★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    さかえ薬局諏訪町店のKOWAのケロちゃん

     んもー、KOWAのケロちゃんじゃなくったってね、こー暑いと西武園ゆうえんちのプールにドボンと飛び込みたくなりますわよねーっ。というような今日この頃でございますケドッ。今回は、全部が全部7月に撮った写真ちゅーわけじゃないんですけどね、毎日10万個ずつ死んでいく脳細胞に追っつかないようなことになってますから、モー、忘れないうちに採り上げておかないと片っ端からお蔵入りしちゃうんですのよねーっ。
     今回はまず、「空堀川な人々」の3連チャンから参りましょうかしらね。

    空堀川な人々①「太公望連」

     ま、大っきなアユが獲れるとか、サケやニジマスが釣れるとか、ウナギがあがっちゃったよとか、そーんなダイソレた期待は誰もしてないんですけどね、ちっちゃなコイ、フナ、ドジョウ、メダカ、オイカワ、クチボソあたりが、たまーに釣れたりなんかするんだそーです。ソンナンで面白いのかしらんとも思うんですけど、コノ道は又別なんだそーですわね。

    空堀川な人々②「闘うガーデナー」

     コノ方(↑)は一見、おとなしそうに見えますけどね、実は日和見主義の官憲勢力とたたかう闘士でもいらっしゃいましてね。てゆーのも、空堀川の河川敷は公有地ですから、勝手に工作物を作ったり耕作してはいけないことになってるんですけど、この方は堂々と無許可で公有地でガーデニングを楽しんでいらっしゃいます。
     ついこないだまで、近くの空堀川のフェンスには、昇り降りしやすいようにとコノ方が立てかけた金属製のハシゴと、東京都建設局北多摩北部建設事務所が設置した警告看板が、仲良く並んで不協和音を奏でていました。それがね、この写真を撮った時には両方ともなくなってたんですのよね。ま、耕作の目的が自己の利益のためじゃなく、訪れる人の目を楽しませたいという善意であるらしいし、ひょっとすると「看板ははずしますからハシゴはやめて下さいヨーッ」というような泣きが入って和解したんでしょうかしらね。そうだといいんですけどね。

    空堀川な人々③「孤独な草刈人」

     コノ方(↑)がなぜ空堀川河川敷の草刈りをしているのかとゆーと、ここは地元では有名なわんこの遊び場所でございましてね、毎年、夏になると草ボーボーになって遊べないもんですから、愛犬とそのオトモダチのためにせっせと除草作業をなすっているんですわね。
     でーもね、どんなに草を刈ってもね、夏になりますってぇとあアータね、蚊やダニなんかがウジャウジャしてて、ウチの子たちはもちろん、ほとんどのわんこ飼いの皆様が河川敷には降りなくなるんですのよね。それでも炎天下、黙々と作業を続けられているお姿をお見受けすると、なーんか三角寛の「山窩(サンカ)の世界」に迷い込んじゃったような気がするのは私だけでしょうかしらね。

    お向かいのマンションのバイクの交通安全祈願ステッカー

     コレ(↑)ね、お向かいのマンションにお住まいの方が駐輪なさってる原付バイクなんですけどね、なんつったって目立つのは、全部で7枚も貼ってある「交通安全祈願シール」ですわよね。ま、その裏には人には言えない家庭の事情があったりなんかもしますから、そのことについては私も何も言わないんですけどね、問題は「小平神明宮」なんですのよね。
     東村山市に住民登録しておきながらっ、東村山には八坂さんもお諏訪サマも清正公様も熊野神社も白山神社も、ついでに国宝の正福寺もあるってゆーのに、なーんで選りにも選って小平神明宮だっちゅーのっ。そんなに東村山はおイヤですか? あーそーですか。だったらしょうがありませんケドッ。

