★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    ひがっしーの人生ゲーム東村山版

     私は東村山出身ではないし、市内に親戚は1人もいないし、家族はいないし会社ではお荷物だし、たまたま気まぐれでムラに引っ越してきただけの、犬だけがオトモダチの東村山の疫病神みたいな、要するにダメダメポンコツ人間なんですけどね。それでもいつの間にか因果なことに東村山が生涯でいちばん長く住んでいる土地になってしまったのでありますよ、南無阿弥陀仏ぅ。
     となるってぇと、ついつい東村山のことがあなたにもらった帯留の達磨の模様のように気にかかるんでございましてね。このブログでも何かってぇとヘダラをこき続けてきたワケでございますガッ。どーにもアァタね、文句を付けてるだけじゃ何も変わりゃせんのじゃないかと、ここはヒトツ、ダメダメポンコツ人間であるところの私が、ダメダメポンコツ地方都市であるところの東村山について腰を据えてじっくりと考えてみようじゃないかと、思ったりなんかしちゃったりなんかして、そんな感じぃの俺の俺の俺。
     たぁだぁしぃ、これはあくまでも仮説でございましてぇ、アインシュタインの重力波説のように実証するのは無理かもしれないと、ソコんところは先刻御承知の上でお読みいただきたいんでございますけどね。

    tomte001.jpg

     さて、私は商売柄、ネットでググってみるという機会が多いと思うのですけれども、数年前からものすごく疑問に思っていることが1つあります。ま、大したことではないのですけれども、いったん気になりだすとコレが、地下鉄をドコから入れたかわかんない春日三球のような心境になって、朝から晩までなぜだろう?なぜかしら?と考えるばっかりになるのでありましてね。
     とゆーのも、私も以前にお会いしたことのある所沢の三上博史さんという方が、『所沢ふるさと散歩』というホームページを公開しておられるんですけどね。

    ●「所沢ふるさと散歩」
    http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Asagao/4907/tokorozawa_omoide_mokuzi.htm

     ご覧いただければ一目瞭然だと思いますが、素人が作ったものですから多少ビジュアル的には難があるものの、内容的には郷土である所沢への愛情と探求心と活性化への願いが籠められた、実にすばらしいサイトなのでありますよ。
     いやいや、そんなこと言ったって、同じようなサイトなら日本中津々浦々、どこの区市町村にだってあるはずだと誰でも思うざんしょ。ところが、驚いたことに東村山市にだけはドコをどう探してもナイのです。ま、チョロッとだけなら東村山の魅力を紹介しているサイトもありますけど、『所沢ふるさと散歩』のように体系的に情報を網羅しているものは皆無なのであります。

    tomte002.jpg

     いったいこの事実は何をあらわしているのかと考えた時に、私の頭に漠然と思い浮かんだのは、心理学者であるアルフレッド・アドラーが唱えた「劣等感」というキーワードでした。
     もちろん、私は決して東村山の人全員が劣等感のカタマリだなどと断言するつもりはありません。ただ、何か「東村山病」ともいうべき得体の知れないものが存在して、それが立ちはだかる壁となってパワーを喪失しているような気がしてならないのです。
     アドラーは言います。「人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は極めてシンプルである」と。或いはこうも言えるのではないかと私は思うのです。「東村山が困難なのではない。あなたが東村山を困難にしているのだ。東村山は極めてシンプルである」と。
     東村山てぇヤツは、どーしてこーも付加価値を高める努力をしない町なんだろうかと、もう一段深く考えようとする探求心がどーしてこーも欠如している町なんだろうと考えた時に、誰の心にも思い浮かぶのは「ムラ社会」という言葉だと思うんでございますけどね。

    tomte003.jpg

     でも、東村山が本当にムラ社会なのかというと、それはちょっと違うようなんでありましてね。東村山には決して横暴なボスがいるわけではないし、旧態依然たる頑迷なルールがあるわけではないし、一部の人々を差別するような言動が発せられているわけでもない。その代わり、形骸化した旧ムラ社会の残滓を、いつまでもズルズルと引きずっている町という印象がとっても強くあるんでございましてね。
     やっぱり私がいちばん感じるのは、モノにしろコトにしろ、心の底から東村山を改革するんだという気持ちが伝わってくることが非常に少ないとゆーことなのでありますよ。どーもアンでげすな、ナーンカいつも奥歯に物が挟まっているような風情で、帯に短し襷に長しの中途半端で、立て板に水というより横板に餅という感じで、突っ込みが中途半端とゆーか固定観念に囚われているとゆーか、一刀両断にエイヤッと真剣勝負している潔さがなくて、何につけても遠慮しぃしぃやってる感じなんですのよね。
     この奇妙な消極性の理由はいったい何なのか。それはやっぱりドコかしら自己肯定感を持てていないというか、郷土に対する確固たる誇りや自信を持てていないからのような気がするんでありましてね。

    tomte004.jpg

     ハッキリ申し上げますってぇとね、東村山には飛躍的な発展を阻止する負け犬根性のようなものが蔓延しているんじゃないかと思うんでありましてね。付加価値を高めるばかりか、逆に魅力を削り取っているような実例も見受けられたりなんかしております。
     そもそも、「国宝」と「志村けん(東村山音頭)」という他市も羨む2大コンテンツを、活性化のツールとしてほとんど生かしてこれなかったという事実こそ、自己肯定感の欠如の証左であるようにも思うのでありましてね。
     国宝の正福寺千体地蔵堂は、旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)が国宝指定されたために都内唯一の国宝建築物ではなくなってしまいましたけど、宗教建築としてはやはり都内唯一であり、司馬遼太郎があらゆる日本文化の源流が存すると評した室町時代に建立されています。
     しかし、国宝・千体地蔵堂を紹介する出版物やサイトは数多くありますが、どれも「国宝だからスゴイに違いない」という先入観丸出しのものばかりで、その魅力を改めて再認識させてくれるような、思わず見に行きたくなっちゃうようなものに私は1度もお目にかかったことがありません。

    tomte005.jpg

     志村けんについてもそれは同じで、見物することのできる記念物が唯一、強剪定で有名な「志村けんの木」だけという現実は、東村山が如何に考えるということを放棄した町であったかということを実証しているように思います。
     何も私は、石原裕次郎記念館や美空ひばり記念館のようなリッパなものを東村山に建てろと言っているのではありません。その代わり、東村山市ふるさと歴史館の常設展示コーナーの1区画でいいから、志村けんを紹介するコーナーはあってもいいように思います。著作権関係をクリアすることの困難さは伴ったにせよ、郷土出身の有名人が地元でこんなに冷遇されている例はほかにはありません。ヤッパできれば、バカ殿様と写真が撮れるプリクラや、変なおじさんのゲームや、インキチ祈祷師のおみくじもあってほしいところですが、たぶんそれは無理なのでしょう。
     なぜそれが無理なのか。ハッキリ言ってそれは、失敗ばかりを恐れる進取の気象のなさからだと思います。加えて、不都合や不利益をもたらすものはなかったことにする見ぬもの清しの精神です。養老孟司氏はそれを「バカの壁」と言いました。

    tomte006.jpg

     では、この東村山の不甲斐なさはいったいどこからやって来たのか。それをこれから検証してみようと思うんでありましてね。
     東村山がどこにでもある典型的な農村であったことは、現在も残っている地割りを見ても明らかです。江戸時代、東村山は天領または寺社領だったから、ナントカ藩の悪代官に牛耳られて苦渋をナメさせられるようなことはありませんでした。現在の狭山丘陵を中心とする広大な地域が、尾張徳川家が将軍から拝領した御鷹場になっていたことは事実ですが、実際にはそんな遠出をしなくても、江戸時代の鷹狩りは現在の世田谷区や杉並区あたりで頻繁におこなわれていたようで、尾張藩の御鷹場指定は幕府の威光を示すための名目上のものであったようです。当時の東村山は実にのどかな、誰にも注目されない武蔵野の辺境の地でありました。
     1889年(明治22年)、野口・廻田・大岱・久米川・南秋津の5村が合併して東村山村が誕生。6年後の1895年(明治28年)、川越鉄道東村山停車場が開業。特に停車場の開設が、東村山村の発展に大きく寄与したことは言うまでもありません。

    tomte007.jpg

     しかし、それから14年後の1909年(明治42年)、東村山村に暗い陰を落とす歴史が刻まれます。ハンセン病患者収容施設である連合府県立療養所「多磨全生園」ができたことです。当時、候補地として目黒・田無・清瀬の名が挙がりましたが、いずれも住民の反対運動が起こって変転し、やむなく東村山にお鉢が廻ってきたという経緯があるようです。
     当時のハンセン病患者に対する差別や偏見は尋常のものではなく、東京府および近県で発見されたハンセン病患者は、患者専用車両で厳重に運ばれ、東村山停車場にあった患者専用ホームに下ろされ、役人の監視のもとにやはり専用の人力車で全生園まで運ばれ、患者専用の入口から中に入れられました。この時からハンセン病患者は、この世から抹殺されたも同然の終身刑の囚人のような暮らしをはじめることになります。
     毎日ではないものの、そういった一連の情景を目にせざるを得なかった心理的圧迫感は想像以上のものでなかったかと思われます。この時から東村山の人たちの心には、東村山村民であることを積極的には誇示し得ない広義のトラウマのようなものが醸成されはじめて、それが子々孫々に心理遺伝のような形で伝わっているのではないかと、ついつい考えてしまったりもするんでありますよ。

    tomte008.jpg

     1942年(昭和17年)にはわずか1万人足らずだった東村山町の人口は、戦後の復興に伴って急速に増加し、1970年代初頭には10万人を突破します。ただし、それは決して東村山が何かを働きかけたという能動的な理由ではなく、ただ単に旧西武鉄道、川越鉄道、武蔵野鉄道、多摩湖鉄道の各社が、1927年(昭和2年)に完成した多摩湖(村山貯水池)近辺の覇権を争って、滅多矢鱈に駅を新設してくれたオカゲなんでありましてね。
     でも、如何に人口が増えたとはいえ、当時の東村山市は、近隣の人以外はほとんど誰も知らない無名の地でありました。ところが1976年(昭和51年)、東村山市民にとっては驚天動地の大事件が起きるのであります。それが『8時だヨ!全員集合』での東村山音頭の大ブーム。
     聞いた話によると、志村けんが東村山音頭を歌うだけならよかったのですが、演出上、歌うのを阻止しようとしていかりや長介が東村山を小馬鹿にした暴言を吐いたりなんかする。そのことに当時の重鎮の一部のカタガタが相当にオカンムリだったようで、そのことが尾を引いて、感謝状1枚贈った代わりに、「これ以上、志村けんとは関わるな」という既定路線ができてしまったようなんでありましてね。

    tomte009.jpg

     ま、ナントモ度量が狭いとゆーかケツの穴が小さいとゆーか、空気が読めないとゆーか物事を深く考えられないとゆーか、実にアキレかえっちゃう話なんではありますが、実はまーだまだ、東村山の一部にはそんな空気が残っているようにも思うんでありましてね。
     それはさておき、東村山音頭の流行は、当時の子どもたちにも心理的波紋を投げかけています。それは、市内の学校に通っている限りではそんなことはないのですが、市外の学校に入学したり、さらに成長して市外の会社に就職した時に、東村山市出身であることを志村けんや東村山音頭をネタに揶揄されることでありましてね。もしかすると、そこらへんにも東村山を郷土として完全には肯定できない、どこか引け目を感じてしまうことの原因があるのかもしれません。
     いずれにせよ、東村山にだって町おこしや地域活性化を目的に熱心に活動してる方は確かにいらっしゃるんですけどね。どーもアンですな。ナンダカンダ言ってやっぱりパワー不足なんでありましてね。ただ、それは情熱が足りないということでは決してなくて、東村山のレーゾンデートルを徹底的に追究していないせいのような気がするんでありますよ。

    tomte010.jpg

     人間というのは、何かってぇと新しいモノを欲しがるもんなんでござんしてね。東村山でもここ数年、いろんな新しい試みがなされております。だけど、どーもね、自らが設定した狭いエリアの中でだけ、非常に安易な選択をしてしまっているような気がします。その安易さが伝わってしまうから、ごく限られたターゲットの心しか掴めていない気がするんでございましてね。
     本来、町おこしだとか地域活性化に際していちばん重要なのは、新しいモノやコトを創造する力によって、さまざまなカテゴリーの枠を超越したコミュニケーションの場を作り、新しい人たちをどんどん巻き込むシナジーを生むことです。そのためには、つねに不特定多数の第三者に何かを伝えようとする意識を持ち続けることこそが肝要なのでありましてね。
     とゆーことは、東村山市民だけではなくて、長万部の人にも、五所川原の人にも、雑餉隈の人にも、能褒野の人にも、栢谷の人にも、凹原の人にも、女鹿串の人にも、今帰仁の人にも面白がってもらえるような魅力的なプランを打ち出すことなのでありますよ。でーもね、東村山はソレがほとんどできていないような気がするんでありましてね。

    tomte011.jpg

     東村山のイメージとして私の頭に真っ先に思い浮かぶのは、やっぱりどうしても悪魔の呪いがかかったようなサンパルネの『産業・観光案内コーナー』なんでございましてね。何と申しましょうか、ひょっとして売れるかも知れないものは全部並べてみましたとゆー、閑古鳥も退屈しているジャンクショップみたいなテイタラク。
     確かに東村山にはいろんなことをやってる人たちがいて、中には個性的なことをやってる人もいることはいるんだけど、ベクトルがバラバラなもんだから、シナジーの点火剤になるような整合性がちっともないんですのよね。
     だいたい、何かにツケて私が東村山がダメよーダメダメと思うのは、人の顔がほとんど見えてこないこと。そりゃ、ネット検索すりゃあね、団体名や代表者名や概要ぐらいは山ほど出てきますけど、あの三上博史さんの『所沢ふるさと散歩』のように気持ちが伝わってこないし、ブログやSNSでの情報発信している場合もあるものの、まるで業務連絡みたいな内向きの姿勢が顕著で、積極的に自分の考えを外部に発信して問題提起をする人が極端に少ないんでござるよ。どこかみぃんな自信なさげなのでありますよ。

    tomte012.jpg

     それと、私がとっても疑問に思うのは、東村山ってけっこう志が高いすばらしい人たちがたくさんいるのに、そういった人たちが集まって組織化されたりなんかすると、いつの間にか精彩を失ってタダの人になっちゃう場合が多いことなんでございましてね。
     私も何度かアチコチの会議を傍聴させていだたいたり、会議録の公開されている場合には読ませていただいたりしてるんですけど、やっぱりどーにも驚いちゃうのは、ナンダカ小学校の学級会みたいで儀式的になりすぎていること。特に創造的なアイデアを捻出するためには、思考の枠を取っ払うことがいちばん重要なはずなのに、せっかく画期的なアイデアの芽が出ても課題をクリアしようとはせずに脇に置いとくだけだから、結局はスルーされて消えてなくなっちゃうケースが多いんですのよね。
     「考える」というのは、自らが創造した新しい思考回路で思考することです。思考回路が新しくないと、結論はいつまで経っても同じで、議論は堂々巡りを繰り返すばかりです。そんな場では独創的なアイデアは決して生まれません。この組織の閉鎖性&硬直化という点だけは、ムラ社会の残滓であるような気がしてならないのです。

