★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    東村山駅西口駅前広場噴水池のイルミネーション

     東村山駅東口駅前広場の噴水池が、今年もイルミネーション装飾で彩られました。

    「あらっ、キレイね」
    「去年は富士山だったけど今年はリボン・タワーなのね」
    「これだけ見事なのはホカにはないわよね」
    「観覧車とトナカイの微妙な配置がたまらないワッ」
    「さすが天下の東村山東口商店会だわ」
    「写メに撮って単身赴任先のお父さんに送ってあげよう」
    「ご近所にもお知らせしなくっちゃ」
    「さっそくブログにもアップしよう」
    「写真を大きく伸ばして玄関に飾ろうかの」
    「オカゲサマで通勤の疲れも吹っ飛ぶよ」
    「ドリームスタンプ100万枚分の夜景よね」
    「ディズニーランドなんて屁だいね」
    「市役所で絵葉書を売り出せばいいのに」
    「テレビの取材はいつ来るの?」
    「ギネスブックには載らないの?」
    「田舎からお爺ちゃんお婆ちゃんを呼んでぜひ見せてあげたいわ」
    「老人会の帰りにみんなで拝みましょう」
    「これで東村山も安心だ!!」

     私だってね、毎年、最初に見た時に5秒ぐらいはキレイだな~と思うんですよ。でもね、何回か見てくるとだんだんムナシクなってくるとゆーかマイナスのオーラに負けそうになるとゆーか、心の底からフツフツと否応もなく湧いて来る感情があって、それは何かっていうと、ワンガリ・マータイさんじゃありませんけど、「あー、もったいないモッタイナイ」っていうことなんですのよね。
     ま、他市から東村山にやって来た人が、「ほー、東村山って名前だけは有名だけど、あーんな立派なビルを建てときながらイルミネーションはありきたりだし、下手な鉄砲ばっかり撃ってる整合性が感じられない街だナァ」と思うのは事実だから仕方がないとしても、肝心カナメの市民がですわね、「キレイね。でも貧弱よね。市報なんかには改革改革って書いてあるけど、玄関口といっていい駅前のイルミネーションがこれですものね。しょせん貧乏財政の田舎都市にはこれが限度なのよね、ハァーッ。でも、そんな街に住んでいる私っていったい……」と思っちゃうようなことはね、精神衛生上の観点からもぜったいに避けてほしいんですのよね。
     昔、高田馬場のスズヤ質店の広告塔の真ん中に、裸体の男女の人形がライトアップされながらグルグル回っている人呼んで“ポルノ噴水”ってえのがありました。ま、たぁとぉえぇばぁの話ですけど、東村山駅前のイルミネーションの真ん中にも、ライトアップされながらグルグル回っている渡部尚市長の土下座人形があっタラバッ、まずみんなが興味を持って注目するし、高齢者は怒るかもしれませんけど若年層にはウケるだろうし、ブログには画像がどんどんアップされるだろうし、どっかのマスコミが取材に来て採り上げてくれるだろうし、市長の改革のココロザシもちょっとはアピールできるだろうし、何よりもみんなが面白がって話題にすれば東村山全体のシナジー意識のアップにつながる可能性があるんですのよね。
     あのね、夜のイルミネーションっていうのはキレイだから、主義主張に関係なく視界に入れば誰だって見るんですよ。それが東村山駅前にある以上、見る人はどうしてもそれを東村山のシンボルとして見てしまいます。創造性のないコンナモンダ主義やオザナリな固定観念じゃなくて、そこに「あっ!!」「おやっ!!」「へぇ!!」っていうプラスアルファの要素があれば、想像力を喚起させて世界を変えることができるくらいにインパクトの強いものなんです。中途半端で貧弱で無策で無気力で無個性のものだと、そのまま見る人の頭の中に「東村山は中途半端で貧弱で無策で無気力で無個性」っていうイメージを刷り込んじゃうことになるんでゴザイマスのよっ。
     この駅前イルミネーションは東村山東口商店会が設置してるわけですけど、たぶん、こんなもの毎年やってたってメリットなんてほとんどありゃしないですわね。それでも歯を食いしばってやってる義侠心みたいなものには大いにエールを送りますけど、なーんかね、「お客はスーパー・コンビニ・安売り店に取られっぱなしだしぃ、マンションに囲まれて既存店の存在感は薄れるばかりだしぃ、健康なうちはまだやれるけど将来どーなるかわからないしぃ、跡を継ぐはずのセガレは毎晩所沢のキャバクラ通いだしぃ、商工会はちっとも頼りにならないしぃ」みたいな悲哀が、なんとなくイルミネーションにも出ちゃってる気がするんですのよね。
     「コンナモノ要らない!!」とか「もっと豪華にしろ!!」とか言う気はサラサラありませんけどっ、なんつったってイルミネーションなんて虚構の世界の代物なんですから、せめて見る人に同情心や悲哀を感じさせない、みんなをアッと驚かせたり笑い飛ばせちゃうようなものにしてもらいたいんですのよねーっ。そんな手間ヒマかけてられないんって言うんならっ、手っ取り早く来年はぜひ市長の土下座人形のコンテストでもやったらいかがかしらと思うんですのよっ。
     「目標の位置付けは土下座」じゃないかしらと思う今日この頃ですのよねーっ。