    都市計画道路2.2.3号線の謎の植え込み

     コレ(↑)はね、東村山市都市計画道路2.2.3号線つったって誰もわかんないと思いますけど、まごころ亭から高橋工業所へ抜ける道ね、余計わかんなくなっちゃったかも知れませんケドッ。はーるか昔、「建設省都市局の国庫補助金を分捕ってやっただいね」とかいいながら、なぜだかソコんとこだけ無駄とも思えるナーンチャッテ立体交差の立派な道路を作っちゃって、その中心にある中州みたいな緑地帯なんですけどね、今までは別に気にもしないで通り過ぎるだけだったのにぃ、ある日突然、この緑地帯が東村山市の市章をかたどっているのかもしれないことにハタと気が付いたんですわね。
     でーもね、遠くから眺めれば見えるかと思ってもほぼ90度真上を向いてるからぜんぜん見えないしぃ、正面には上から見られるような高い建物がまったくないしぃ、確かにそうだと実感するためにはヘリコプターにでも乗って空から眺めなきゃなんないんですのよねーっ。なーんで空からしかハッキリ見えないナスカの地上絵みたいなものを作っちゃったのか不思議なんですのよね。こーんな場所のいいトコ、しぃかぁもぉ、ざっと見積もって60坪ぐらいはあるんですのヨッ。わけのわかんない緑地帯なんかにしとかないで、フェンスで囲って犬専用公園にでもすればいいのにねーっ。

    パークハウスワンズタワーの謎の感謝表明板

     コレ(↑)はですわね、サンパルネが入っていることでおなじみのパークハウスワンズタワーの、駐車場の裏手の犬がションベンするのにモッテコイの藪に中にある「ワンズタワー」の碑なんですけどね、どー見たって第一印象は「平和の礎」ですわよね。思わず東村山でも田無駅前みたいな1トン爆弾の空襲があったのかと勘違いしましたわヨッ。
     あんでもね、「西口再開発事業にたゆみない努力を傾注した関係者のみなさまの顕彰碑」なんでそーですけどっ、「たゆみない努力」ってなんですかしらね。次々と持ち上がった疑惑への追求から逃げ回った細渕一男元東村山市長のたゆみない努力ですかしらね。だいたいね、顕彰した人たちの名前はズラズラと載っているのに、いったい誰がこの人たちを顕彰したのかってゆー肝心のところがちっともわかんないんですのよね。市民に情報公開もしないでただただ地権者の皆様にオスガリして、ゴリ押しで西口再開発を進めさせていただいた細渕一男元東村山市長がゼヒトモ顕彰したかったんですかしらね。たぶんそんなこったと思うんですのヨッ。

    「東村山運動公園」交差点の信号

     エー、これは素朴な疑問なんでございますけどね、弊社呉服事業部御用達?の「きもの楽庵」さんのそばの「東村山運動公園」の交差点(↑)でございますけどね、そう堂々と主張するほどには運動公園に近くないんじゃあーりませんかしらね。地図で見たって道のりでだいたい800メートルはあるっつーのに、なーんで「運動公園入口」にしなかったんでしょうしからね。ウチの事務所の真ん前の交差点なんてね、税務署から100メートルも離れてないのに「東村山税務署北」なんですのヨッ。
     なーんかね、人に事務所の場所を説明するのに「東村山税務署北交差点の前ですカラッ」って言うのは、税務署の回し者みたいでヤなんですのよね。いーつか税務署の跡地を買い取って本社ビルでも建てて、交差点の名前を「ココ・プライド前」にしてみようかしらっつーのっ。

    久米川ウィング通りの新築マンション「ホワイトキャッスル」

     んー、コレ(↑)はね、久米川ウイング通りにできたマンションなんでございますけどね、コリャ間違いなくアレを意識してるんですのよね。ホレ、なんでしたかしらぁ、アレアレ、別にアレアレ詐欺じゃないんですけどね、あー、千葉ネズミーランドのシンデルワ城ね。しぃかぁもぉ、その名も名付けてあろうことか「ホワイトキャッスル」。アータね、こぉこぉわぁにんにく健康家族ぅ、じゃなくて東村山だっつーのっ。
     1階にはこれまたオッサレーな美容室ができちゃったりしてますけど、「ねーっ、ウチだけは東村山じゃないみたいでしょ!!」つーのがコンセプトの店ばっかりできるのは、なーんか無性に寂しいんですけどね。どーかヒトツ、「これぞ東村山にこそふさわしい、東村山以外にあるのが考えられないっ!!」というような注目のスポットがドッカにできないんもんでしょうかしらね。んー、そーゆースポットはちっとも人が集まらなかったりすると困るんですけどね。