    tomte013.jpg

     活性化というのは、昆虫の脱皮に似ているのだと私は思います。青い山脈じゃありませんけど「古い上衣(うわぎ)よ さようなら」なんでありましてね。いわゆる既成概念の断捨離ができないと新しい魅力を付加することができない。現状を維持することばかりに囚われていると、戦時中の冬の空襲警報下の状況のように、その場では不必要な上着やパンツまで重ね着して着膨れ状態で逃げ回るようなことになります。どんなに東村山のナカでは新しい最初のことでも、それが既存のモノの繰り返しである以上、マネッコや二番煎じ、三番煎じだとは見られてしまうのは自明の理です。
     どんなに一生懸命活性化に取り組んでも、結果として強烈なインパクトで無関心派の人々の心を引きずり込むことができなければ、「東村山はつまらない」「東村山は洗練されていない」「東村山には発展性がない」という負のイメージがさらに蓄積されて、人々の潜在意識の中に澱のようにどんどん溜まっていきます。
     東村山にだって地域活性化のための団体やイベントが存在する以上、その各々に会長だとか代表だとか理事長だとか実行委員長だとか、権力を有する責任者のみなさんもいるはずです。でも、その中に東村山の将来的危機を敏感に感じて積極的に行動している人が果たして何人いるのだろうかと。ムラ社会とは言わないまでも、東村山にムラ意識は確実に存在するのではないかと、何かにつけてついつい思ってしまうんでありますよ。

    tomte014.jpg

     よく使われるお役所言葉に、「関係諸機関とも綿密な連携を図ってまいります」というのがあります。これを日本語に訳すと「テキトーに打ち合わせだけしておく」という意味になるそうですが、果たして、東村山って本当に諸団体の連携が図られているんだろうかと、そのへんもナーンカ疑問に感じちゃったりもしているんでございましてね。
     そりゃあね、いちおー、イベントなんかをやる時にはみんなで集まって打ち合わせぐらいはやって、ソレナリの協力体制はとっていると思うんですけどね。東村山の未来についてトコトン議論して、みんなにスゴイワネーと思ってもらえるような結論を出したことが1度でもあるのかしらんと。ひょっとして、「しょせん東村山なんてこんなもん」とナメてかかってやしませんかしらね。
     もちろん活性化に関わっているのは善意の人たちだし、東村山を地獄の底に叩き込んでやろうという悪魔のような人は1人もいないから、1人1人の心にはそれぞれのアツい思いがあるはずなんですけどね。ナーンカそれが悲しいほどに伝わってこないのも事実なんでありましてね。たまーに広報媒体にあいさつ文が載っていることがあっても、たいていスピーチ文例集みたいな美辞麗句なシロモノでちっとも思いが伝わってこないんですのよねーっ。

    tomte015.jpg

     ナンダカンダで今、東村山にいちばん欠けているものは何かといったら、それは「public relations」という考え方じゃないかと私は思うんでありますよ。コレ、日本語に訳すと「広報」というカンタンな単語になっちまいますけど、本来は「組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団・社会)との望ましい関係をつくり出すための考え方および行動のあり方」という意味なんでありましてね。
     東村山のケースに当てはめて言えば、15万市民にどうやって働きかけ、どうやって心を動かし、どうやって市民活動に巻き込んでいくかということがいっちゃん肝心なはずなんですけどね。どーもアンでげすな、誰かが「この指とーまれっ!!」と指をさし出しても、集まってくる人たちっていうのがほとんど同じ顔ぶれなんでありましてね。ナーンカね、「みんなでつくるみんなの東村山」じゃなくて、「一部の人たちだけがつくる一部の人たちだけの東村山」になっちゃってる気がするんですのよね。
     もちろん、何かあればすぐに動いてくれる人たちっていうのは地域の宝なんですけどね。まかり間違うと東村山好き好き同好会で終わっちゃって、それ以上に発展しなかったりするんでございましてね。

    tomte016.jpg

     これは私の独断と偏見ですけど、いちおー20ン年住んできてヒシヒシと感じるのは、おそらく15万東村山市民のおよそ90%ぐらいは、東村山ガッカリ同盟と呼んでもイイくらいに、何かにつけて東村山にガッカリしてるんじゃないかと思うんですのよね。
     特に私なんか、総裁を名乗ってもイイほどにガッカリの連続なんでありましてね。先ずは市川一男市長の「目標の位置付けは田園調布」にガッカリし、文化的活動の少なさにガッカリし、大規模書店がないことに失望し、草の根市民クラブにドン引きし、東村山駅西口再開発に呆れかえり、住民投票法案の否決を憂慮し、突然辞職した細渕一男市長にズッコケて、火葬場みたいな八国山たいけんの里に嘆息し、ボランティア用ごみ袋の担当窓口の対応に落胆し、ちっともワクワクしない『水とみどりの東村山わくわくMAP』に匙を投げ、『まち歩き東村山』に幻滅し、市民討議会にガッカリし、東村山版株主総会にガッカリし、ワカモノ会議にガッカリし、議会報告会にガッカリし、観光振興プランにガッカリし、ちっとも身近にならない都政にガッカリし、ちっとも進まない地域活性化に辟易してるんだってばよぉぉぉおっ。

    tomte017.jpg

     無関心な人々の存在が厄介なのは、何をやってもリアクションが返ってこないために、あたかも存在しないかのように錯覚されて、一部の人たちの思いだけが優先されて物事が進んでいくこと。極端に言えば、本来は奇跡のヒーローやヒロインであるべき活性化のために尽力している人たちが、孤立化したモラトリウム状態に陥って裸の王様化しちゃうことなんでありましてね。
     やっぱホントはね、東村山ガッカリ同盟の人たちを積極的に片っ端から巻き込んでいくことが最重要課題であるはずなのに、何かにツケて自己肯定感が不足気味でヤルことナスことが中途半端だから、せっかくのパワーが雲散霧消してしまうことなんでありますよ。
     あのね、昔はそれでもぜんぜん良かったと思うんですけどね。昔はね、明日、山向こうの隣村で祭りがあると聞いただけで、ムラの若者はみんなワクワクしたんだと思うんですのよね。でも、今はネットでいろんなことをまとめて比較されちゃうから、彼らの頭の中で面白くなさそうなものはどんどん淘汰されていっちゃうワケでしてね。東村山の若年人口がどんどん減っているのもむべなるかななんでありますよ。

    tomte018.jpg

     ま、これはお役所なんかがよくやりがちなことですけど、誰からも文句が出ないような最大公約数の普遍性をめざして、できる限り異論の出ない決着をめざそうといたします。その結果、どーなるかというと、なんともホニャララな、誰も反対しないけど魅力の茫漠とした代物がでっち上げられます。
     ま、たとえば大手企業の新しいモノやコトを開発する部門の会議なんかでは、「反対意見が出ない案件には気を付けろ!!」というのが常識なんでありましてね。特に専門家や強い指向性の人たちだけで物事を決めちゃうと、世間の常識やニーズとはかけ離れた路線で突っ走ったりなんかする。それを避けるために最近は、わざわざ専門外の社外取締役を迎えてベクトルを修整したりなんかするんでございましてね。
     いちばんダイジなのは、10年後、20年後を見据えて、今を生きる人たちの思いの波紋を確実に広げていくことだと思います。ソレができないってぇとね、東村山の地域活性化なんて夢のまた夢じゃないかと思うんでありましてね。よっぽどインパクトのあることをやらないと、いつまで経っても90%の無関心な人たちは無関心なままなんでありますよ。

    tomte019.jpg

     それと、これもやっぱりお役所や善意の第三者機関によくあることですけど、みんなで集まって合議で物事を決めたりなんかかする場合、なかんずく気を付けなければならないのが「民主主義の罠」なんでありましてね。どんなことでもみんなの多数決で公平に決めましょう!!ナーンテやってると、何もかもが予定調和の小学校の学級会みたいなことになって、すべてがブナンでツマラナイ方向にばっかり進んだりいたします。
     ココだけの話、町おこしや地域活性化の成功例を見てみるってぇと、全会一致の多数意見で決まったなんてシロモノは皆無と言っていいほどにナイんでありましてね。たいていの場合、最初は反対する人のほうが多かったんだけど、個性的なリーダーや誠実な提案者の迸るパッションに衝き動かれて人々の心が変わっていったという、興味深いエピソードに彩られた劇的な展開が成し遂げられた場合が多いんですのよね。
     そこでやっぱり最大のキーマンとなるのは、地域のリーダーや活性化に尽力している人たちというよりは、むしろそれまで地元の活性化になんかテンデ期待していなかった無関心派の人々なんでありましてね。無関心派の人々を最重要のターゲットにしなければ、やっぱりどうしても関心の高い人々ばかりが集約されて、コミュニティの円環が閉じられてしまうように私は思うのでありますよ。

    tomte020.jpg

     無関心な人たちの心を動かすために必要なのは、しつっこいようですけどやっぱり個性や独自性や新規性、それを生み出すための独創性(オリジナリティ)だと私は思うんでございましてね。
     いえいえ、つっても無理ヤリね、いっぽんどっこの唄みたいに「人のやらないことをやれっ!!」と言うワケじゃあないんでございましてね。というよりはむしろ、真剣に悩みに悩んで物事を深く追究して考え抜いたのだとしたら、出てくる発想はおのずと独創的なモノになるはずだと私は思うのでありますよ。こないだ亡くなった野坂昭如氏も昔、TVCMで「ソッソッ、ソクラテスかプラトンか、ニッニッ、ニーチェかサルトルか、みぃんな悩んで大きくなった」と歌ってましたけど、どーもアタシャね、東村山はまだまだちっとも悩んでいないような気がするんですのよねーっ。たとえ悩んでいたとしても、既成概念に束縛されてルビコン川を渡ることができないままでは、いつまで経っても金持ちにもなれなかった杜子春みたいなもんなんでございましてね。
     これもやっぱり私の妄想かも知れませんけど、私にとって東村山と映画『あん』の千太郎のイメージってなーんかカブるんでございましてね。どこか自分に自信が持てなくて、どら焼きのアンコも出来合いのモノで済まして、虚勢を張りつつも偶然という名の運命に流されるだけのダメ男。ま、ダメ男ってことじゃ私も人後に落ちないんですけどねーっ。

    tomte021.jpg

     どーもね、何もかもが八方美人的発想の見切り発車で決まってしまっていて、ソコに付加価値がちっとも生まれてこない。てゆーか「コレが東村山だぁぁぁぁっ!!」という心意気みたいなものがじぇんじぇん伝わって来ないんでありますよ。カンタンに言えば、ナーンカ面白くないんでございましてね。
     面白くないモンが面白くない理由てぇのは明白で、思考の閉鎖性というかスケールの小ささというか内部撞着性というか、第三者の知的好奇心を呼び覚ませないということなんでありましてね。どーも人間ってヤツは、自分で勝手にカテゴリーを決めて考えて、自分の理解できる範囲だけに行動を閉じこめようとする傾向があるんでありますよ。
     本来、国宝だって東村山音頭だって志村けんだって豊かな自然環境だって、ぜーんぶ東村山の魅力的なコンテンツであることに間違いはないはずなのに、誰もがどこか不動産屋みたいに表層的なアピールをするだけだから、魅力を最大限に伝えることができていないんでありましてね。その魅力を欠点も含めて徹底的に解剖して、ちょっと通常とは違ったアプローチの仕方で昇華させれば、もうちょっとはメッセージ性も高まると思うのにそれをしないんでありますよ。

    tomte022.jpg

     そもそも、昨年3月に市が実施した『東村山認知度アンケート調査』でも、「都会的ではない」に次ぐ負のイメージとして認知されているのは「洗練されていない」というイメージでございました。ブッちゃけた話、「洗練されているとは思えない」ということは、単にセンスがないというよりも、総合的な状況分析や創造的思考ができていない、極言すれば「脳味噌を使った痕跡がみられない」ということと同じだと私は思うんでありましてね。
     ンナコト言ったって、区市町村の活性化の取り組みなんてどこもドッコイドッコイなんじぇねーのっ!!と思ってるカタもいらっしゃるかも知れませんけど、ナントおっしゃるウサギさん、もしそれがワカッテルんだったらね、東村山が率先して先進的なことをやって、「東村山ってスゴイね」と思ってくれた近隣自治体をどんどん巻き込んで、かつてないシナジーを生むことも決して夢ではないと思うのですが、そんな気配は今のところまるでありません。いや、実際にそれは東村山の中ですら起きていないのでありましてね。
     やっぱり理想は、誰かが面白いことをやったら、そのことに共感した別の誰かがもっと面白いことを始めるという、いわゆるパッションの伝播ということが肝心カナメの要諦だと思うのですが、東村山の場合、一次的に新しいことをやる人があらわれても、それに続く二次的・三次的な発展にはタメ息が出るほどに結びついていないんじゃあーりませんかしらね。

    tomte023.jpg

     最近、私があまりにもトンチンカンなんで驚いちゃったのは、市役所の都市マーケティング課が実施した『みんなで選ぶ東村山市のブランドメッセージ&ロゴマーク』でございましたぁぁぁっ。
     んー、百歩譲ってコレね、ホカにも地域活性化のための施策がいくつもあって、その中の1つとしてコレがあるんだったらアリかなと思うんですけどね。周りを見回してもホカに何をやってるというワケじゃなし、ナンダカとっても唐突な気がするんでございましてね。ヤッパ本来は、ホカにもいろんなことを徹底的にやって、盛り上げるだけ盛り上げて市民の期待が最高潮に達した段階で、「んじゃ、ここらでブランドメッセージを決めましょうかのっ!!」と提案するのがフツーだと思うんですけどね。そのあいだのプロセスがまるっきし端折られてるんですのよね。
     そもそも、ブランド化つーもののメリットは「付加価値が加わることで高くても売れる」ことのはずなんですけどね。ナーンカね、なんでんかんでん味噌糞いっしょに「たのしむらやま」つーことになると、売れ残りの在庫一掃セールみたいになっちゃって、付加価値どころか全体の価値を下げることになりゃあしませんかしらね。ま、ごく一部の人たちはそれでもノッてくれるのかも知れませんけど、ハッキリ言って、大多数を占める東村山ガッカリんこ倶楽部の会員の皆様は、コンナンじゃ余計にプライドや誇りを持てなくなっちゃうんじゃあござんせんかしらね。

