山なんてのは、死んだ魚の目のような街でござるよ。だから、面白いネタなんて滅多にないザンショでござるよ。
     とゆーよーなワケで、東村山に住む老い先短い老人のクソ面白くもないゴールデンウィークを垣間見るでござる。ソンナコンナでござるよ。

    4月28日(土曜日)

     世間様はゴールデンウィークの初日ちゅーてもね、貧乏暇なしのウチの会社は休みじゃないんでござるよ。
     たまたま見た前日の渡部尚市長のtwitter予告で知ったんでござるが、東村山市役所でTBS「ハンチョウ5・警視庁安積班」のロケがおこなわれたそうでござる。

    警視庁西多摩警察署に改装中の東村山市役所

     でもぉ、「警視庁西多摩警察署」ってナーンヤソレッ!!でござるわね。せめて「呪いの国宝・正福寺千体地蔵堂」とか「毒入り黒焼そば無差別殺人事件」とかやってくれないと、東村山のヒの字も出てこないちゅーのっでござる。アンでも、犯人が逃げ込む小屋は秋水園の倉庫なんだそーでござるが、そんなこと知らなきゃ誰もわからないでござる。テロップに「協力 東村山市」とか出てオシマイなんでござろうの。

    4月29日(昭和の日)

     ま、東村山中央公園でやってる「緑の祭典」に食指は動かされるものの、アソコの駐車場は10台分?しかないし、近くにコインパーキングも皆目ないのでござる。ダイエーの駐車場から歩くとゆー手もあるものの、江戸街道は歩道がないからわんこ連れで歩くのは剣呑なのでござるよ。
     ソンナコンナで「緑の祭典」はスッパリあきらめて、所沢の航空公園のそばのドッグカフェ「NANA&HACHI」に行ったんでござる。行くには行ったんでござるけど、航空公園の駐車場が大混雑でニッチもサッチモもレイ・チャールズもいかないんでござるよ。
     コリャ駄目だっちゅーんで、急遽、行き先を東久留米市下里のカフェ&レストラン「CO.CO」に変えたんでござる。

    カフェ&レストランCO.CO

     ココはテラス席が犬OKで、乾麺じゃないモッチリ感いっぱいの生パスタが1,000円以下で食べられるんでござるよ。最初に行った時は注文したパスタが出てくるのに1時間以上かかってどーしようかと思ったけど、今はそんなことないでござるよ。味はイタリア人も巻き舌になる本格派でござる。パスタ以外じゃハンバーガーも絶品でござる。
     東村山じゃないから黒焼きスパゲティはないでござるが、ココだけの話、本場のハーブの香り豊かなパスタに黒焼きそばソースは合わないでござるよ。

    4月30日(振替休日)

     東村山はクルマなんかに乗ってるとイイコトないんでござる。そー思って電車に乗って所沢に買い物に行こうとしたら、田無駅と西武柳沢駅の間で人身事故が発生して西武新宿線が停まってるでござる。今さら引き返すのも癪だとサンパルネのタマブックスに行こうとしたら、となりの「産業・観光案内コーナー」が見たくなくても目に入ってくるんでござるっちゅーのっ。あーイヤだイヤだと目をそむけようとして目に飛び込んできたのがこのポスター(↓)でござる。

    東村山ふるさと歴史館「町の記録が語る戦時中の東村山」ポスター

     あー、コレこそ渡りに船、地獄に仏、千体地蔵様のお導きと、東村山ふるさと歴史館の特別展示「町の記録が語る戦時中の東村山」を観に行ったんでござる。
     んだどもでござる。ま、ポスターを見てイヤな予感はしてたんでござるが、明日のジョーてゆーか案の定てゆーか、あーんまりにも内容が学術的だし、安上がりな事実の羅列とゆー感じで、ときくんにはよくわかんないでござるよ。いちおー、戦時中の陸軍少年通信兵学校を紹介した映像をプロジェクターで壁の隅っこに投影してたり、写真や展示物はイロイロ飾ってあるんでござるが、全体像を浮かび上がらせるようなストーリー性がほとんどないんでござるっつーのっ。

    東村山ふるさと歴史館「町の記録が語る戦時中の東村山」展示室

     去年の「あんだって?文化財」の展示内容がとってもスンバラシかっただけに、ちょっと残念でござるわねーっ。ただ「貴重な収蔵品を並べてみましたぁ」ちゅーんじゃね、好事家のシロウトがやってる私設博物館と変わらないんでござるよ。
     てゆーか、今回は予算不足でリーフレットも作らなかったようでござるが、せめてホームページでふるさと歴史館の総収藏品目録でも公開しておいてもらえないナリか? なーんか企画次第ではもっともっと魅力的なお宝が眠っているような気がして仕方ないだいねーでござるよ。