    増田コーポレーション「BOYA」倉庫

     コレ(↑)はね、野口町にある増田コーポレーションさんのショップ「BOYA」の倉庫なんですけどね、やっぱりコレ、サンダーバードかなんかをかなり意識してると見ましたわね。特に5番の倉庫からはいったい何が出てくるんだかね、とーっても気になりますのよねーッ。

    恩多辻の「久米川ミナミボウル」看板

     すでにいろーんなブログで紹介されてたりもするんですけど、恩多辻の北側の脇道に「久米川ミナミボウル」の看板(↑)があるんですわね。あんでも、戦後のボウリングブームの頃に八坂神社の前にあった、すでに35年ぐらい前に解体されたボウリング場なんですのヨッ。看板だけが35年の風雪に耐えて残ってるちゅーところにね、あんとも感慨深いものがありますのよね。

    市内某所「反り目」さん宅の表札

     こないだ諏訪町の迷路をわんこと徘徊しておりましたら、コーンナ表札(↑)に出合いました。
     んー、でもぉ、「反り目」ってホントに人の名前!? だって表札でしょ。四六時中「反目」してるってこと? だったらぁ、そんな名前、ありえないよねぇ。などとわんこと話をしながら帰宅して、早速ネットで検索してみましタラバッ、ナントありましたぁっ。民主党が大勝した前回の第45回衆議院議員選挙でもね、亀井静香代表でおなじみの国民新党から元信越郵政局部長の「反り目弘国」さんが立候補なさってたんですのヨッ。
     私が昔住んでいた、初台の薔薇座の裏のアパート紫雲荘の管理人さんの名前「委文(しとり)」さんにも相当ビックラコキましたけどね、ソレに勝るとも劣らない衝撃でしたわね。

    「ホワイト用品ルーム」ウィンドゥ看板

     コレ(↑)は、八坂駅の近くのマンションの3階のウィンドー看板なんでございますけどね、「えっ!? 洋品でルームでエステで脱毛でしかも整体!?」というナントモ胡散臭いコピーに疑問ガッ!!なんてことは言ってられないくらい、ネットで検索してみたら衝撃の事実が判明いたしました。
     ま、この「ホワイト洋品店」、メーンは婦人服のリサイクルショップで、エステと整体もやってるという不思議な店なんですけど、注目すべきはモヒトツの事業「ホワイトルーム」(↓)なんですわね。

    「ホワイトルーム」バナー

     いやぁね、東村山にもこんな時代の最先端をゆくショップがあったんだとゆーことに、ナンダカンダで驚くと同時にね、東村山の文化の幅が大きく広がったような気がいたしました。こーゆー店があるってことも含めて発展するのが街の文化ちゅーもんですしね。久米川駅南口には「オカマBAR”T.K."」もありますしね、あとはなんですかしらね、小劇場だとか野外カフェだとか日光江戸村みたいなのとか土下座サロンとかどんどんできるといいのにね。

    小川駅東口「『昇り亀』の桜」看板

     えっとね、こないだの6月14日の記事でちょっとご紹介したんですけど、小川駅東口の「昇り亀」(↑)ね、ドン・キホーテ小平店の店舗改装在庫一掃セールに行ったついでに写真を撮ってまいりました。やっぱ地元の商店街が建ててたんですわね。東村山駅東口の「志村けんの木」も看板ぐらい建てとけばいいのにねーっ。