    tomte024.jpg

     何かコノォ、全体を見る目、巨視的視点が欠落してるんじゃなかろうかと、東村山全体を見回しての総合的判断のできる人がどうしてコォもいないんだろうかと、どうしてコォ、ドイツもコイツも遮眼帯をかけられた馬車馬みたいに裸の王様になっちまってるんだろうかと、ついつい思っちゃったりするんでございましてね。つーかね、渡部尚市長も4月の庁内放送で「『たのしむらやま』でわくわくするような東村山創生を!!」とおっしゃってましたけどね。なーんだ、裸の王様の正体はアンタだったのかいっ!!と思っちゃったりもいたしましたわヨーッ。
     いやいや、私だって渡部市長はよくやってると思うんですよ。でーもね、ナーンカ最近、渡部尚市長をお見かけするたんびに、あちらこちら飛び回りながら誰にでも勝ち名乗りを挙げてる節操のない行司とゆーか、一部の市民をオダテまくっているタイコ持ちのように見えてきちゃったりもするんですのよね。私心がないし誠実だし、議会やタウンミーティングでも毎回丁寧に答えていらっしゃるし、東村山の現状をなんとか変えようと努力してらっしゃることには拍手を送りたいんですけどぉ、良くも悪くも優等生なんでありましてね。昔も今も優等生の最大の欠点は、ご自分の自覚のあるなしにかかわらず最大公約数的安全策をついつい選んでしまうこと。ご自身は清水の舞台から飛び降りる覚悟でやってらっしゃっても、他人にはフンドシから金玉がはみ出た程度にしか思ってもらえてないんじゃないかと思うんですのよね。

    tomte025.jpg

     渡部市長はさまざまなサイトのブロフィール欄で、好きな言葉として坂口安吾の「あちらこちら命がけ」を挙げていらっしゃいます。流行作家になっても決して時流に迎合しなかった、ドラッグ中毒になりながらも敢然と荒野に立ち続けた、求道者としての安吾の破天荒なダンディズムに共感を覚えておられるからだと思うし、市長の心の中には安吾に通じるパッションが眠っているはずだと私は勝手に想像しているのですが、なぜか普段の言動からはそれが感じられない。
     これはナントナクですけど、無縄自縛だなあとゆー感じがちょっとだけするんでございましてね。市長の潜在的パッションのストッパーになっているものは、おそらく人並み外れた責任感のせいではないかと、これもやっぱりナントナク思うんですけどね。ナーンカいっつも、すべての責任を我が身一身に背負って、姿の見えないエイリアンと戦ってらっしゃるようなところがあるんでありましてね。ソコのところがドーモ、ガンバってるのはわかるんだけど独り相撲に見えちゃったりする部分があるんですのよね。
     ホントは渡部市長の心の中にも、アッと驚く為五郎な潜在的パッションが眠っているはずです。でも、たぶん、やっぱり既成概念のせいで埋没しちゃっているような気がするんですのよね。てゆーか、そもそも東村山という町そのものが、どこか死んだ魚の目のような町になっちゃってる気がするんでございますけどねーっ。

    tomte026.jpg

     ツイデに言っとくワケじゃありませんけど、そんな渡部市長の肝煎りで実現したものの中で私がなかんずく感心したのは、「あんのまち東村山実行委員会」が作った映画「あん」ロケ地マップ『あんがこのまちに残したもの』でございました。
     ま、コレには私の知り合いが何人も関わっておりましてね。だからってお世辞で言うのでは決してなくてぇ、パンドラの匣の中に唯一残った希望であるかのように感じました。これほど作り手たちの気持ちが伝わってくる刊行物というのは東村山には未だかつてなかったと思います。もちろん、そのパワーの源泉は映画「あん」のオリジナリティの力なのでしょうが、映画「あん」が発するミッションコードが一部の東村山市民の何かを呼び覚ました証左なのでありましてね。
     コノね、想いがどんどん伝わってパッションが生まれていくということこそが、町おこしや地域活性化の原点なんでありましてね。しかも、「緑ゆたかな」「笑顔あふれる」という抽象的な理想概念ではなくて、実在の映画を媒介とした人生の奥義につながるメッセージとしてきちんと表現されているところは、前の市長さんや前の前の市長さんの時代にはなかったことなんでありましてね。やっぱりソコは渡部市長らしさなのではないかと考えるワケでございましてね。

    tomte027.jpg

     だぁけぇどぉ、ヤッパものすごく残念なのは、いかんせん大勢の人々に強大なインパクトを与えるようなモノにはなっていない点なんでございましてね。確かにミクロコスモスとしてはほぼ完璧なんだけど、町おこしや地域活性化という総合戦略的な観点からみると、テンデなっちゃいないのでありましてね。そぉんなぁんじゃ東村山無関心居住者連絡協議会のみなさんの心には訴えかけられないのでありますよ。
     せめて、東村山の魅力を伝える想いの籠められた同等のリーフレットが10冊同時に刊行されたのだとしたら、おそらく市民に対するインパクトも100倍くらいに増大して、新聞の地方版ではなくて全国版に採り上げられる可能性もあったと思うのですが、結局は映画「あん」にオンブにダッコの代物で、コレだけだと発展性がほとんどないから、どーしたって地域限定の美談で終わっちゃうんですのよね。ハッキリ言って詰めが甘いんでございましてね。
     今年3月に発表された「『東村山市シティプロモーションアンケート調査』結果報告書」にも、「イベントによる『認知→イベント参加→理解→愛着→移住』という流れで理解促進をはかることが望ましい」「まずは認知度促進活動を行うことが重要と考えられる」とありますが、ホントはその前段階として考えとかなくちゃならないことがイッパイあるんじゃあーりませんかしらね。

    tomte001.jpg

     どーもね、東村山について考える時、いつまで経っても私の頭の中にチャンチャカチャンチャカ流れてくる歌があるんでございましてね。それは、戦前に流行った「もしも月給が上ったら」「あゝそれなのに」という2つの歌なんでありますよ。ご存じないカタは、著作権切れで堂々とYouTubeで公開されていますから、ぜひ1度聞いてみていただきたいんですけどね。
     なーんかコノォ、東村山のヤルことナスこととゆーのが、アワヨクバ大作戦とゆーかイキアタリバッタリ方式とゆーか、全体を包み込む整合性というものがまるでなく、すべてがブチ切れで持続性がない。その場しのぎのパワーしか感じられないんでありましてね。ちょっと活気があるかしらと思えるのはイベントの当日だけで、それ以外の日はお通夜みたいな町なんだってばよーぉっ。
     アンにしても、私がどうしても杞憂を感じてしまうのは、現在の東村山の現状の延長線上には、たとえさりげなくソコソコの薄ぼんやりした未来はあっても、ギンギラギンの明るい未来は決してやってこないだろうということなんでありましてね。もしも、「いやいや、そんなことはない。東村山の将来には必ず輝かしい未来が待っている」と、そう断言できる方がいらっしゃるんだとしたら、たぶん、死ぬまで議論してもわかりあえないだろうから、縁無き衆生とあきらめていただくほかはないんでありましてね。

    tomte002.jpg

     んじゃ、ナーンデ東村山はこぉんなハラホロヒレハレの町になっちまったんだろうかと。その要因はヤッパ、市川&細渕のW(ダブル)一男ちゃん市長時代の24年間の無策のツケぢゃないか、とゆーのは半分冗談ですけど、何かしら東村山の風土として、小市民的とゆーかドングリの背比べとゆーか非創造的とゆーか、人をアッと驚かせるような先進的なことのできない、アナクロニズムに属する感覚が依然として残っているように思います。
     せっかく東村山を活気づけたいという目標もちゃんとあるんだし、そのために情熱を傾けてくれる人たちもいるっていうのに、いったい何をどうしたら活性化につながるのかという具体的なプロセスがまるで見えてこないのでありましてね。いやいや、見えてこないというよりも、活性化のための手段があまりにも稚拙で短絡的であるために、多くの市民の心にパッションとして響かない。市民の心を奮い立たせるプラスαの発想がないせいで、せっかくの貴重なエナジーが雲散霧消してしまっている気がするんですのよね。
     東村山市民の大多数を占めるのは、無関心派の東村山あーあヤんなっちゃった同盟のみなさんなんですけどね。そのみなさんだって生まれた時から、引っ越してきた時から無関心だったということはあり得ません。いったい、いつ、どこで、どのように無関心になってしまったのかを、徹底的に検証してみる必要があるんじゃござんせんかしらね。

    tomte003.jpg

     つーことで、ココイラで東村山がどーしてダメダメポンコツ都市なのかという核心に触れていきたいと思うんでございますけどね。ヤッパどーしても1番目は、「固定観念に裏打ちされた思考スケールの矮小さ」ということになるのではないかと思います。
     これはもう私が四半世紀東村山に住んでいてものすごく実感していることなんでございますが、東村山ってね、ナーンカ新しいことをイチから始めるのをとっても敬遠する傾向があるんでございましてね。想像力を超えたモノをちっとも見せてくれない町なのでありますよ。いちおー、いろんなことをやってるカタタチはいらっしゃるんだけど、考えがどこかセコハンでミニマムで、想像力を喚起してくれるような思考の広がりが感じられない。すべてが予定調和なもので満ちていて、固定観念の楽園とゆーか既成概念の坩堝とゆーか、東村山をイチから変えていくんだという覇気が伝わってこないのでありますよ。
     「それでもいいじゃん」というご意見もあるにはあるとは思いますけど、三島由紀夫の言葉を借りれば、「それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐる」のでありましてね。決して大げさなのではなく、私は東村山がこのままだと死んでも死に切れないんだっちゅーのっ。

    tomte004.jpg

     続いて2番目は、当ブログをお読みいただいているカタには先刻御承知の「リアクションを起こしてもらえるような独創的発想の欠如」なんでありますよ。
     いったい、東村山には進取の気象といふものがあるのだらうかと。しぃかぁもぉ踏んだり蹴ったりなことに、ヤルことナスことに独創性さえもがほとんどない。たいていヨソの町の二番煎じ、三番煎じ、中には百何十番煎じなものもあるというテイタラクなんでございましてね。誰にも文句を言われないキトキトに新しいことや、誰もが驚いちゃう独創的なことを実行できれば、いろんな人たちの琴線にビンビン触れてエナジーの伝播につながって、もっともっと新しい人たちも巻き込むことができるし、市外の人たちにもアピールできると思うのにソレをやらない。何かにつけて無難な方向へ無難な方向へとベクトルがズレていくから、「個」の主張を失ってどんどん訴求力を失っていくのであります、だっふんだぁ。
     ま、コレは「思考スケールの矮小さ」と表裏一体の関係なんだと思いますけど、何かにつけて東村山の人たちって、なんでんかんでん東村山という狭い枠の中に押し込めようとする傾向があるんですのよね。思考がタコツボ状態になっていて、せっかくのエナジーも内部で不完全燃焼を繰り返すばっかりだから、斬新な発想がちっとも出てこないんでありましてね。

    tomte005.jpg

     3番目は、「イノベーションを起こすための法則を無視し続けていること」であります。
     町おこしとか地域活性化つーよーなものは、シナジーの日本語訳が「相乗効果」であるように、相乗、つまり、ありとあらゆるさまざまな手法を駆使して、多角的に集中的に連続的に総合戦略的なコペルニクス的全面転回でスピード感をもって一気呵成にやることで、市民のあいだにバチバチと音が出るような化学反応が起きることがその最大目標なんでございますけどね。どーもなんでげすな、東村山の場合は何と申しましょうか、『きんぎょのおひるね大作戦』とでも申しましょうかしらね。いちおーいろんなコンテンツは揃っているにもかかわらず、「何かやっとけば東村山が盛り上がるだろう」という希望的観測だけで突っ走るから、やってることがみんなバラバラで、ものすごくワケのワッカラナイ、ビシッとした整合性の感じられない町になっちゃってるんですのよね。
     東村山が「笛吹けど躍らず都市」であることにはドナタ様もご異論はないと思いますけど、そーなっちゃってる最大の原因は、やっぱ「どーせ東村山なんてつまらないもん」というイメージが、何10年かかって市民のあいだに定着しちゃった結果だと思うんでありましてね。ソレを覆すのは並大抵のことじゃありゃせんのじゃテッ。

    tomte006.jpg

     4番目は、「将来や課題について徹底的に議論する場がないこと」なんでございましてね。
     いやいや、市民討議会や東村山版株主総会やワカモノ会議でもちゃんと議論はしてますヨッと市長はおっしゃるかも知れませんけどぉ、実際はね、そのほとんどが懐中じるこ方式の短時間の即席討論会だしぃ、フリーダムな議論が展開されているケースは皆無に等しいんでありましてね。
     とっても残念なのは、FacebookやTwitterではたまーにトンデモナク鋭い問題提起がされていることがあるんですけどね。ほとんどの場合、「いいね!」やリツイートがされるだけで情報の洪水に呑み込まれていってしまうこと。もちろん、基本的人権を害するような攻撃はダメですけど、少なくともイベントの内容についてぐらいは問題点を指摘しあっても何の問題もないと思うのに、コミュニケーション円滑の保持を理由にスルーされてしまう。私の周囲の辛口中高年軍団からは、一部のイベントについて「いつまでも補助金目当ての思い出づくりをやってるんぢゃねいっ!!」という声が何度も挙がってたりするワケですが、私の知る限りではかつてこの問題について徹底的な議論がなされたことさえございやせん。
     やっぱり基本は「万機公論に決すべし」であるべきなんだから、議論にタブーを持ち込んでなかったことにするのは、自分で自分の首を絞めることになりかねないと思うんですけどねーっ。

    tomte007.jpg

     5番目は、「効果的な情報発信メディアが1つも存在しないこと」なんでありましてね。
     いや、そもそもね。東村山ってホントに情報網がウチの会社の事務所の配線コードみたいにごんぐらかってる異常な町なんでございましてね。ネットで調べたって通りいっぺんのことしか出てこないし、市報には読み応えのある記事がほとんどないし、まいぷれ東村山市は「東村山市からのお知らせ」ばっかりで頭にきちゃうし、Facebook東村山会は告知だらけだし、人物について詳しく調べようと思っても所属団体や役職名が出てくるばっかりで万事休すだし、データベース的なモノが市役所の情報コーナーと中央図書館の地域資料コーナーぐらいにしかないから、ただでさえイチイチ足を運ばなきゃならないってぇのに、重要資料は持ち出し禁止だから書き写すかコピーしなくちゃなんないだっつーのっ。
     何よりも困っちゃうのが、人物のブロフィールや相関関係が極めてわかりづらいこと。私のような地縁的関係を持たない闖入者にとっては、もーちょっと、市長以外の東村山を動かしている人たちがどういう人かってことが見えてこないと、興味が湧かないし親近感も持てないんでありましてね。紙媒体はお金がかかると言うんだったら、せめてね、Web版インタビューマガジンや、イベントだけでも総合的に網羅している情報サイトぐらいはあって欲しいんですけどねーっ。