    5月1日(火曜日)

     今日はあてもなくわんこと散歩でござる。結局ね、期待してもロクなことはないと思ったりもするんでございますでござるよ。えっ!! なんの話かって? そりゃ東村山でござるよ。えっ!! 干菓子喰ったニャー? そうじゃなくて、お爺ちゃんったらっ、東村山っ!! 違うのっ、ヒガシムラヤマですよぉ。もー、お爺ちゃんは最近特に耳が遠くなっちゃったんだから。ひぃがぁしぃむぅらぁやぁまぁぁぁぁぁぁぁですカラーッ、もー。

    恩多町のレトロごみ箱前のもび郎とじろ吉

     コレ(↑)は恩多町のレトロごみ箱でござるが、6年ばかり前にこれを最初に見た時のインパクトったらなかったでござるよ。何もかもが想定内お膳立てのシロモノばっかりで、こーゆー意外性の感じられるモノが東村山にはほとんどナイんでござるっちゅーのっ。んとに、期待なんかしてもロクなことはないんでござるったらっ。このゴミ箱の削りカスでも煎じて飲んでいただきたいでござる。ダーレにじゃっ。
     ところで、この日、twitterのフォロワーさんからの情報で、「次長課長」の河本準一のお母さんの生活保護不正受給疑惑が持ち上がっていることを知ったんでござるよ。

    河本準一「おめぇの母親にやる生活保護はねぇ!」

     その発端となったのは「女性セブン」の記事(匿名報道)だったらしいナリが、4月18日に「月刊サイゾー」が実名を公表してからネットでの論争が過熱し、さらに、のちに自民党の片山さつき参議院議員が疑惑追及に乗り出したことでさらに火が点いているのでござる。
     不思議なのは、これだけネットで大騒ぎになってるのに、新聞・テレビが一切報道していないことと、当人と所属事務所の吉本興業がカタクナに沈黙を貫いていることでござる。虚偽なら断固抗議するべきだし、事実なら謝罪すべきでござるわヨッ。どーもこの煮え切らなさと尻切れトンボなところは東村山といっしょでござる。

    5月2日(水曜日)

     とゆーよーなワケで、ときお爺ちゃんは記憶がウロ覚えでござるが、た・ぶ・ん、この日は「小金井大勝軒」に行ったんだと思うんでござる。何喰ったんだかはもうワカンナかったりするんでござるよ。

    小金井大勝軒

     んで、その帰りにドン・キホーテ小平店に寄ったんでござる。ちなみに、「こだいらてん」と入力したら「古代ラテン」と変換されたでござる。ウチの会社のpcは大丈夫でござるかの。

    ドン・キホーテ小平店

     ドン・キホーテでは何を買ったんでござるかの。あっ、そうそう、980円のミッキーマウスわんこレトロTシャツが3枚買うと1,980円だっつーんで買ったんでござるが、レジで精算したら割り引き価格になんないんでござるよ。そこんとこドーなんでござると聞いたら、「しばらくお待ち下さいませ」と姿を消したまま待てど暮らせど戻ってこないんでござる。ま、ドン・キホーテ小平店は午前3時までやってるから、テントと食料品を買い込んで籠城しようかしらと思ったんでござるが、5分したら戻ってきやがったんでござる。割引価格にはなったんで今日はこの辺で勘弁しといたろかなのでござる。
     ううっ、よーく考えたら、この日の午前中は水曜日だから着付けのお稽古だったんでござる。スッカリ脳味噌から抜け落ちていたリボン文庫を必死でおさらいしたでござる。
     ところで、この日、ウチの会社の王白姫が着付けの先生といっしょに、下駄履きエステの前の市役所通りで交通事故を目撃したそうでござる。アンでも、右側通行の自転車にぶつかって歩道から車道にスッ飛ばされたお爺さんが、走ってきたトラックに間一髪で轢き殺されずにすんだそうでござる。もう着付けの先生は心臓バッコバコで、生きた心地がしなかったそうでござる。んでも、車道に倒れても怪我はしなかったから警察も救急車もやってこないし、自転車は知らんぷりして通り過ぎていったし、トラックも何事もなかったかのように走り去ったそうなのでござるよ。後日、このお爺さんは市役所通りを元気に歩いていたそぉな。ニンゲンの運命ちゅーのは紙一重なんでござるだいね。

