★2011年11月12日現在、FC2ブログのサーバ障害により、文字化けや画像が表示されなくなるトラブルが発生しています。画像については再アップロードにより修正しました。記事のいちばん下にある「TOP↑」の左右に、「前のページ」「次のページ」へのリンクが設定されています。しかし、左クリックによるリンクは正常に機能しているものの、使用ブラウザによって発生状況は異なりますが、テキストが不表示であったり意味不明の記号が表示されているケースが見られます。復旧までしばらくお待ち下さい。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    |-----|スポンサー広告||TOP↑
    ひがっしーの人生ゲーム東村山版

     私は東村山出身ではないし、市内に親戚は1人もいないし、家族はいないし会社ではお荷物だし、たまたま気まぐれでムラに引っ越してきただけの、犬だけがオトモダチの東村山の疫病神みたいな、要するにダメダメポンコツ人間なんですけどね。それでもいつの間にか因果なことに東村山が生涯でいちばん長く住んでいる土地になってしまったのでありますよ、南無阿弥陀仏ぅ。
     となるってぇと、ついつい東村山のことがあなたにもらった帯留の達磨の模様のように気にかかるんでございましてね。このブログでも何かってぇとヘダラをこき続けてきたワケでございますガッ。どーにもアァタね、文句を付けてるだけじゃ何も変わりゃせんのじゃないかと、ここはヒトツ、ダメダメポンコツ人間であるところの私が、ダメダメポンコツ地方都市であるところの東村山について腰を据えてじっくりと考えてみようじゃないかと、思ったりなんかしちゃったりなんかして、そんな感じぃの俺の俺の俺。
     たぁだぁしぃ、これはあくまでも仮説でございましてぇ、アインシュタインの重力波説のように実証するのは無理かもしれないと、ソコんところは先刻御承知の上でお読みいただきたいんでございますけどね。

    tomte001.jpg

     さて、私は商売柄、ネットでググってみるという機会が多いと思うのですけれども、数年前からものすごく疑問に思っていることが1つあります。ま、大したことではないのですけれども、いったん気になりだすとコレが、地下鉄をドコから入れたかわかんない春日三球のような心境になって、朝から晩までなぜだろう?なぜかしら?と考えるばっかりになるのでありましてね。
     とゆーのも、私も以前にお会いしたことのある所沢の三上博史さんという方が、『所沢ふるさと散歩』というホームページを公開しておられるんですけどね。

    ●「所沢ふるさと散歩」
    http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Asagao/4907/tokorozawa_omoide_mokuzi.htm

     ご覧いただければ一目瞭然だと思いますが、素人が作ったものですから多少ビジュアル的には難があるものの、内容的には郷土である所沢への愛情と探求心と活性化への願いが籠められた、実にすばらしいサイトなのでありますよ。
     いやいや、そんなこと言ったって、同じようなサイトなら日本中津々浦々、どこの区市町村にだってあるはずだと誰でも思うざんしょ。ところが、驚いたことに東村山市にだけはドコをどう探してもナイのです。ま、チョロッとだけなら東村山の魅力を紹介しているサイトもありますけど、『所沢ふるさと散歩』のように体系的に情報を網羅しているものは皆無なのであります。

    tomte002.jpg

     いったいこの事実は何をあらわしているのかと考えた時に、私の頭に漠然と思い浮かんだのは、心理学者であるアルフレッド・アドラーが唱えた「劣等感」というキーワードでした。
     もちろん、私は決して東村山の人全員が劣等感のカタマリだなどと断言するつもりはありません。ただ、何か「東村山病」ともいうべき得体の知れないものが存在して、それが立ちはだかる壁となってパワーを喪失しているような気がしてならないのです。
     アドラーは言います。「人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は極めてシンプルである」と。或いはこうも言えるのではないかと私は思うのです。「東村山が困難なのではない。あなたが東村山を困難にしているのだ。東村山は極めてシンプルである」と。
     東村山てぇヤツは、どーしてこーも付加価値を高める努力をしない町なんだろうかと、もう一段深く考えようとする探求心がどーしてこーも欠如している町なんだろうと考えた時に、誰の心にも思い浮かぶのは「ムラ社会」という言葉だと思うんでございますけどね。