    tomte008.jpg

     6番目は、「さまざまなジャンルの人々を巻き込むような体制ができていないこと」。
     町づくりや地域活性化のキーワードとしてよく使われる「異なる才能のかけ算でイノベーションが生まれる」という言葉がありますが、まさにその通りなんでありましてね。しかし、残念ながら東村山にはまだイノベーションが生まれた気配はありません。今や東村山にとって記念碑的と言えるイベント「まちジャム」でさえ、キビシーことを言うようですが、雰囲気を高める芳香剤としての役割は果たしていても、イノベーションを起こす起爆剤としての役割は果たしていないのでありましてね。
     私は決して交友関係が広いほうではありませんが、それでも、「東村山に住んでいるから何らかの地域活動に関わってはみたいと思うけど、既存の団体やイベントには食指を動かされるようなものがないんですよね」という人を何人も知っています。なぜ、そうした人たちを巻き込むことができていないのかを、もっともっと切実に考えるべきであるように思うのでありますよ。
     東村山はもっともっと貪欲であっていいんだし、もっともっと積極的に市民にアプローチをしてもいいはずなのに、やはり自己肯定感が持てていないせいかどこか消極的なんでありましてね。ついつい「なーんでそーなるのっ!!」と言いたくなってくるんですのよねーっ。

    tomte009.jpg

     7番目は、「一部の組織・団体に垣間見られるアナクロニズムの蔓延」なんでありましてね。
     東村山市には、町おこしや地域活性化に関わるさまざまな組織・団体があるんでございましてね。ま、私もすべてについて知ってるワケじゃありませんけれど、「なんで30年前とおんなじ時代錯誤なことをやっとるんじゃぁぁぁーっ!!」とゆーのがとっても多いんでございましてね。詳しく書いてると長くなっちゃいますから割愛しますけど、「屁の突っ張りにもならない説明は要らないんだっつーのっ!!」「事前に資料を配付しとけばそれで済んだんじゃね?」「コレって全員いる必要あるの?」「それが目的だと手段は違うんでねぇの?」「こぉんなお通夜みたいな会議でアイデアなんか出るかいっ!!」ぬわぁーんてのがホントに多いんですのよね。
     だいたい、組織つーものは、油断しているとすぐに硬直化&形骸化いたします。いちばん肝心なのが適材適所、つまり御神輿に誰を乗せるかという人事なんでございますけど、主要団体の役員にはたいてい錚々たるお歴々が納まっていらっしゃる。ボランティアだから天下りにはならないと思いますけどぉ、そのお歴々のお1人が、アチコチに顔を出しては大昔の自慢話とパワハラまがいの小言をつぶやいては引っかき回しているとゆー噂は、ムラでは特に有名なんでありましてぇ、ソンナンじゃいつまで経っても東村山は進歩なんかできないんだっつーのっ。

    tomte010.jpg

     8番目は、「内部でしか通用しないモラトリアムな聖域を作ってしまっていること」。
     これは別名「アマチュアリズムの落とし穴」とも言われる課題でありましてね。カンタンに言えば、「私たちは決してブロではないのだから、それぞれが自由にやりたいことをやって、仲間内だけで楽しめればそれでいいじゃん」ということなんですけどね。でも、自分たちが面白がることにどんなに達者でも、他人を面白がらせるチカラがなければ、競争原理が働かないから東村山は永遠にナマヌル解放区になっちまうんだってばヨッ。
     特に主要イベントの場合は、既定路線として年中行事のように定着してしまっているワケですけど、主催団体に既得権益が生じているとは言えないまでも、それに準じた独占的優位性が生じているのは事実なんでありましてね。公的補助金も投入されているという関係上、せめて1つぐらいはコンペ方式で開催団体を決めるとか、一般市民も自由に評価したり運営に参画できるシステムがあれば、もーちょっとナントカなると思うんですけどねーっ。
     モラトリアムな壁を壊して、付加価値を相互に高めあう理想的な環境づくりができないと、市民1人1人がせっかく持っているはずの可能性としての伸びしろを無視することになって、非常にモッタイナイ気がするんですのよねーっ。

    tomte011.jpg

     9番目は、「誰1人として東村山のグランドデザインを描けていないこと」。
     ま、そぉんなヨウナモノはね、市役所の管轄部署がチョロッと出したりはしてるんですけどね。ソレじゃダメなんですのよね。だってぇ、ただでさえ東村山と聞くとウズウズしちゃう、わずかな魅力でも針小棒大に解釈して褒め殺しして下さる天然記念物のようなカタたちの視点で作ってるんですのよね。ンナンじゃ、もーどーでもいいのさ東村山死ね死ね団のみなさんのハートは掴めないんだっちゅーのっ。
     グランドデザインを作るつーのは、わかりやすく言えばテーマパークのイメージ展開図を作るようなもんだと思いますけど、パーツの模型をただ箱庭に並べたような代物じゃ訴求力が生まれないのでありますよ。東村山の歴史や文化について徹底的に分析した上で、何をどうすれば魅力として伝わるのか、興味を持ってもらうためには何が足りないのか、他のコンテンツとの関連性をどう持たせるか、大きな魅力だけではなく小さな魅力についても考慮して、イメージの空洞ができてしまう場合にはストーリーを付け加え、わかりにくい部分については飛躍的な装飾を加えるというような、想像力をかき立てるための死に物狂いの工夫が必要なんでありましてね。それができなければいっそのこと活性化なんて諦めるべきじゃあーりませんかしらね。

    tomte012.jpg

     そして、いよいよ最後の10番目は、「共同体感覚を高める多次的コミュニケーションを実践できていないこと」。
     人間にとってコミュニケーションがいかに重大かは言うまでもありませんが、実はこのコミュニケーションというのが曲者なんでありましてね。町づくりや地域活性化が画策される場合、どうしても「会合に実際に参加できる人」の意向が優先される傾向があります。でも、本当はその陰には、住んではいるけど知ったこっちゃない東村山居留民団の人たちがおびただしいほどいるんでございましてね。結果的にその人たちの意向は無視され続けることになっちゃってたりなんかしませんかしらね。
     前出の心理学者のアドラーも、「人間にとっていちばん重要なのはコミュニケーションを媒介とした『共同体感覚』である」と言っていますが、ただでさえ現代社会は、小集団だけが乱立する「小衆社会」とも呼ばれていて、「共同体感覚」を高めることがどんどんむずかしくなっています。今、東村山に最も求められているのは、実際に会って話をするという1次的コミュニケーションの壁を超えた、多次的コミュニケーションで未来を切り拓くことであり、それができなければ、誰がどんなにガンバったところでしょせんは「一部の人たちだけがつくる一部の人たちだけの東村山」になっちまうんじゃないかと思うんでござるよ。

    tomte013.jpg

     ま、要するに、『しろいうさぎとくろいうさぎ』をちょっとアレンジして言えば、「ねえ、そのこと、もっといっしょうけんめいにかんがえてごらんなさいよ」ということなんでありましてね。偉そうなこと言ってんぢゃねいっ!!とゆーご意見も当然あるんだと思いますが、やっぱり私はどう考えてみても、東村山の現在の状況の延長線上には、笑顔があふれているような明るい未来は見えないんでございましてね。このままでは、全国に何百、何千とあるヘナチョコ地方都市と同じ道を歩んでいくのではないかと。だったら、東村山がもう1ランク上のステージをめざして一斉に底上げして、他市に先んじて革命的なイノベーションを起こしたっていいじゃないかと思うんですけどねーっ。
     ハッキリ言って、東村山には現状のままでは飛躍できない本質的欠陥があります。相変わらず一部の人々だけが脳天気に盛り上がっている、たまーに新聞の地方版やニュースの穴埋めソースとしてマスコミに採り上げてもらえるだけの、書き割り建築のような、昼行灯のような、ほぼ当事者の自己満足にしかなっていない恥ずかしい現状のままで、いつまでも燃料ギリギリの低空飛行を続けるのか。それとも、もっともっと違った理想やベクトルを持つさまざまな人を巻き込んで、固定観念や既成概念にとらわれることのない本当の意味でコンテンポラリーな都市をめざすのか。東村山市は今、50数年の歴史の中でミゾユーの正念場に立たされていると考えるのは果たして私だけなのでありまショーカッ。

    tomte014.jpg

     誰かに「どちらにお住まいですか?」と聞かれて「東村山市です」と答えた時に、あなたの心に去来しているのは掛け値なしの誇らしさでしょうか、それとも、ヒジョーにビミョーで複雑な「東村山ですみません」という気持ちの混じった焦れったさでしょうか。「東村山です」と答えた時に、「えーっ!! あの、今、飛ぶ鳥を落とす勢いの東村山ぁぁぁっ?」と驚いてもらいたいと、ちょっとだけ思ったことはありませんか?
     このブログで前にもご紹介したことがありますけど、大本教の出口王仁三郎が主張した『雛形理論』というものがあります。もちろん、その根底にあるのはオカルティズムだから、私も諸手を上げて賛成するワケではありません。でーもね、どんなにテクノロジー万能の現代社会であるとはいえ、たとえ取るに足らないささやかなことであっても、そこに真実のカケラが含まれてさえいるならば、ホカの何かと少しずつ共鳴しあってシンクロニシティ(共時性)を生むのではないかという幻想は、むしろ持ち続けなければならないと私は思うのでありましてね。
     今までとは違ったアプローチの仕方で、これまでにはいなかった新しいジャンルの人たちのモチベーションを喚起し、誰にも真似のできない独自のパースベクティブを持つことができれば、明日にでも東村山は変わることができるかもしれない。そんなことを考えながらダメダメポンコツ老人の私は、棺桶に突っ込んだまま抜けなくなった片足を抜こうとしてモガいてるのであります。
     んー、てゆーか、今更ながらとっくに長文警報発令中なのでございましたーっ。

    tomte015.jpg

    【画像拝借サイト様】
    ★トムテブログ

    http://ameblo.jp/cafetomte/


    スポンサーサイト
    |08-10|ヘダラコメント(1)TOP↑
    【訂正とお詫び】
     本投稿記事内において、主旨について誤解を招きかねない部分がありました。
     よって、当該部分を削除させていただきます。
     関係者各所の皆様には心よりお詫びを申し上げます。
                                     加悦由季
    _____________________________________________________________________________________________________

     昔、五代目立川談志が、噺の枕でよく「大衆っていうのは馬鹿なんだから、マトモな奴が受かるわきゃないよ」とフッていたけれども、結局、徒党を組んだモン勝ちみたいな話だ。絵に描いた餅のような観念的なことしか言わなかったり、内容がほとんどアレオレ詐欺だったり、憲法9条しか眼中になかったりしていても、ゴソッと票をカッサラっていくのである。
     だいたい、現在の選挙制度は無所属候補にとってあまりにも不利な仕掛けになっている。どんなにすばらしいマニフェストも、選挙公報以外の情報が入手困難な区市町村単位のミクロ選挙では魅力にはなりにくい。せっかくネット選挙が解禁になっても、公平な判断材料になり得るような統合的なサイトが存在しなければ焼け石に水だ。
     つーかね、アタシらが子どもの頃には投票率が優に70%を超えていたのが、いつの間にか50%を切ったりなんかしている。コレね、要するに税金は納めているけど参政権を行使していない、ということは在日外国人、てゆーか、もうほとんど宇宙人に近いような気がするのである。日本はすでに宇宙人に占領されているといってもイイ話なんじゃないかと思う。
     そもそも、政治というものはどこかおかしい。だいたい、安倍内閣の支持率が46%、不支持率が32%とかユッているけれども、その併せて78%の人たちが全員選挙に行っていたら投票率がこんなに低いワケがない。支持・不支持を明確にしながら投票には行かない国民とはいったい何者なのだろうか。
     ブッちゃけた話、ほとんどの有権者は投票する候補者をテキトーに決めているんだと思う。政策や過去の活動をつぶさに比較検討することはなく、浪花節的に心情が傾く候補者を無意識のうちに選んでいる。でも、それじゃダメだ!!と言い出すと民主主義ではなくなってしまうおそれがある。何を基準に選ぶかを強制はできない。そもそも、政治というのは未来を希望観測的にドガチャガするものだから、このベクトルがいちばん正しいとは誰にも言えるものではない。
     大阪都構想はオシャカになったが、矢面に立ってまでも改革を断行しようとした橋下徹という人の心意気は評価するべきだと思う。都構想の是非は私にはわからないけれども、変えることから始めなければ人類は進歩もできないじゃないかという気持ちは私にも痛いほどわかる。失敗したってそれを教訓にやり直せばいいのだ。
     世の中に政治ほど民心の総意とかけ離れていると始末に負えないものはない。投票率の低下は、選挙カーでの名前の連呼に代表される、選挙運動の時代錯誤ぶりと大きく関わっている。変えることができなければさらに時代遅れになって民衆に見放されるばかりだ。もうすでに投票率が50%を切った時点で選挙は無効にしてもいいように思う。
     票につながると見るやホイホイと馳せ参じるが、票につながらないことには馬耳東風の議員の存在がよく云々されるけれども、選挙に落ちればタダの人なのだから盗人にも三分の理である。
     ドッチにしても、アンタが応援した2人は当選したんだからそれでいいんでないのぉと言われればそうなのだけれども、なまじ選挙運動に関わったばっかりに、冥利の悪い思いをしている今日この頃なのである。