    5月3日(憲法記念日)

     この日はトイ・プードルつながりのお仲間からのお誘いで、坂戸市の某宅で開催されたわんこBBQ大会に行ったんでござる。

    わんこBBQ大会

     生憎の雨で室内での開催となったものの、もーね、11時から5時までの約7時間、8人と6匹がくんずほぐれつのヒッチャカメッチャカなんでござるよ。動物好きの人にとっては至福のひとときでござるが、犬嫌いの人にとっては阿鼻叫喚地獄なんでござろうの。

    5月4日(みどりの日)

    くるまやラーメン東村山店

     「くるまやラーメン東村山店」で味噌ラーメンと餃子を食べたとあと、もういい加減混雑はしなくなっただろう思って、青葉町のレナウンの跡地にできた「島忠ホームズ東村山店」に行ってみたでござる。「ケーヨーデーツー東村山店」とけっこう目と鼻の先だから、顧客強奪合戦に拍車がかかってるんでござろうの。

    島忠ホームズ東村山店

     やっぱりついつい見てしまうのが、2Fのインテリア雑貨のコーナーでござるね。こーゆーね、都会的センスのおきゅうと、じゃなくてキュートなグッズを網羅しているSHOPって、東村山には信じられないほど少ないんでござるよ。ま、東村山が都会的でないことは認めるでござるが、せめて家の中だけはオシャレにしときたいという庶民の願いを叶えるSHOPができたことはうれしいでござるね。

    5月5日(こどもの日)

     なーんか、出かけようと思うと空模様があやしくなってくるんでござる。で、結局、いつ雨が降ってきてもいいように、アルッテ2分のイトーヨーカドーのなかだけをウロウロする羽目になるんでござるよ。いちおー、柏餅も食べたし、菖蒲湯にも入ったんでござるが、最近はホントに鯉のぼりを見かけなくなったでござるね。あってもほとんどマンションのベランダ用のミニサイズでござるよ。
     この日だけ写真がないと寂しいので、ウチの会社のトイレに飾ってあるブツの写真を貼っとくでござるよ。

    大日本帝国軍用手票 5圓

     昔、香港で買った大日本帝国の軍票でござるよ。キレイなのは高価ということもあるんでござるが、歴史の重みを背負ってないようなところがイヤで、いちばんズタボロなのを買ったんでござる。戦中の5円は、国内では今の5,000円ぐらいの価値があったはずなんでござるが、なにぶん兌換券としての価値を剥奪された軍票なもんで、日本の敗戦と同時にタダの紙切れと化したのでござる。んー、ナーンカ東村山の匂いがするんでござるわね。

    5月6日(日曜日)

     うーとでござる、ゴールデンウィークの最終日ぐらいはゆったりしたいと思って、早起きして花小金井の居食屋「うちの仔」のモーニングを食べに出かけたんでござる。ココだけの話、ここのランチはそれほどでもないんでござるが、休日もやってるモーニングはなかなかのモンなんでござる。

    居食屋「うちの仔」

     お腹がクチくなったところで、ウチの会社の下駄履きエステグループの最新店舗「ココ オハナ」の陣中見舞いでござる。もーちょっとでホームページもできるんでござる。もーね、零細ミジンコ企業の未来はひとえにブランチオーナーのみなさんにかかってるんすKARA、足を向けては寝られないんでござる。

    「ココ オハナ」看板

     魔がさしたのかしらねでござるが、ゴールデンウィーク最終日のこの日は、サーティワンの31%OFFセールと、ミニストップのソフトクリーム50円引きセールも最終日つーことで、ついついアイスのはしごをしちゃったりなんかしたんでござる。なーんか年がら年中、目標がダイエットになってたりなんかする今日この頃でござるが、いつの間にか目標じゃなくて単なる口癖になってる気もするんでござるよ。おや、アァタもでござるかぁ!?