    tomte003.jpg

     でも、東村山が本当にムラ社会なのかというと、それはちょっと違うようなんでありましてね。東村山には決して横暴なボスがいるわけではないし、旧態依然たる頑迷なルールがあるわけではないし、一部の人々を差別するような言動が発せられているわけでもない。その代わり、形骸化した旧ムラ社会の残滓を、いつまでもズルズルと引きずっている町という印象がとっても強くあるんでございましてね。
     やっぱり私がいちばん感じるのは、モノにしろコトにしろ、心の底から東村山を改革するんだという気持ちが伝わってくることが非常に少ないとゆーことなのでありますよ。どーもアンでげすな、ナーンカいつも奥歯に物が挟まっているような風情で、帯に短し襷に長しの中途半端で、立て板に水というより横板に餅という感じで、突っ込みが中途半端とゆーか固定観念に囚われているとゆーか、一刀両断にエイヤッと真剣勝負している潔さがなくて、何につけても遠慮しぃしぃやってる感じなんですのよね。
     この奇妙な消極性の理由はいったい何なのか。それはやっぱりドコかしら自己肯定感を持てていないというか、郷土に対する確固たる誇りや自信を持てていないからのような気がするんでありましてね。

    tomte004.jpg

     ハッキリ申し上げますってぇとね、東村山には飛躍的な発展を阻止する負け犬根性のようなものが蔓延しているんじゃないかと思うんでありましてね。付加価値を高めるばかりか、逆に魅力を削り取っているような実例も見受けられたりなんかしております。
     そもそも、「国宝」と「志村けん(東村山音頭)」という他市も羨む2大コンテンツを、活性化のツールとしてほとんど生かしてこれなかったという事実こそ、自己肯定感の欠如の証左であるようにも思うのでありましてね。
     国宝の正福寺千体地蔵堂は、旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)が国宝指定されたために都内唯一の国宝建築物ではなくなってしまいましたけど、宗教建築としてはやはり都内唯一であり、司馬遼太郎があらゆる日本文化の源流が存すると評した室町時代に建立されています。
     しかし、国宝・千体地蔵堂を紹介する出版物やサイトは数多くありますが、どれも「国宝だからスゴイに違いない」という先入観丸出しのものばかりで、その魅力を改めて再認識させてくれるような、思わず見に行きたくなっちゃうようなものに私は1度もお目にかかったことがありません。

    tomte005.jpg

     志村けんについてもそれは同じで、見物することのできる記念物が唯一、強剪定で有名な「志村けんの木」だけという現実は、東村山が如何に考えるということを放棄した町であったかということを実証しているように思います。
     何も私は、石原裕次郎記念館や美空ひばり記念館のようなリッパなものを東村山に建てろと言っているのではありません。その代わり、東村山市ふるさと歴史館の常設展示コーナーの1区画でいいから、志村けんを紹介するコーナーはあってもいいように思います。著作権関係をクリアすることの困難さは伴ったにせよ、郷土出身の有名人が地元でこんなに冷遇されている例はほかにはありません。ヤッパできれば、バカ殿様と写真が撮れるプリクラや、変なおじさんのゲームや、インキチ祈祷師のおみくじもあってほしいところですが、たぶんそれは無理なのでしょう。
     なぜそれが無理なのか。ハッキリ言ってそれは、失敗ばかりを恐れる進取の気象のなさからだと思います。加えて、不都合や不利益をもたらすものはなかったことにする見ぬもの清しの精神です。養老孟司氏はそれを「バカの壁」と言いました。

    tomte006.jpg

     では、この東村山の不甲斐なさはいったいどこからやって来たのか。それをこれから検証してみようと思うんでありましてね。
     東村山がどこにでもある典型的な農村であったことは、現在も残っている地割りを見ても明らかです。江戸時代、東村山は天領または寺社領だったから、ナントカ藩の悪代官に牛耳られて苦渋をナメさせられるようなことはありませんでした。現在の狭山丘陵を中心とする広大な地域が、尾張徳川家が将軍から拝領した御鷹場になっていたことは事実ですが、実際にはそんな遠出をしなくても、江戸時代の鷹狩りは現在の世田谷区や杉並区あたりで頻繁におこなわれていたようで、尾張藩の御鷹場指定は幕府の威光を示すための名目上のものであったようです。当時の東村山は実にのどかな、誰にも注目されない武蔵野の辺境の地でありました。
     1889年(明治22年)、野口・廻田・大岱・久米川・南秋津の5村が合併して東村山村が誕生。6年後の1895年(明治28年)、川越鉄道東村山停車場が開業。特に停車場の開設が、東村山村の発展に大きく寄与したことは言うまでもありません。