    インド料理「ピアーズ」

     ま、これはわんこ仲間へのツイデの業務連絡みたいなもんですけど、連日ランチタイムには満員御礼のご近所のインド料理「ピアーズ」(↑)ですけどっ、このほどついに、野外席のパラソルを新調なさいました。ここは東村山駅東口界隈では、韓国料理「ゴウヒャン」と並んで、わんこといっしょに食事ができるアリガターイ店の双璧なんですけどね、こないだまでパラソルが壊れてて難儀をしておりましたのが、やっと日陰でグルメを楽しむことができるようになりましたわんこ。
     炎天下でカレー?というカタもいらっしゃいましょうが、インドの人は暑さを凌ぐためにカレーを食べるっつーんですからっ、猛暑にカレーは王道ですのヨッ。

    「東村山グルメ日記2」タイトル

     グルメといえば、コレは決してツイデじゃありませんけど、んなこといってやっぱりツイデだったりもするんですけどっ、地元の名物ブログ「東村山グルメ日記」(↑)が新装開店なさいました。ここんところ飲食店の新旧交代が激しくなっておりましてね、大手グルメサイトにはとっくに閉店してる東村山の店が驚くほどたくさん載ってたりしますけど、我らが「東村山グルメ日記」は、新装開店を機に情報の大幅改訂をなさってるようですから、ホーント有難いんですのよねーっ。

    東村山駅東口噴水池「御通行中の市民の皆さん!」看板

     さーて、ここいらで店仕舞いと思いつつ、ちっとんべぇ野暮用で東村山駅へ立ち寄りましたらっ、カルガモで有名な噴水池にコーンナ看板(↑)が出てましたよのねーっ。コレね、「カルガモに餌をやるな!!」ってことはわかるんですけどね、どうも内容がイマヒトツ不分明かつ支離滅裂気味なんですのよね。
     そりゃ野生動物はキビシー自然環境の中にあってこそ野生動物足りうるというのは、なるほど1つの卓見ではありますけどね、それは「市民の一人」さんに一方的に強制される筋合いのもんじゃござんせんわよね。もし、カルガモの処遇に対する問題提起をなさろうっていうんなら、匿名ではなく堂々と発表なさって、噴水池の前でアンケート調査でもやって、万機公論ニ決スヘシじゃなきゃダメですわよね。こういう主張が独り歩きしちゃう延長線上にね、シーシェパードみたいなカルト集団が生まれてくるわけですしね。
     決して悪意ではなくて善意だっちゅーのはわかるんですけどね、もうちょっとソフィスティケートされた品のあるやり方がもっとほかにあるような気がするんですのよねーっ。

    タウンミーティング「市民と市長の対話集会」

     でもって、「市報ひがしむらやま」を拾い読みしましたら、こりゃナカナカいいなと思ったのが「夏休み特別企画/中高校生対象タウンミーティング」(↑)でございますのよね。我らが渡部尚東村山市長ちゅーのは、なにぶん情報発信力にはちょっと欠けてたりもしますけどね、イチャモン以外の何者でもない某会派の質問にも真摯に答弁してたりなんかしてましてね、笑顔はちょっと作り笑いだったりしますけど、その誠実な姿勢にはそんじょそこらの首長にはない天下一品のモノがあるんですのよね。
     これはもう東村山市内の中高校生のいる家庭はね、早速今夜あたりに家族会議でも開いてね、何が何でも渡部尚市長をギャフンと言わせるスルドイ質問をみんなで考えて、お小遣いをやってでもいいから8月20日は市民センターに駆け付けさせましょうね。市長が満足に答弁できなかった質問をした子にはね、市の長たる権限で夏休みの宿題を免除したっていいと思うんですのヨッ。目的や手段がチットやソット本線から脱線しようがね、活性化ちゅーのはそーゆートコから始まると思うんですのよねーっ。
     今回ばっかりはね、大人はボーチョーだけなんだそうですのよ。んー、防諜ニ注意セヨッ!!でございますわネット。



    スポンサーサイト
    |07-30|写真日記コメント(0)TOP↑

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。