    うんこアイコン002

    東村山市に感じるイメージ
    ↑この画像はクリックすると拡大表示されます

     東村山ユーウツ円舞曲第2番は、今年3月に東村山市経営政策部都市マーケティング課が発表した、昨年実施された『東村山市認知度アンケート』並びに『東村山市転入転出アンケート調査』の報告書である。
     なかんずく注目すべきは前者の18ページに載っている『東村山市に感じるイメージ』だ。
     「都会的」が「-0.77」ポイントなのは自然環境の良さの裏返しだから仕方がないとして、「洗練されている」が「-0.66」ポイントなのにはアラタメテ驚いた。ひっくるめて言えば、東村山市は「致命的にダサくて」「滅びつつある」「死んだ魚の目のような」「時代錯誤の」「行く価値のある店もない」「ちっとも面白そうでない」「非人情な人間ばかりが住んでいる」まちなのである。
     ふーん、やっぱりそぉなのかぁなどと安心してはいられない。これはもう、もう1人の自分に啓示された宣戦布告と思うべきである。そうでないと東村山はマゾヒストの町になってしまう。
     ハッキリ言って、東村山がイマイチ発展できない最大の要因は、思考がタコツボ状態で自己完結しているせいだ。玉子の殻の内側にだけみんなで好きな絵を描いているようなもので、何もかもが井の中の蛙の宴会みたいになって終わってしまう。そこには、どう伝えれば外部の人たちに興味を持って捉えてもらえるかというプレゼンテーションの発想がない。
     さらに、最初に出たアイデアのインパクトに頼りすぎていることも発展を阻止している原因だろう。アイデアというのは素材に過ぎないから、うまく組み合わせて調理して提供しなければおいしく食べてももらえない。次はどうなる?次はどうなる?という、想像力によって期待感を高めてもらえるようなものでなければ、心にグサッと刺さらないからいつまで経ってもエナジーが集約されることがない。そこには何かキラッと光る魅力がなければならない。
     渡部尚東村山市長は、今回も「バージョンアップ!東村山」を提唱して市長選に臨んだ。ほぼ同年代ということもあって、私は渡部市長を応援しているし、その方向性も間違いのないものだと思っている。ただ、この人、邪心がないから敵を作らない代わりに、優等生すぎて強力な味方を作れていない気もするのが正直なところだ。
     それはともかく、これまで渡部市長は、独自のプランをさまざまに掲げてきた。市財政の健全化を着々と進めてきた実績には拍手を送りたいが、悲しいかな、スローガンとして掲げている「みんなで創るみんなの東村山」が実現したという実感は私たち市民にはまるでない。それは、理論的には共感できても、心情的に共感できる部分があまりにも少ないからだ。最初から市長という立場を意識しすぎているから、行政と民間のあいだの壁をブッ壊すだけのパワーがない。
     もちろん、東村山停滞の責任を渡部市長にすべて負わせるつもりは毛頭ない。そもそも、東村山は「笛吹けども踊らず」都市だ。居住地域への帰属意識を持たない人が増えているのは東村山に限ったことではないだろうけれども、15万人もの市民がいるのが信じられないほど、何をやっても感度が悪い。この総デジタル化の時代に、いまだに四球スーパーのラジオで聴いているほどに感度が悪い。
     1つにはそれは、情報発信のやり方がおざなりであることとも密接にかかわっている。東村山にはさまざまな組織・団体があって、公式サイトはもちろん、facebookやtwitter、ブログや広報紙で情報発信しているところも決して少なくはないのだが、通りいっぺんの情報を申し訳程度に公開しているだけだから、特に引っ越してきたばかりの宇宙人たちの目にはクソ面白くもないモノとして映っているに違いない。
     宇宙人たちにも注目してもらうためには、ありきたりの情報発信をやっているだけでは敬遠されるばかりだ。何しろ相手は宇宙人なのだから、ムラの手前味噌の論理を持ち出しても通じる相手ではない。彼らと共生したいのだったら、彼らの気持ちに直結する度肝を抜くような仕掛けを考えなければならない。そのことに私たちもそろそろ気付いてもいいのではないだろうか。
     東村山の真の活性化のためにはいったい何が必要なのか。
     たぶん、今夜もどこかの酒場では、東村山の将来について熱く語られているだろう。ただ、その場にいなければ内容については知るすべもない。どこかにそういう情報を集約して、バラバラの各論ではなくて体系的に総括するような場がないと、いつまで経っても現実化を伴わない不毛な夢が語られるばかりで、東村山を変えるシナジーは生まれないように思う。
     東村山市が、「洗練されている」はドダイ無理だとしても、「発展している」「まちに活気がある」「新しい取り組みをしている」「面白そうだ」という項目でプラスのポイントを得られる日は果たしてやってくるのだろうか。

    うんこアイコン002

    img180.jpg

     東村山ユーウツ狂詩曲第3番は、5月30日(土)にロードショー公開される映画『あん』である。
     えーっ、でもぉ、主要ロケ地ということで注目もされてるんだから、ちっともユーウツってことはないんじゃないのぉ!? イヤイヤ、甘い甘い。東村山というのは、ちょっとでも油断して期待しちゃったりなんかするとエライ目に遭う町なのである。
     ソコのところは、facebook〈映画「あん」私設宣伝部〉の管理人、薄井政美氏もちゃーんとわかってらっしゃっていて、数日前、いなげや東村山市役所前店に向かう途中でバッタリ会った時に、「『あん』は盛り上がってるじゃないですか!!」と言ったら、「いやぁ、でも、ネットだけじゃダメなんですよね」とおっしゃっていた。
     ロケ隊のスタッフルーム的役割を担った久米川の「みっちゃんち」で〈ご当地映画『あん』PR戦略会議〉か発足し、そこから生まれた〈映画「あん」私設宣伝部〉の活動には、組織の範疇を超えたさまざまな人たちが個人的に協力してくれていて、配給会社と市を巻き込んでの市民割引制度の創設、ポスター貼り大作戦、図書館・書店での特設コーナーの開設、「塩どら焼き」の試作などの話題も満載で、ネット上で予想外の快進撃を続けている。
     とにかく、映画の主要ロケ地になったということは、テレビのバラエティ番組でチョロッと紹介されたという程度のこととは別格の話だ。映画が評価されて名作として語り継がれてゆくことになれば、東村山で撮られた映像も映画史に残ることになる。私はまだ観ていないのでなんとも言えないのだが、東村山にとって千載一遇のチャンスであることは間違いない。
     てゆーか、この『あん』という映画、いろんな意味でいろんな人たちの正念場になっているのも事実なのだ。
     まず、華々しい受賞歴でマスコミ頻出度の高い河瀨直美監督だが、実は映画館での観客動員数となると決して大盛況ではない。取材やイベントは数多くこなしてもギャラの単価が安いし、テレビ放映の契約料やDVDの著作権で糊口を凌ぐしかないのが昨今だ。ここらあたりでドーンと映画がヒットしてもらわないと、「客を呼べない監督」のレッテルが余計強力に貼り付いてしまう。
     徳江を演じる樹木希林は周知の通り、放射線治療でがん細胞と戦い続けている闘病患者である。ご当人も「どの役も遺作になるかもしれないと思って演じている」と言っていて、ソレナリの覚悟はしているようだが、やはり心のどこかには晩節を穢さずに逝きたいという思いがあるに違いない。『あん』の大ヒットは、この稀代の個性派女優にすばらしい花道を用意してくれるかもしれない。
     原作者であるドリアン助川は、いったんは『叫ぶ詩人の会』の代表として注目を浴びたものの、その後の人生はブレーキの壊れたジェットコースターのようなものだった。それがやっと小説『あん』の成功でブレーキがかかり、久しぶりに世間の注目を浴びるようになった。大手出版社にはケンもホロロな扱いを受けたというトラウマも、映画『あん』のヒットで払拭できるかもしれないのだ。
     千太郎役の永瀬正敏は、1983年に映画『ションベンライダー』でデビュー以来、日本映画界の寵児として話題作に次々と出演。しかし、2004年に小泉今日子と離婚して以来、アンデンティティを失って迷走しているかのように俳優としての活動は失速している。徹底的に仕事を選ぶことで知られる永瀬が相当に入れ込んだ映画『あん』がヒットしなければ、キョンキョンの元ダンという扱いはさらに続くだろう。
     映画『あん』の配給元であるエレファントハウスは、2013年に設立されたばかりの、映像・出版・音楽・イベントなどを手がける多分野エンタテインメント企業。これまで、イベント関連の映画を配給したことはあるが、単体での本格的な劇場用映画の配給は『あん』が初めてとなる。まさに社運を賭けた大プロジェクトでもあるわけだ。『あん』がヒットすれば、次回作のプロデュースワークも円滑に進むはずだ。
     そして、最後に東村山である。もーこーなったらね、他人のフンドシでも棚からボタ餅でも二階から目薬でもなんでもいいから、利用できるものはトコトン利用してナントカ浮上しないと、「まちに活気がある」とは永遠に思ってもらえない気がする。映画『あん』にまで見放されたとあっちゃ、ニミッツ、マッカーサーじゃないが、出てこなくても勝手に地獄に逆落としである。カンダタと同じで2度と血の池地獄からは這い上がれないかもしれない。
     ところで、『あん』は小説にも映画にも、その中に「東村山」という単語は1度も出てこない。特に映画の場合は、製作発表の段階では原作がハンセン病国立療養所多磨全生園をモデルとして書かれていることや、東村山が主要ロケ地であることを積極的に公開してこなかった。それは製作サイドの深謀遠慮の配慮で、全生園と東村山との関連を特定されることを避けたのだそうだ。確かに製作サイドの心情もわかるし、今でも偏見や差別は決してなくなっていないのだろうけれども、腫れ物にさわるようにしてタブー視するのがいちばんいけないような気がする。
     ドリアン助川がそのあたりをどう考えていたのかはわからないが、おそらく彼は、ハンセン病の暗くて哀しい歴史を踏まえつつも、あくまでフィクションとして描きたかったのだろう。そうでないと『あん』のポエジーが途端に説教臭くなってしまうからだ。ポエジーになったおかげで、東村山がシャチホコ張った負の歴史の呪縛から解放されて、誰もが拒否反応なしでハンセン病の歴史と向き合える物語になった。せめてこの事実についてだけは、私たち洗練されていない東村山市民は『あん』から学ばなければならない。
     もうまもなく公開される映画のおがけで、ムラのネット社会はしばらく『あん』フィーバー状態になるだろう。それは東村山にとって非常にイイいい刺激になるし、市民にとっても喜ばしいことだと思う。でも、単なるお祭り騒ぎで終わってしまえば、またもやお得意の尻切れトンボで元の木阿弥だ。あーヨカッタで満足してしまえば例によって単発花火で終わってしまう。東村山はもっともっと貪欲であっていいのだと思う。
     いや、しかし、やっぱりホントはね。たまたま東村山で撮影された映画に便乗するんじゃなくて、インパクトと独創性のあるコンテンツがあればそれに越したことはないのだけれど、どーもなんでげすな、余命イクバクもないジィさんにとっては夢の又夢なのでありましょうナァ。
     東村山の夜明けはまだまだずっとずっと遠い遠い先のような気がしてユーウツなのである。

    「うんこだらけのフリー素材」バナー


    |05-24|ヘダラコメント(0)TOP↑
    東村山村非公式キャラクター「たかっしー」

     とゆーよーなワケでございまして、いったいぜんたい東村山はこれからどーなっていくんだロート製薬、なーんか考えれば考えるほどね、だんだんよくわかんなくなってくるんですのよね。チョット前までダーレかさんがおっしゃってた「バージョンアップ」なんてね、とっくの昔に夢のまた夢になってやしませんかしらね。
     ま、私の脳味噌は、エンタープライズの乗組員だったらMr.Spockに朝から晩まで引っぱたかれそうなくらい非論理的ですから、ドコをドーしたらいいかなんて頓服の処方箋なんか書けやしませんけどね、ナーンカ東村山に長く住めば住むほどね、ちっちゃな絶望感みたいなのが溜まりに溜まって心のウサの捨て所がなくなっちゃう一方で、市民としてのモチベーションのほうは日に日に下がっていってる感じがするんですのよね。
     驚いたことに、私は東村山に住んで20年以上経つんでございますけどね。もーね、ウカウカしてたらコンナンなっちゃったんですのよね。この無駄に過ごした20年をいったいどーしてくれるんかいなと、誰に言うともなしにブツブツつぶやいてる毎日なんでございますけどね。

    世界のまゆげ犬001

     それはさておき、私はこの20年、いわゆるムラの集まりとか会合とかゆーモノにほとんど参加してきませんでした。ナーンデカッて言えば、やっぱ七面倒クサイことには首を突っ込みたくなかったからなんですわね。
     つーかね、あんまりムラのみなさんと仲良くなっちゃうってぇと、ブログやなんかでね、いざ来いニミッツ、マッカーサー、出てくりゃ地獄へ逆落としぃみたいなぁことを言えなくなっちゃうんじゃないかとゆー懸念もあったワケですけどね。
     それが、八丈島のキョンなことから、アチコチの会合にも顔を出すようになりました。気分はバカ殿の民情視察?みたいなもんですけど、その実態はね、アワヨクバ我が社の商売繁盛にリンクしないかしらとゆー、自然破壊で山の中に食べ物がなくなって出てきた熊さん八っつぁんタヌキさんといっちょん変わらんのでございましてね。ホーントね、トカイナカの零細ミジンコ企業にとっては、アベノミクスなんてカニ星雲の爆発ぐらいに無縁なんですのよねーっ。

    世界のまゆげ犬002

     てなワケで、私は改めてアチコチのムラの会合に参加さしていただいたりなんかしたワケですけどね。んー、正直に言えば改めて頭を抱えちゃったようなところがありましてね。その理由を言ったんさいと言われりゃあね、ヤッパ理想と現実の乖離つーことになると思うんですけどね。
     ついこないだの大東亜戦争なんかでもね、「点と線の支配だけに留まった旧日本陸軍」なんて散々言われてるわけですけどね。なーんかね、今の東村山もおんなじ閉塞状態だっていう気がするんですのよね。もちろん、ムラの会合は負け続けでヤメらんなくなっちゃったパクチではないしぃ、東村山にはヒットラーもスターリンもいないし、空襲されることも原爆を落とされることもないんですけどね。
     んでもね、やっぱヒトコトで言えばアンですのよね。実りない日々のからまわりちぃますかしらね。ま、区市町村民に離反されて主体性を持てなくなってる自治体は日本には腐るほどあるんでしょうけど、東村山村の現状に鑑みましてもね、非常の措置を以て時局を収拾せんと欲してイタダカないとね、もーどーにもならなくなってる気がするんですのよね。

    世界のまゆげ犬003

     モチのロンね、私は決して東村山がおバカの巣窟だと言ってるんではナイんでございますのヨッ。むしろ、いろんな人たちにお会いすることで、私は東村山にもココロザシを持った賢明なカタが何人もいらっしゃることを実感いたしました。いつの時代だってどこの地域だって人材はちゃーんといるっつー感じですかしらね。
     んだからしてぇ、そのカタタチが東村山改革に傾注なさってるエナジーの総量というのはモノスゴイもんだと思うんですけどね。ハッキリ言っちゃうってぇとね、そのエナジーが大多数の東村山市民にはほとんど届かないで、福島原発の汚染水とおんなじでドッカでダダ漏れしちゃってる感じがするんですのよね。
     そりゃね、ニーズの多様化だとか、行政や政治に対する不信感だとか、自分の周りにバカの壁を立てまわす風潮だとか、地元の活性化をさえぎる障害物は目の前にテンコ盛りになってるとは思いますけどね、「押してもだめなら引いてみな」みたいなぁ、なーんかイマヒトツ発想の転換ができないもんかしらとも思っちゃうんですのよね。

    世界のまゆげ犬004

     これもムラの会合に出てみて思ったことなんですけどね。会合ごとに集まってくるミナサンの顔ぶれがね、ナーントナク偏って定番化してるのも気になるところでございましてね。別に仲が悪いワケじゃないんでしょうけどぉ、それでいったいベクトル合わせができるのかしらと思ったりなんかもするんですのよね。
     たとえばぁ、アニメについての研究会をやれば、アニメに興味のある人だけが集まっちゃうのは仕方がないとは思うんですけどね。それが好事家のサークルのままで終わっちゃうか、それとも、アニメを媒介とした地域の活性化につながる発展性を生み出せるかは、これはもう、バクチみたいなもんですけどね。それを許す風土を生み出すためには、アリキタリの討論をやっていたらダメですわね。
     んだどもよぉ、日本人つーのは、その場の空気つーものにモノスゴク弱いのと同時に、いったん汽車に乗っちゃうと目的地までナーンニモ考えなくなっちゃう傾向がございましてね。1人1人だととっても魅力的なのに、集団になっちゃうと途端に周りの目を気にしだして、アリキタリのマネッコしかやらなくなるんですのよね。