    スポンサーサイト
    |12-16|ご近所コメント(0)TOP↑
    なーんちゃってセットバック

     この(↑)写真を眺めただけじゃナニガナニヤラわかんないかもしれませんけどね、なんちゅーかほんちゅーか、不動産用語でゆーところの“セットバック”をしてもらって歩道を作ったものの、その先のお宅がまだセットバックをしていないために歩道が分断されていて、歩行者や自転車がイチイチ車道に出て迂回しなけりゃならないというような状況を、アタシラは勝手に“なーんちゃってセットバック”と名付けさせていただいてるんですけどっ、なんだか知りませんけどね、ウチの事務所のご近所にはこの“なーんちゃってセットバック”が矢鱈にあるんですわね。
     ウチの事務所のあるマンションは、江戸時代に将軍や大名衆が狭山丘陵に鷹狩りに行く時に通ったらしい“鷹の道”っていうのと、市役所への参道みたいなことになってる“市役所通り”が交差している角にあります。1942年(昭和17年)の町制施行までは旧久米川村の田園地帯で、市役所通りに今も残っている栗とサツマイモの畑のあたりは昔、“伊勢の森”と呼ばれる神域だったそうです。
     ご近所の“なーんちゃってセットバック”がある道路っていうのはだいたい4メートル以上ありますから、法律上は地権者に強制はできなくて、あくまでもご厚意でやっていただくという形になってるのかもしれませんけど、セットバックっていうのはたとえやってもらっても、ダダで寄付してくれるわきゃなくて土地を買い取らなきゃならないし、歩道を作るのだってお金がかかりますから、財政状況逼迫の東村山市にとっては無い袖は振れないワッてトコなんでしょうけど、なーんか八方ふさがりの未来を暗示しているようで縁起が悪いんですのよね。
     東村山市内から“なーんちゃってセットバック”を一掃するのは、もしかするとスーパー堤防を完成させることよりも難儀なことかもしれません。ウナギっていうのは、飲み込もうとした“鵜(ウ)”が“難儀”するからウナギになったっていう話もありますけど、草の根市民クラブが難儀すると草なんでしょうかしらね。
     市役所通りにある東村山税務署は、毎年2~3月の確定申告の時期になるとイヤんなるほど大勢の申告者でゴッタ返します。あの税務署の真ん前にある「むさしのiタウン四季の街」の“なーんちゃってセットバック”の歩道に、いつか緋毛氈を敷いた床几を並べて甘酒屋をやるのが老後の夢だったりするんですけどね。


    |11-20|ご近所コメント(0)TOP↑

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    ココ・パピラス

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。