    tomte007.jpg

     しかし、それから14年後の1909年(明治42年)、東村山村に暗い陰を落とす歴史が刻まれます。ハンセン病患者収容施設である連合府県立療養所「多磨全生園」ができたことです。当時、候補地として目黒・田無・清瀬の名が挙がりましたが、いずれも住民の反対運動が起こって変転し、やむなく東村山にお鉢が廻ってきたという経緯があるようです。
     当時のハンセン病患者に対する差別や偏見は尋常のものではなく、東京府および近県で発見されたハンセン病患者は、患者専用車両で厳重に運ばれ、東村山停車場にあった患者専用ホームに下ろされ、役人の監視のもとにやはり専用の人力車で全生園まで運ばれ、患者専用の入口から中に入れられました。この時からハンセン病患者は、この世から抹殺されたも同然の終身刑の囚人のような暮らしをはじめることになります。
     毎日ではないものの、そういった一連の情景を目にせざるを得なかった心理的圧迫感は想像以上のものでなかったかと思われます。この時から東村山の人たちの心には、東村山村民であることを積極的には誇示し得ない広義のトラウマのようなものが醸成されはじめて、それが子々孫々に心理遺伝のような形で伝わっているのではないかと、ついつい考えてしまったりもするんでありますよ。

    tomte008.jpg

     1942年(昭和17年)にはわずか1万人足らずだった東村山町の人口は、戦後の復興に伴って急速に増加し、1970年代初頭には10万人を突破します。ただし、それは決して東村山が何かを働きかけたという能動的な理由ではなく、ただ単に旧西武鉄道、川越鉄道、武蔵野鉄道、多摩湖鉄道の各社が、1927年(昭和2年)に完成した多摩湖(村山貯水池)近辺の覇権を争って、滅多矢鱈に駅を新設してくれたオカゲなんでありましてね。
     でも、如何に人口が増えたとはいえ、当時の東村山市は、近隣の人以外はほとんど誰も知らない無名の地でありました。ところが1976年(昭和51年)、東村山市民にとっては驚天動地の大事件が起きるのであります。それが『8時だヨ!全員集合』での東村山音頭の大ブーム。
     聞いた話によると、志村けんが東村山音頭を歌うだけならよかったのですが、演出上、歌うのを阻止しようとしていかりや長介が東村山を小馬鹿にした暴言を吐いたりなんかする。そのことに当時の重鎮の一部のカタガタが相当にオカンムリだったようで、そのことが尾を引いて、感謝状1枚贈った代わりに、「これ以上、志村けんとは関わるな」という既定路線ができてしまったようなんでありましてね。

    tomte009.jpg

     ま、ナントモ度量が狭いとゆーかケツの穴が小さいとゆーか、空気が読めないとゆーか物事を深く考えられないとゆーか、実にアキレかえっちゃう話なんではありますが、実はまーだまだ、東村山の一部にはそんな空気が残っているようにも思うんでありましてね。
     それはさておき、東村山音頭の流行は、当時の子どもたちにも心理的波紋を投げかけています。それは、市内の学校に通っている限りではそんなことはないのですが、市外の学校に入学したり、さらに成長して市外の会社に就職した時に、東村山市出身であることを志村けんや東村山音頭をネタに揶揄されることでありましてね。もしかすると、そこらへんにも東村山を郷土として完全には肯定できない、どこか引け目を感じてしまうことの原因があるのかもしれません。
     いずれにせよ、東村山にだって町おこしや地域活性化を目的に熱心に活動してる方は確かにいらっしゃるんですけどね。どーもアンですな。ナンダカンダ言ってやっぱりパワー不足なんでありましてね。ただ、それは情熱が足りないということでは決してなくて、東村山のレーゾンデートルを徹底的に追究していないせいのような気がするんでありますよ。

    tomte010.jpg

     人間というのは、何かってぇと新しいモノを欲しがるもんなんでござんしてね。東村山でもここ数年、いろんな新しい試みがなされております。だけど、どーもね、自らが設定した狭いエリアの中でだけ、非常に安易な選択をしてしまっているような気がします。その安易さが伝わってしまうから、ごく限られたターゲットの心しか掴めていない気がするんでございましてね。
     本来、町おこしだとか地域活性化に際していちばん重要なのは、新しいモノやコトを創造する力によって、さまざまなカテゴリーの枠を超越したコミュニケーションの場を作り、新しい人たちをどんどん巻き込むシナジーを生むことです。そのためには、つねに不特定多数の第三者に何かを伝えようとする意識を持ち続けることこそが肝要なのでありましてね。
     とゆーことは、東村山市民だけではなくて、長万部の人にも、五所川原の人にも、雑餉隈の人にも、能褒野の人にも、栢谷の人にも、凹原の人にも、女鹿串の人にも、今帰仁の人にも面白がってもらえるような魅力的なプランを打ち出すことなのでありますよ。でーもね、東村山はソレがほとんどできていないような気がするんでありましてね。