    世界のまゆげ犬005

     ソリャね、趣味のサークルだったらそれでもぜんぜん構わないんですけどね。いちおーね、町おこしだとか地域文化の振興だとかを標榜している以上はね、シロウトとしてだけではなく、クロウトとしての視点と戦略が必要不可欠だと思うんですけどね。どーもなんでげすな、理想論や共感意識に幻惑されて自己完結しちゃってる気がするんですのよね。
     ヤッパどうしても目に付いちゃうのは、対外的な情報戦略ちゅーよーな観点がとっても欠けてるトコですわね。なーんか仲間内だけでナンでもカンでも決めちゃうもんだから、よく言えば機能的モラトリアム、悪く言えば町内会ノリ、学園祭ノリで物事が進んじゃってやしないですかしらね。何をどう表現すればどう伝わるのかという他者の視点が欠けているとゆーか、なーんかね、何かにつけてハードルの高さを甘く設定しすぎてるような気がするんですのよね。
     たーだね、ンナコト言ったって実際シロウトなんだからそんなことできるかいっ!!というご意見も当然あると思うんですけどね。アタクシはそうは思わないんでございましてね。クロウトに町おこしなんかできるかいっ!!なんですのよね。だって、クロウトのやることはいつも計算ずくですけどね、新しい潮流というのはつねに計算外のシロウトの視点から生まれると思うからですわね。

    世界のまゆげ犬006

     東村山のシロウトのみなさん、特に各種のイベントにかかわっていらっしゃるミナサンのご苦労や寝食を忘れてると言っていいぐらいのご尽力のほどにはね、この万事テキトーな私でさえもが頭が下がる思いがしてるんですのよ。んでもね、ソレってひょっとして無駄骨になってやしませんかぁ?というのも、私の忸怩たる思いの一端なんでございましてね。
     やっぱ私が個人的にとっても思うのは、「共感」だけじゃダメなんだなぁということなんでございますのよね。確かに何かに共感できるってことはスンバラシイことですけどね。「うん、そーよね」「そうだよね」っていうことだけで終わっちゃうとね、せっかく開け放したドアをまた閉めちゃうことになると思うんですのよね。
     カンジンなのは共感した上でどういう新しい発想を生み出して、新しい価値を創出できるかどーかとゆーことでございまして、私たちが何らかの情報に最初に出会った時に、意識的にせよ無意識的にせよ探らずにいられないものこそコノ発想力でございましてね。人類の活動の原点は発想力にある言ってもいいくらいなんですのヨッ。アンにしても発想に新規性がないってぇとね、「あっ、そーか。そんなら行ってみよう!! やってみよう!!」つー訴求力が生まれないから、モチベーションもシナジーも高まらないんだっつーのっ。

    世界のまゆげ犬007

     アタシら市民1人1人には、いちおーライフスタイルつーものがありますから、どーしたって時間やお金や労力を遣り繰りしないことにはムラの会合やイベントには参加できないワケですけど、要は私たちがライフスタイルの一部を犠牲にしてもイイと思えるイベントが東村山にあるのかっつーとね、はなはだ心許無いんでございましてね。
     ましてや、私たちネット社会に毒された現代人つーのは、膨大な情報のなかから比較して取捨選択するワケですから、よっぽど魅力を感じることがなければ足を運ぶこともありません。昔、ド田舎出身の私の友人が、小学校の芸術鑑賞教室に人間ポンプのおじさんが来たって言ってましたけど、大昔だったらね、山の向こうの村で何かやるって聞いただけでワクワクドキドキしたもんだと思うんですのよね。それが、せっかく知っても「ふーん」としか思わなくなっちゃったのは、情報化社会かやらグローバル化やらのオカゲなんでございましょうね。
     それに、ほとんどのイベントの結果もネット上で配信されるから、行かなくても行ったような気なっちゃうんですのよね。つーか、議会や委員会の動画配信にしたってね、確かに情報公開ということでは意義がありますけど、現状のままじゃ「こぉんなサル芝居をやってるのか」てゆーのがわかっちゃって結局は諸刃の剣なんじゃござんせんかしらね。

    世界のまゆげ犬008

     だいたいね、アタシャ、ネット社会最大のデメリットと断言してイイと思うのが、整理されてない、またはアップされていない膨大な情報がなかったことにされて、一部の情報だけが1人歩きをすることだと思うんですけどね。早い話が、パソコンに触れる機会のないお年寄りにとっては、インターネットなんてブラックホールみたいなもんですしね。
     FacebookやTwitterにしてもね、アタシャ、閲覧だけは必死コイてやってますけどね、なーんかダマされてるような気がしてくるんでございましてね。ま、しょせんSNSってヤツぁ時系列の情報のブツ切れで、整理つーもんができない味噌糞いっしょのゴミ屋敷とおんなじですからっ、情報交換するオハナシ箱としてはどんなに便利でも、知らないうちに大切な課題をまた埋め戻しちゃうようなことになるんですのヨッ。
     もーね、この件に関してはココ!! この件に関してはココを見ればすぐにわかる!!とゆーよーな、スクラップブックのようなBOXをネットのドッカに作っていただいてね、それをモトにみんなで写真を入れたり編集したりして見やすくして、問題点も含めて公開していくようなしてもらわないとね、ニッチもサッチモいかないんだっちゅーのっ。

    世界のまゆげ犬009

     コレで私がね、みのもんたぐらいの資産家で、定年後の悠々自適の暮らしを送ってるってゆーんなら話はカンタンなんでございましてね。
     毎日アチコチに出かけてイロんな人たちを料亭にでもご招待してお話をウカガッて、人材に関する情報を公開して交流を促進してココロザシのある市民を大同団結して、東村山の現状が一目でわかる百科事典的サイトを立ち上げて、フリーペーパーでも作って全戸配布して、意見をスリ合わせながら東村山の未来像を明確にして、改革を促進するようなイベントをどんどんやって、ゆくゆくは日本から独立して東村山音頭を国歌にしただっふんだぁ帝国でも建国すると。
     すかっしぃ、ソレが無理だってぇことになるとね、ジミチィにジミチィにチンタラやってくしかないんですけどね。果たしてソンナンで東村山が変わるもんかいっとも思うんですのよね。何しろ、市民のおよそ3分の2が「これからも市内に住み続けたい」と思ってる割にはね、町内会や商店街はアチコチで崩壊しかかってるし、何かにつけて住民参加率が最低水準のムラなんですのよね。コレをどーにかしない限りはね、何を言ったってやったって絵に描いた餅になっちゃうんじゃござんせんかしらね。

    世界のまゆげ犬010

     ソイカラ、これもアタシャ、前々から思ってることですけどね。東村山にはね、シンボルとゆーかイチオシとゆーかインパクトとゆーか、創造力を生む核となるようなイメージがマルッキシないんですのよね。んだからっ、何をやっても中途半端になるんだっつーのっ。
     特定の問題の解決をめざすグループみたいなものは徐々にできてるし、創造性を発揮したイベント団体もできてはいるんですけどね、なーんかミンナね、東村山でヤル必然性がないとゆーか、最初から意義対象が東村山であることをスポイルしちゃってるとゆーか、「ソレ、東村山じゃなくてもいいじゃん」ってモノがトテツもなく多い気がするんですのよね。
     ま、その、代表的な例が「ひがっしー」でございましてね。カワユイとゆーだけで選んじゃったとゆーか、主体性も意志も感じられないとゆーか、東村山の未来を変えていくような肉付けを最初から拒否しているキャラですわよね。聞いたところによるってぇと、子どもたちの投票が集中して選ばれたそうですけど、東村山の未来を「ひがっしー」に託した子どもたちは、10年後、20年後の東村山の未来を本当に明るくしてくれるんでしょうかしらね。「ナニ言ってんの、オトナになったら東村山になんか住んでないよ」と言われたら私は死にたくなっちゃうんですけどね。

    世界のまゆげ犬011

     だいたいね、東村山市民はそれがアタリマエだと思ってるかもしれませんけどね。いわゆる現代文化ちぃますかしらね、特に芸術方面の文芸、美術、音楽、演劇、映画なんかの、想像力&創造力が要求されるアマチュア団体の数とか、コンサートや演劇の公演がおこなわれている集会施設の数とか、地元の情報を発信するローカルメディアの数とか、東村山に関するサイトの数だとかがね、人口比率からするとホントにマァ、文化の北朝鮮と言ってもいいぐらいに少ないんですのよねーっ。いや、まーだね、北朝鮮にはマスゲームだとか律動体操だとか軍事パレードだとか金正日花とかありますから、北朝鮮以下と言ってもいいんですけどね。
     もうコノ事実がね、すべてを物語ってるんじゃあーりませんかしらね。誰も東村山になんか期待してナイッつーのっ。
     でーもね、私も期待なんかはぜんぜんしてないんですけどね、奇跡をちょっとだけ信じてみようかしらとは思ってるんですのよね。この問題が山積している東村山がね、千に三つでも万が一でも盲亀の浮木でも優曇華の花でもいいから、全国1,700の市町村から「東村山の奇跡に学べ!!」とか言われるような夢をね、ま、実際は初夢にでも見ないで死んでいくのでありましょうけれどもね。それでも、宇宙のドッカに梅干しが生る木があるんじゃないかというぐらいの大いなる希望は持っていたいんですのよね。

    世界のまゆげ犬012

     それとやっぱりね、文化を創造するためには人間さえいりゃいいというワケではなくて、その土地が持っている空気というか風土というか、今日に至るまでの歴史との関わりのなかでの立ち位置というか、そういうことからインスピレーションを得て創造されるべきで、ぜんぜん無関係のものを作っても結局は馴染まない気もするんですのよね。何かってぇと「東村山の魅力」がどーとかっちぃますけどね、まだまだ私たちが実感できていない東村山の魅力はまだまだあるはずなんですのよね。
     もとより、東村山には下宅部遺跡があるっつーんだから遠く縄文時代から人が住んでたんだし、鎌倉街道も久米川古戦場もあるんだし、国宝の正福寺には幕末に勤皇の志士が隠れ住んでいたという話もあって、歴史と伝統に培われた気脈みたいなものが連綿と続いているはずで、たぶん、「東村山市『歴史とロマン』市民の会」や「東村山郷土研究会」のみなさんの活動もそのへんにつながってるんだと思うんですけどね。いかんせん、歴史や観光地を紹介するボランティアで終わっちゃってるから発展性がないんですのよね。
     21世紀になった途端に天に召されたトマス・インモース司祭は、それを日本の「深い泉」とおっしゃってましたけどね、どーもなんでげすな、東村山は東村山の「深い泉」をまだ掘り当ててないじゃござんせんかしらね。

    世界のまゆげ犬013

     あのね、話はちょっとオカルトになっちゃいますけど、中国に風水というものがございましてね。最近ご活躍の風水師・李家幽竹さんに言わせますとね、「約四千年前に中国で発祥した『気』の力を利用した環境学」なんつってますけど、そのなかに『龍脈』と『龍穴』というのあるんですのよ。龍脈というのは「大地の気の通り道」、龍穴というのは「気が集中して噴出しているパワースポット」のことなんですけどね。
     で、知り合いの風水師が言ってた話ですけどね。ま、地形的にね、東村山市にシッポがある狭山丘陵というのは、風水的には確実に龍脈を形成してるんだそうでして、つーことはね、狭山丘陵の北側には必ず龍穴が存在するんだと。それがどーもね、東村山の多摩湖町、廻田町、諏訪町、野口町のドッカにある可能性が高いんだそうでしてね。ただし、おそらくその真上に何らかの構造物があってフタをしている状態になっちゃってて、せっかくのパワーが封印されちゃってるってゆーんですのよね。
     驚いたことにね、風水の鑑定そのものは複雑でなかなかむずかしいんだけど、『龍穴』だけは土が尋常じゃない色に変化してるんで、土を数メートル掘っただけでシロウトでも簡単にわかるっていうんですのよね。これはもう、明日から「東村山を掘る会」でも作って、スコップとツルハシを持って行って掘りまくるしかありませんわね。東村山の龍穴を探し当てた人が、ロンギヌスの槍を抜いた勇士とおんなじようにその勇気と名誉を称えられてステージアップできるんだと。メデタシメデタシと。それ以外に東村山が現状を打開できる方法なんてありゃしませんわね。アーコリャコリャ。

    世界のまゆげ犬014

     で、アンの話でしたかしらね。ああそうだったわねぇ。あなたが二十、わたしが十七の時よ。いつも清元のお稽古から帰って来ると、あなたは竹谷の渡し場で待っていてくれたわねぇ。ねっ。
     話をドコまで戻していいんだかわかりませんけどぉ、あっ、そうそう、アレですわね。東村山にもココロザシを持ってるイカさんタコさんがたくさんいらっしゃると。んだけんども、やっぱそのエナジーが集約されて効果を上げてるなんてお世辞にも言えないと。
     なーんか右を向いても左を見ても、ヨソでやってたのが面白そうだからウチでもやろうよみたいなのバッカで、食指がブルブルブルッて震えちゃうような、知的好奇心が爆発しちゃうような新しいことがなーんでナイッんでございましょうかしらね。
     んま、確かにその一方でね、なーんか新しいことをやろうとするってぇと寄ってタカって邪魔をする何者かの影みたいのもチラチラしておりましてね。結局アァタね、なんでそーなるのっ!!つー二番煎じ三番煎じの狭山茶しか飲ましてもらえない日々だったりもするんだっつーのっ。
     アンでも2025年にゃあ東村山駅や周辺の踏切が高架化されるっちゅー話ですけどね、今のうちにそのあたりを視野に入れた東村山民心改造法案大綱でもコシラエとかないこっちゃね、結局アンダカナァの町のまんまで推移するしかないんじゃござんせんかしらね。

    世界のまゆげ犬015

     んじゃ、どーするんだとゆーことになるワケですけどね。
     アタシャ、最終的には「度肝を抜く」っていうことしかナイ気がするんですのよね。もーそれ以外のことは一切考えずにね。今まで誰もやらなかった東村山、誰も考え付かなかった東村山、誰も手を出さなかった東村山を創出させるしかないと思うんですのよね。大多数の無関心派市民の胸にもグサッと刺さるようなね、アッと驚くタメゴローな今日の出来事がないとね、明日もアサッテもジャマイカ精神の日々が続いて、将来に夢もチボーもなくなるんだっちゅーのっ。
     ヒッジョーにキビシーッことを言いますとね、「楽しかったぁ」「勉強になったわぁ」「たくさん人が来てくれてよかったねぇ」「サイコーだったわぁ」とかっていうのはね、単なる参加した人の個人的感想であって、東村山のドコをドー変えたかってこととは関係なかったりするんですのよね。おんなじ方向を向いてる人をただ集めるんじゃなくて、もーちょっとフレキシブルな展開はできないもんですかしらねぇ。例えは悪いですけどね、200キロ爆弾じゃ5人しか殺せなかったものが、1トン爆弾だと200人いっぺんに殺せたりもいたしますのヨッ。
     サァー皆んなそろって楽しく元気に度肝をぬきましょう!てぇことですわね。♪金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃも少し驚きが欲しいんだっつーのっ。