    東村山黒焼そば食べ歩きキャンペーン2012

     とゆーよーなワケで、せっかくのキャンペーンに水を差すようで悪いんですけどね、やっぱりどーもね、ポースタアさんの企業努力は本当に見事としか言いようがないんですけどね、東村山名物としての黒焼そばの展開にはすでに限界が見えてきちゃったような気がするんですのよね。なーんかね、半畳を入れるようで悪いんですけどっ、もっともっと新しいことをやって欲しい気がするんですよねーっ。
     企業主体ってことでB1グランプリへの参加は絶望的みたいだし、ウチの会社の関係者に聞くと、みんな「黒焼そばより赤焼そばのほうが旨いんじゃないっ!?」って言ってるし、そぉ言えば、「ソースで和菓子コンテスト」はいったいどぉなったんでぇって話ですけど、だいたい、焼きそばってぇのが日本全国猫も杓子もやってて同工異曲になっちゃってるんですのよねーっ。
     ここはヒトツ、東村山名物とポールスタアの関係性をいったん発展解消して、別々の観点から模索してみる必要があるような気がするんですノブシコブシ。
     東村山名物のほーはね、個人的には、もう「黒焼そば」って聞いただけでほとんど出来上がりが想像できちゃうところがネックのような気がするんですのよねーっ。見た目が黒いのには最初だけ驚くけど、食べてみればソコソコ美味しい代わりにテイスト面でのインパクトがないんですのよね。もーね、根付いている食文化だとか、歴史的イワレなんかにかこつけるのはもうやめちゃって、武蔵野テンペロとか、あんだいね臭豆腐とか、多摩湖イグアナ丼とか、「えっ!? ソレって何?」って最初に思ってもらえるもののほうがいいような気がするんですのよね。
     ポールスタアさんのほーはね、やっぱりそろそろ、黒焼そばソースという商品に特化した販促事業も確かに不可欠なものなんでしょうけどね、その一方で地元の優良企業に課せられた使命として、それこそ「ソースで和菓子コンテスト」みたいな文化的事業にさらにさらに力を入れてもらいたい気がするんですのよね。このまま、B1グランプリにも出れないままに黒焼そばだけで突っ走っちゃうとね、なーんか「売らんかな」のイメージばっかりが増幅しちゃう気もしますしね。
     アンにしてもね、どんなにマスコミで紹介されて有名にはなっても、新しい付加価値が生まれないままで、あんまり1つのコンテンツだけを前面に押し出していると情報自体が鮮度を失って、いつか「黒焼そばってホントにそんなに美味しいの!?」ってゆー疑問が改めて湧いてきたりもするんですよね。でもぉ、そこんところをいったん通過して極めてからでないとね、「ああ、やっぱり黒焼そばは東村山名物で美味しいんだ」とゆーことを市民が実感できないし、そのあたりをウヤムヤにしたままでいくらみんなでアピールしても、贔屓の引き倒しになっちゃったりするんですよね。
     ブッチャけた話、店で黒焼そばを出している飲食店のオーナーの頭の中には、「黒焼そばブームに便乗して売上を伸ばしたい」という思いと、「黒焼そばをPRすることで地域活性化につなげたい」という両方の思いがあると思うんですけど、はっきり言って私は、市内のアチコチに立ってるあの「東村山黒焼そばあります。」のノボリを見るたんびにね、前者と後者がないまぜになったとっても複雑な思いをヒシヒシと感じると同時に、「東村山には黒焼そばしかないのかよぉおっ」という言いようのない悔しさを感じるんでござるよ。
     ま、例によって話は花菱アッチャコッチャに飛びましたけどね、やっぱ結論としてはね、何かにつけて黒焼そばばっかりがクローズアップされている現状にメッチャ不満なんでござるよ。本当はもっともっと東村山にあって欲しいものがメッチャあるんでござるよ。無いものねだりの駄々っ子と言われればその通りでござるが、「たかが黒焼そばなんかで満足してられるかってんだぁ、ラッシャイ」という気持ちなんでござるね。
     えっ!? もっともっと東村山にあって欲しいものってあんだっておっしゃる? んー、それがわからない人は東村山市民失格でござるね。サッサと引っ越したほうがいいでござるよ。さっき、リトルオキナワの「エネルギー」のMVをYouTubeで見ていて、そんなんだったら「東村山ナイナイ音頭」でも作って歌ってもらおうかと思ったでござるよ。
     この渇望感ちーますかしらね、それをいかに結集させられるかってぇのが、東村山カイゼンの落としどころなんざんザマショね。アーコリャコリャでござる。
     MVって言えばね、ウチの会社の王白姫が作詞した子守唄「夢みる森」のMVも、いちおーあったりするんですのよっ。ウチの駄わんこ2匹は王が歌うと寝るんですけど、お宅の坊ちゃん嬢ちゃんやわんこはどうでしょうかしらね。1度お試し下さいましねーっ、でござる。




    スポンサーサイト
    |05-10|ヘダラコメント(0)TOP↑

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。