    世界のまゆげ犬016

    【画像拝借サイト様】
    ★DDN JAPAN「世界のまゆげ犬13選」
    ★らばQ「ものすごく表情豊かになった『まゆげ犬』たちの写真21枚」


    |11-09|ヘダラコメント(0)TOP↑
    “JAPA”なび 東京・東村山01

     あのね、ホントにね、見る気なんかちぃ~っともナカッタんでございますけどね、親の因果が子に報いィィィとでも申しましょうか、ツイツイ見ちゃうんですのよねーっ。
     ま、とにかく、NHKあさイチの4月4日(木)の『“JAPA”なび/東京・東村山』でございますですけどぉ、取り上げていただいた時間のタップリさ加減にまず驚きましたわね。もー、ソコまでして下さらなくてよろしいのにぃ、いえいえ、そんな、とんでもない、かえって恐縮ですわぁ、あらぁ、そぉですのぉ、まあ、いやだ、宅の主人もいつもね、そぉなんですのよぉ、やっぱりね、はいはい、よろしかったら今度またーっ、てな感じですわね。
     んー、でもぉ、アンですかしらね。確かに丹念な取材の結果ではあるんでしょうけど、アタマのここらへんにモヤモヤっとね。ブースカブースカね。あるんですのよね。

    “JAPA”なび 東京・東村山02

     するってぇと何かい? あさイチを見た感想はどぉだったかってぇのかい、おまいさん。
     うーん、そぉですわね、た・ぶ・ん、この番組を見た東村山市民じゃないみなさんはね、「へえーっ、東村山って面白そうな街じゃないのっ!?」とお思いになりましたでしょうともサッ。そりゃ私だって東村山に住んでさえいなかったら、清清しい朝のひとときを春風駘蕩な気分で過ごせたんだってばヨッ。んだけんどもよぉ、そっだなイイコトばっかりじゃないんだってばよぉぉぉ。悔しかったらいらっしゃいましな、引っ越して。そこのダンナ、イイ不動産屋をご紹介しますぜ、へっへっへっ。その代わり、東村山市民新聞はあるし多摩レイクサイドFMは聴けるし東村山をよくする会まであるし、トットと引っ越してみやがれってぇんだ、べらぼうめっ。

    “JAPA”なび 東京・東村山03

     何が気に入らないってね、だいたいサブタイトルに「探検!ディープな東村山」とありますけどね、この内容のいったいドコがディープなんだっつーのっ。ま、東村山第一中学校の校歌のエピソードだけは新規性が認められますけど、あとはネットでちょっと調べればわかることだらけですわよね。だいたい、そのムンズカシイ校歌の話ですけどね、「なぜそうなったのかはわからない」っていうんじゃアンタね、頭ン中がモヤモヤしっぱなしだっちゅーのっ。
     そりゃね、興味がない人は東村山のことなんて調べもしないでしょうけどね、その興味はないけど知り得た東村山に対する感想っていうのはね、「東村山って志村けんでしょ。えっ!? でも、国宝はあるし黒焼きそばはあるしフラッシュモブもやってるなんて、ちぃーっとも知らなかったわぁ」てぇダケのような気がするんですのよね。こぉんなナマヌルな情報発信で視聴率がとれるのは、いかに日本人に知的創造力がなくなっちゃったかの証拠みたいなもんですわよねーっ。

    “JAPA”なび 東京・東村山04

     だいたい、テレビっちゅーのは視覚的仮想体験電視箱でございましてね、だからこそTV-CMには絶大なチカラがあるわけですけど、NHKさんちゅーのはね、民放みたいな東京ディズニーリゾートや六本木ヒルズの大特集なんてのはゼッタイにやりません。やっちゃうとホントにコマーシャルになっちゃうからですわね。ソコだけはNHKさんもエライと思うんですけどね。逆に言えば、決して優等生じゃなくて、このままじゃカワイソウってゆー落ちこぼれのほうにスポットが当てられちゃったりするんですのよね。
     NHKさんが東村山を応援してやろうと思って下さったことは本当にありがたいんですけど、どーもね、採り上げ方によっては一過性のホメ殺しになっちゃうような部分があって、今回のあさイチも、なんーかちょっとだけそんなニオイがしちゃったりなんかしたんですのよね。

    “JAPA”なび 東京・東村山05

     ま、キャイーンですのよ。そりゃ注目されないよりは注目されたほうがね。でーもね、ただでさえ五指に足りないような魅力のストックをそんなにバンバン人目に晒してるとね、早晩、飽きられるのは目に見えてるんですのよねーっ。それよりも少しでもストックを増やしとくことを考慮したほうがいいんじゃありませんかしらね。
     どーもなんでげすな、サワリだけをさらっと聞かせてオシマイにしちゃうんもんだから、深みとゆーか重層感とゆーか、バックボーン的な包容力がぜんぜん感じられないんですのよね。あさイチを見て実際に東村山に行ってみようと思った人がいったい何人いらっしゃるんザンスかしらね。なかんずく正福寺の千体地蔵堂なんてーものはアァタね、なんつったってコクホーなんすから、五木寛之はムリでも渡辺篤史ぐらいには来て欲しかったですわね。益子直美じゃ小地蔵が安田大サーカスのHIROのフィギアにしか見えないっちゅーのっ。

    “JAPA”なび 東京・東村山06

     もーね、驚いたのを通り越してまいっちんぐマツコ・デラックスだったのは、ドッキリまがいフラッシュモブのラジオ体操でございましたわね。ま、このコラボ企画がNHK側から提案されたのか、それとも東村山フラッシュモブズ側から提案されたのかはわかりませんけどぉ、このね、「みんなが知っている」→「だからラジオ体操」とゆー安易な発想力、しぃかぁもぉ、道路交通法・公園管理条例等に抵触することを犬HK様が嫌ってか、よりによって公民館という密室で非公開でやるなんざぁ、ったくお里が知れますわね。ソコはぜひ「フラッシュモブの理念に反するのでできません」と言っていただきたかったですわねーっ。
     つーか、ドッキリ企画のためにトイレに行きたいと途中退席した近藤泰郎アナウンサーのことを、益子直美は「ゲリ郎さん」と呼んでらっしゃいましたけど、これってリッパなセクハラじゃありませんかしらね。

    “JAPA”なび 東京・東村山07

     アタシャね、別にいぢわるで言ってるんじゃないんですのよっ。たぁだぁね、あんまりにもみなさんが「東村山が注目されてよかったわぁ」なんつーてらっしゃるんで、わりぃんだけんどもよぉ、ホントにホントにホントにご苦労さんですかしらと言いたくなって来るんですのよね。
     思い起こせば、テレビ東京の「出没!アド街ック天国」で東村山がアップされたのが2006年10月でございますけどね、あれから7年で何が変わったのかっちゅーと、パークハウスワンズタワーなんかのハコモノは確かに増えましたけどね、「人と人 人とみどりが響きあい」のヒトがどんだけ変わったかっちゅーと、んとにもー、ため息が出るほどに変わってないんじゃゴザンセンかしらね。
     このまんまじゃ7年ぶりぐらいにまたテレビ番組で紹介されてもね、「東村山って志村けんでしょ。えっ!? でも、国宝はあるし黒焼きそばはあるしフラッシュモブもやってるなんて、ちぃーっとも知らなかったわぁ」と、おんなじことがループ再生のように東村山滅亡の日まで繰り返されていくような気がするんですのよね。

    “JAPA”なび 東京・東村山08

     やっぱ見ていてとっても気になったのは、万年好青年イノッチのハシャギぶりはいつも通りながら、面白い話題だとガゼン冴える有働由美子キャスターのツッコミがまるで見られなかったことですわね。
     それと、東村山市出身のユージが、番組で採り上げられた東村山のことをほとんど知らなかったとゆー事実にはほぼKO寸前でしたわね。てゆーか、実際はこのユージの東村山に関する無知ぶりこそが、ほとんどの東村山市民の思いを代弁しているような気もしますわね。もっともっと知りたいってぇほどには面白いことがナイんですものねぇ。なーんかね、あちこちの井戸の中だけでカエルが宴会をしているような感じでぇ、全市的規模でのコペルニクス的転回に向けた動きがまるでないんですのよね。もしかすると、渡部尚市長お1人だけは孤独にそれをめざしてるのかもしれませんけど、いかんせんスピード感がまるでないことおびただしいんですのよね。

    “JAPA”なび 東京・東村山09

     アンにしてもね、東村山という町をどぉゆー街にしたいんだとゆー未来予想図が描けてないって気がするんですのよねーっ。右を向いても左を見ても、バカとアホウのからみあい、とは言いませんけどね、なーんかやっぱりね、周りの顔色をウカガいながらやってる感がハンパないんですのよね。
     いろんな意味で発展する街、活気がある街っていうのは、実際にはみんな仲良しじゃないことが多いんですのヨッ。町おこしには受験と違って「これがイチバン」って基準はないんだから、たとえ意見は違っても競争原理の中で刺激しあって切磋琢磨していくっていうのが原則なんですけどね、どーもみんな仲良しごっこで終わっちゃってるような気がするんですのよね。なーんかイイトコだけをあげつらってみんなでパチパチ拍手してる小学校の学級会のようなね、それじゃあ進歩も発展もしないんだっちゅーのっ。

    “JAPA”なび 東京・東村山10

     ちゅーか、なーんかドコかでドナタかがよくおっしゃっていましたけどぉ、ホントに東村山市民が「みんなでつくった」と胸を張って言えるものがあんのかいって話でございましてね。しょせん、国宝の正福寺千体地蔵堂にしてからが棚からボタ餅みたいなもんなんだしぃ、黒焼きそばはポールスタアという1企業の功績以外の何者でもないしぃ、むらっシュモブはパクリと言われれはグゥの音も出ないシロモノですわよね。ま、ソレナリにみなさん努力と試行錯誤をなさってるとは思うんですけどね、「注目されてよかったわぁ」で終わらせちゃったんではね、東村山はほとんどなーんにも変わらないんだってばヨッ。
     んじゃ、何をするかっつーことになるわけですけどね、それをこれからみんなで考えなくちゃいけないんじゃありませんかしらね。私は「今でしょ!!」なんてことは言いませんのよっ。たぁだぁ、どんなにチッポケでもいいからホカにはない独創性だけは加味していただきたいんですのよねーっ。

    “JAPA”なび 東京・東村山11

     やっぱ個人的にはね、東村山のイイトコばかりじゃなくてね、ワルイトコばかりを紹介した『よるイチ/裏・東村山特集』もぜひ見てみたいザンスわね。そぉじゃないとね、東村山の真実が歪められるばっかりだっちゅーのっ。マスコミや政治家はよく「公正・公平を旨とする」なんちぃますけどね、「ソコには触れないでおくというゴマカシ」はもう常套手段になってますのよね。不快な真実よりも愉快なウソみたいなね。ま、いちおー私もマスコミの最末端業者ですから日々反省の毎日ですけどぉ(ホンマカイナ)。
     それをやるとみんながなーんかしたくなる魔法とゆーか、それが呼び水になってオラもアチキも拙者も僕もとゆーよーな、そういう連鎖反応がどぉにかして生まれないもんですかしらね。長崎県の人が「そりゃショックばい」と驚いてくれるような、そのスンバラシイ触媒みたいなものを1つでも見つけられればいいんですけどね。
     以上、東村山村から陳文民がお送りしますた。



    |04-06|ヘダラコメント(0)TOP↑
    2013年3月25日の東村山駅東口ロータリー

     今年も桜まつりには桜が咲いてない気配ですわんね。え? 「も」じゃなくて「は」? なーんか「も」って言いたくなる気分なんですのよね。
     例によってヘダラでございますから、あんまり真剣に読まないで下さいましね。
     先日、用事があって武蔵大和駅の近くまで参りました。散歩がてら東村山駅まで歩いて帰ろうと思ったら、ひょいと見たらすぐそばにバス停がありましてね、今、まさに東村山駅行きのバスがちょうど停まろうとするところでした。私ね、市内を移動する時はいつも徒歩か自動車か自転車なもんで、よくよく考えてみると東村山市内を走る路線バスというものに乗ったことがいまだかつて1度もありませんでした。でも、たまたまPASMOを首にかけていたこともあって、何も考えもなしに飛び乗ってしまいました。私がなぜ1度も乗らなかったバスに乗ってしまったのかはいまだに謎です。前のほうだけ混んでいたので、進行方向に向かって右側の奥の一段高い2人掛けのシートに1人ですわりました。
     んー、バスというのは不思議なものでございましてね、この都道128号線はいつもわんことの散歩でさんざん歩いてますけど、当然ながらいつもは道路の端っこをヘコヘコ歩いてるだけですわね。それが、道路の端っこじゃないセンターライン近くの、しかも視線がいつもより数10センチ高いところを空中浮遊してるように移動しているというだけで、ぜんぜん違う街に迷い込んでしまったような感覚に襲われるんですのよね。
     窓外に見える風景は予想外に都会的で、左右をうしろに流れていく住宅やマンションもどこか新鮮味があって、ところどころに新しい店もできているようで、東村山って意外と垢抜けているなと思ったりなんかしたわけですね。

    「金山神社前」交差点

     ところが、金山神社の交差点を過ぎたあたりから、なーんか負のオーラが漂いはじめてきて、ウソじゃなくてホントに息苦しくなってくるんですのよね。それまで左右どちらかにあった歩道が一切なくなったせいもあると思うんですけど、ここ数年で建てられたような新しい建物はほとんど姿をあらわさないし、かつては繁盛もしていたであろうほぼ廃墟となった商店群が、まるで亡霊のように心に纏わりついてきます。
     特徴的なのは、そのほとんどが利用者を失った建物でありながら、貸店舗の札も掲げず再利用の道を開ざしてしまっていることです。もう既に何年も前に刀折れ矢尽きたという感じで、活性化のための何らかの対策が施された気配というものがまったく感じられませんでした。それはまさに、人間の諦めという感情が凝り固まって作り上げたゴーストタウンと言っていいかもしれません。
     でも、私はそんなことに驚いたのではありませんのよ。ヨソの街からやって来た旅人のような気分でバスに乗っていた私がアッと息を呑むほどに驚いたのは、バスが駅前のお茶の田中園の角を曲がった途端に視界に入ってきた、まるで冗談のように目の前に屹立したパークハウスワンズタワーの姿でした。

    パークハウスワンズタワー

     そりゃ、私だっていちおー東村山市民ですから、そこにパークハウスワンズタワーが建ってるのは知ってるし、内部に入ってみることも遠くから眺めることも年がら年中ですけどね、なんだかわからないけど驚いちゃったんですのよね。それはヒトコトで言えば、「どーしてこんなところにこんなモノがあるんだ」という驚きでしてね。おそらく、おんなじバスに乗っておんなじことを体験したら、10万人が10万人、そう思うんじゃないですかしらね。東村山市民である私でさえこんなに驚いちゃったんだから、初めて東村山を訪れる人はみんな心臓麻痺でポックリ逝ってしまうかもしれませんわね。
     バスから降り立った私が最初に思ったのは、このパークハウスワンズタワーという建物の中にはいったい何があるんだろうということでした。もちろん、そんなことは先刻ご承知なのですけれども、もしかするとそれは私の勘違いである可能性も0%ではないのではないかと、どーせ驚いちゃったんだから驚きついでに旅人気分で探検してやろうという変な思いも喚起されて、今まではわからなかった新たな魅力を発見できるかもしれないという期待を胸に、ズンズンとエスカレーターに乗って意気揚々とサンパルネの入口に向かいました。

    東村山市市民ステーション「サンパルネ」入口

     探索結果についてはワカリキッタことだから申し述べませんのヨッ。ま、ヒトツだけ、こないだの「第8回サンパルネ市民運営会議」で、一向に進まない改革に業を煮やした市民公募委員のお1人から、「『日高屋』と『産業・観光案内コーナー』の場所を交換できないか?」という意見が出たという事実が、もーね、すべてを物語っていますわね。八方塞がりの東村山ならではのご意見ですわね。こぉんな最悪条件のバーターじゃ、日高屋さんもタマッたもんじゃないっつーのっ。
     私は別にぃ、今さら細渕一男元市長の希代のウソツキぶりを天下に知らしめようとか、東村山駅西口再開発事業の予算案を通した市議会議員のみなさんを血祭りに上げようとか、何をやっているかわからない商工会の無能ぶりを槍玉に挙げようとか、そぉんなことは思ってないんですのよね。ただただ穏やかに、東村山の現状と行く末とゆーものを、お茶でも立てて西宿あたりの古老の心境でのんびりと語りたいと思っただけなんですよね。でもぉ、やっぱ人徳のなさでしょうかしらね。寄ると触ると噛み付く犬みたいに思われてるんですわね。あーっ、益体もないことだいねーっ。
     つーかね、私には、この貸家札も付けられないままに都道128号線で朽ちていこうとしている廃商店たちの、ミヂメに下ろされているシャッターのスラットの1枚1枚が、あの狭隘地域村民の社交場と化しているサンパルネの産業・観光案内コーナーの、受付カウンターの上に載っているナンダカヨクワカラナイ趣味の工芸品の1つ1つが、見るたんびに何かを訴えているような気がしてしょうがないんですのよね。

    「産業・観光案内コーナー」受付カウンター

     話は変わりますけどね、私は最近、東村山に対する興味というものがだんだん薄れてきてるんですのよね。その理由を一言で言えば、んーとね、東村山という街の未来像がだんだん見えてきちゃったような気がするからですわね。それは決して、未来が明るいとか暗いとかゆーことじゃなくて、国宝の存在や志村けんのオカゲで高まった知名度をまるで生かせないまま、ちっとばっかし黒焼きそばだけが有名な地方都市としてしばらくは発展しつつ、結局はドコにでもあるアリキタリの地方都市として衰退していくような予感がするからなんですのよね。
     私が東村山の前途に光明を見出し得ないのもソコなんでございましてね。アニがヤダっつってね、何もかもが中途半端のウヤムヤむらぁ~ずとゆー気がするからなんでございますわね。カンタンに言えば、アッと言わせるインプレッションがナイッつーことですわね。ま、ここ数年はイロイロと新しい試みも為されてはいるんですけど、これは皆様も実感されてることだと思いますけどぉ、いかんせん発想が貧弱飴本舗なんですのよね。私、東村山に20年ぐらい住んでますけどね、正直アッと思ったのはAOBAバァバァーズだけなんだってばヨーッ。

    東村山駅西口シャッター通りの風景01

     そりゃね、人間の寿命が300年ぐらいあるっちゅんーだったら、別にこのままでもいいですけどね、20年間でほとんど何も生み出せていない街が自立した個性を発揮するまでにあと何100年かかるんだかわかったもんじゃありませんわね。もー、コッチは老い先短いんだからそれじゃ間に合わないんだっつーのっ。もー何もかもがね、ドコからも文句が出ないことだけに執心した予定調和のシロモノばっかりで、「いーでしょ」と言われれば「そうね」としか言いようがないもののオンパレードなんですのよね。そんなんじゃたとえ市民の興味は引き出せても、立ち上がってハイハイしてもらうことだってできゃしませんのヨッ。
     ハヤイ話が、ま、毎回毎回スケープゴートにしちゃってスビバセンけどぉ、渡部尚東村山市長が前回の市長選で掲げた「わたなべたかしのmanifest2011」を現実と照らし合わせて見てからガッ、んちゃ、確かに設備拡充や制度確立等のシステム系の達成度はナカナカのものなんでございますけどね、いわゆる市民のモチベーションを上げるためのカオス系の達成度はとってもキビシーものがあるんですのよね。だいたい、この1年ほど、誰の目から見ても渡部市長は失速なさってるんじゃござんせんかしらね。

    東村山駅西口シャッター通りの風景02

     あのね、首長さんとか議員さんちゅーのは、石高に違いはあれこそすれ、公募でなっちゃった殿様みたいなオシゴトでございましょ。特に首長さんちゅーのは、御側用人にあたるお役所のみなさんのバックアップなしには夜も日も明けぬわけですけど、この例外と革新が大嫌いなお役所のみなさんのジョーシキちゅーのは、ハッキリ言ってそれはほぼ30年前のジョーシキだと思っていいと思うんですのよね。ま、首長さんはお役所の中ではなんつっても最高権力者ですから、命令さえすればたいていのことはムリしてでもやってくれるかも知れませんけど、命令すれば鋭意努力してくれる公務員のみなさんと違って、善良なる市民っちゅーのはそうはイカの金隠しなんですのよね。どーもね、これがために全国のほとんどの首長さんがどーしても内向きになっちゃって、いつのまにやらお山の大将や裸の王様になっちゃってる気がしますわね。それで図に乗ってヤラかしちゃったのが細渕一男元市長じゃないですかしらね。
     ま、我らが渡部尚市長はソコまではイッてないとは思うんですけどね。何かと新機軸を打ち出すのはいいんだけど、いかんせんツメが甘いんですのよね。自治基本条例なんかはいまだに海のモノとも山のモノともわからないしぃ、タウンミーティングや市民アンケートもいいけどほとんど市政に反映されていない気がするしぃ、観光振興プランなんかが本当に遂行されるかどうかはものすごく疑問があるしぃ、たまーに思い出したようにtwitterでゴタクを並べたりはしてらっしゃいますけど、市民討議会や株主総会なんてとっくに市民の記憶から消えてますわよね。やっぱりどーもね、忙しさにかまけてプライオリティが滅茶苦茶になってるんじゃござんせんかしらね。

    東村山駅西口シャッター通りの風景03

     たとえばの話ね、あのやめちゃった息子さんの弁当作りね。あれだって再開して毎日写真にとってtwitterで献立を公開すれば、市報に載ってる所信表明演説なんかより何万倍のインパクトがあるはずなんですのよね。あちこちの会合やイベントに積極的に顔を出してあいさつして回るのもいいですけど、ドコへ行ってもしゃべってる内容はほとんど同じなんでございましょ。そんなことをやってたら自分の話に自分でヘキエキしちゃうから伝わるもんも伝わらないっちゅーのっ。つーか、渡部尚市長はとってもいいキャラクターをお持ちだとは思うんですけどね、その強烈なキャラクターをちっとも生かしきれていない気がしますわね。なまじそのキャラクターに魅力があるから、面白くない話が期待はずれになって余計に面白くなくなっちゃうんですのよね。
     だけんどもよぉ、私だってすべての責任を渡部市長とナスとキューリに味噌付けるのはカワイソウだと思うんですのよね。そりゃ確かに市長には東村山のリーダー的存在であってもらわなきゃ困るんですけど、コノ人、あんまりにも1人で頑張ろうとしすぎてて、市民を巻き込めないぶんだけ余計にカラ回りしてるような気がしますわね。ホントはね、保守党市議のみなさんあたりが強力なブレーンとなって市長の理想実現を推進してくれればいいんですけどね、どーもナンでげすな、アノカタたちのtwitterやブログを見ていても、ほとんどが告知と報告と身辺雑記ばっかで、信念やココロザシのほうはいったいどーなんだってぇことになるとね、まるで雲をつかむように茫漠とした感じなんですのよね。

    東村山駅西口シャッター通りの風景04

     となるとね、やっぱり渡部市長の理想と一般市民の思いがダイレクトでつながるようなメカニズムを作らなきゃいけませんわね。確かに市長はソレをやろうとして今まで努力してこられたんだとは思いますけど、今までの渡部市長のやり方じゃあダメなんだってことですわよね。てゆーか、そりゃ理想は理想でわかるんだけど、昔の学園ドラマみたいに理想だけを目標にして突っ走っても肩がこるばっかりなんだっちゅーのっ。なーんでもっとね、肩の力を抜いた、もちっとは市民が興味を持って参加してくれるような、マスコミがよだれを垂らしちゃいそうな、結果的に市のことをもっとアピールできるようなことができませんかしらね。そんなに深く考えなくても、「1,000人の市民と語ろう~渡部尚の72時間茶飲み話マラソン~」みたいなのでもいいと思うんですけどね。そうじゃないとね、やっぱり東村山はナンダカナァの街で終わるような気がするんですのよね。
     ま、世の中はホントに多様性のズンドコ節ですから、いろんな意味で整合性を持たせるのがとってもむずかしくなっていて、何かにつけて一本化しようなんて思うと並大抵のことじゃありませんけどね、最初ッカラそんなことは考えなくてもいいから、思いつきでも失敗しても後悔しても誠に遺憾に存じるようなことになってもいいから、ドコもやってみてないことはパーパーやってみたらドーザンショかしらね。ま、私個人の趣味としましてはね、テレビじゃないからミーハーばっかり集めてもしょうがいないから、やっぱりソコには知的好奇心を大いに喚起する創造性を付加していただきたいですわね。

    東村山駅西口シャッター通りの風景05

     どーもアンですわよね、サンパルネや都道128号線の商店街みたいに汚点だからと見ないフリしてるばっかりじゃ、市長だけじゃなくて市民もバガヤロ様ですわね。ホントにまったくコリャどーすんだとゆーことを議論できて集約できて実現できるような場がドコにもないちゅーのがね、東村山の最大の不幸のように思うんですけどね。市長ができないなら誰かがやんなきゃなんないワケざんしょ。でも、それはオレじゃない、それはアタシじゃないとぉ、もちろん私もそぉ思ってるわけですけどね、ドッカでそうなることもあるんだってえことを今のところはじぇんじぇん考えられないってぇよぉなぁウチはね、結局東村山はドーにもコーにもならないってこってすわね、たぶん。
     昔、三島由紀夫が戦後の日本社会について、「日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思ってゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである」と書いてましたけど、これを私流に置き換えて言えば、「東村山はなくなつて、その代はりに、無策的な、だつふんだあな、インコンプリートな、ご都合主義の、貧弱な、主体性がない、或る没個性的地方都市が多摩の一角に残るのであろう。それでもいいと思ってゐる人たちと、私はLINEをする気にもなれなくなつてゐるのである」つーところですかしらね。

    東村山駅西口シャッター通りの風景06

     んーでも、そんなことないじゃん。新しい店もけっこうできてるし、規模はチッチャイけど面白いイベントもやってるよ。それでもアンタは気に入らないの?と言われてしまうかも知れないんですけどね。やっぱ私は個人的には、ベンリで快適でなくてもいいから、それこそ「人と人 人とみどりが響きあい 笑顔あふれる東村山」になってもらいたいんですのよね。なーんだ、それじゃあ、市長が言ってることとおんなじじゃないのさっ!! そんでもクサッ、本当にそうなるためには、どんどん市民の意識の先回りをして、単発じゃなくてパラレルな、シナジーの呼び水になるような東村山大実験を次々とヤラかさなきゃダメなんじゃござんせんかしらね。
     今の東村山市役所は、「東村山をどう思いますか?」「東村山に何を望みますか?」「東村山はどうあるべきだと思いますか?」「東村山のどこを直していけばいいと思いますか?」とゆーよーな七面倒臭いアンケート調査みたいなのをシャカリキにやってますけどね、そもそもほとんどの市民はそんなこと考えてないっちゅーのっ。「なーんか面白そうなことやってみる? もしやってみたかったら市がちょっとだけサポートするよ」っていう呼びかけだけやってりゃいいような気がするんですのよね。で、紙媒体じゃなくてもいいから、「新しいことやってみようWeb新聞」でも作って、少しずつ輪を広げていけばいいと思うんですのよね。なーんで東村山版株主総会みたいな大時代的なことばっかりやるんだかね。なーんか真剣にやりすぎるから、参加するほうだって気楽に参加できないんだっつーのっ。

    東村山駅西口シャッター通りの風景07

     ま、いちばん肝心なのは向上心でございますけどね。
     我が東村山わん友会なんかでも、つねに犬の放置フンの回収率向上をめざして、毎朝5時に起きてトングの素振りを500回、アスファルトや土とフンの識別率を上げるための視力アップ訓練を30分、朝食の際はつねに空堀川周辺の地図と写真を広げて不意に出現したウンコに対する足捌きのイメージトレーニングを欠かさずに、なーんてことをやってたら頭にカビが生えるっちゅーのっ。
     考えすぎるんだか考えなさすぎるんだかわかりませんけど、やっぱりナンダカンダで自分で目の前に壁を作っちゃってる気がするんですのよね、ヒガシムラヤマはっ。ま、小平市では出来ちゃった住民投票条例が、なーんで東村山では出来なかったのかとゆーこともついつい考えてしまうわけですガァ、もーちょっとナントカね、「おっ、やるじゃん」てーことがありませんかしらね。それも単なる世間話の話題になるだけじゃなくて、コレ、コレ、コレを待ってたのよぉぉぉぉぉぉ!!ってことがね。んー、考えようによるとパークハウスワンズタワーの「のろい」とゆー気もしたりなんかするわけですけど、となるってぇとヤッパお祓いをしなくちゃなりませんわね。細渕一男元市長に氷中クンバカでもやってもらいましょうかしらねーっ。



    |03-28|ヘダラコメント(0)TOP↑

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    ココ・パピラス

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。