    tomte011.jpg

     東村山のイメージとして私の頭に真っ先に思い浮かぶのは、やっぱりどうしても悪魔の呪いがかかったようなサンパルネの『産業・観光案内コーナー』なんでございましてね。何と申しましょうか、ひょっとして売れるかも知れないものは全部並べてみましたとゆー、閑古鳥も退屈しているジャンクショップみたいなテイタラク。
     確かに東村山にはいろんなことをやってる人たちがいて、中には個性的なことをやってる人もいることはいるんだけど、ベクトルがバラバラなもんだから、シナジーの点火剤になるような整合性がちっともないんですのよね。
     だいたい、何かにツケて私が東村山がダメよーダメダメと思うのは、人の顔がほとんど見えてこないこと。そりゃ、ネット検索すりゃあね、団体名や代表者名や概要ぐらいは山ほど出てきますけど、あの三上博史さんの『所沢ふるさと散歩』のように気持ちが伝わってこないし、ブログやSNSでの情報発信している場合もあるものの、まるで業務連絡みたいな内向きの姿勢が顕著で、積極的に自分の考えを外部に発信して問題提起をする人が極端に少ないんでござるよ。どこかみぃんな自信なさげなのでありますよ。

    tomte012.jpg

     それと、私がとっても疑問に思うのは、東村山ってけっこう志が高いすばらしい人たちがたくさんいるのに、そういった人たちが集まって組織化されたりなんかすると、いつの間にか精彩を失ってタダの人になっちゃう場合が多いことなんでございましてね。
     私も何度かアチコチの会議を傍聴させていだたいたり、会議録の公開されている場合には読ませていただいたりしてるんですけど、やっぱりどーにも驚いちゃうのは、ナンダカ小学校の学級会みたいで儀式的になりすぎていること。特に創造的なアイデアを捻出するためには、思考の枠を取っ払うことがいちばん重要なはずなのに、せっかく画期的なアイデアの芽が出ても課題をクリアしようとはせずに脇に置いとくだけだから、結局はスルーされて消えてなくなっちゃうケースが多いんですのよね。
     「考える」というのは、自らが創造した新しい思考回路で思考することです。思考回路が新しくないと、結論はいつまで経っても同じで、議論は堂々巡りを繰り返すばかりです。そんな場では独創的なアイデアは決して生まれません。この組織の閉鎖性&硬直化という点だけは、ムラ社会の残滓であるような気がしてならないのです。

    tomte013.jpg

     活性化というのは、昆虫の脱皮に似ているのだと私は思います。青い山脈じゃありませんけど「古い上衣(うわぎ)よ さようなら」なんでありましてね。いわゆる既成概念の断捨離ができないと新しい魅力を付加することができない。現状を維持することばかりに囚われていると、戦時中の冬の空襲警報下の状況のように、その場では不必要な上着やパンツまで重ね着して着膨れ状態で逃げ回るようなことになります。どんなに東村山のナカでは新しい最初のことでも、それが既存のモノの繰り返しである以上、マネッコや二番煎じ、三番煎じだとは見られてしまうのは自明の理です。
     どんなに一生懸命活性化に取り組んでも、結果として強烈なインパクトで無関心派の人々の心を引きずり込むことができなければ、「東村山はつまらない」「東村山は洗練されていない」「東村山には発展性がない」という負のイメージがさらに蓄積されて、人々の潜在意識の中に澱のようにどんどん溜まっていきます。
     東村山にだって地域活性化のための団体やイベントが存在する以上、その各々に会長だとか代表だとか理事長だとか実行委員長だとか、権力を有する責任者のみなさんもいるはずです。でも、その中に東村山の将来的危機を敏感に感じて積極的に行動している人が果たして何人いるのだろうかと。ムラ社会とは言わないまでも、東村山にムラ意識は確実に存在するのではないかと、何かにつけてついつい思ってしまうんでありますよ。

    tomte014.jpg

     よく使われるお役所言葉に、「関係諸機関とも綿密な連携を図ってまいります」というのがあります。これを日本語に訳すと「テキトーに打ち合わせだけしておく」という意味になるそうですが、果たして、東村山って本当に諸団体の連携が図られているんだろうかと、そのへんもナーンカ疑問に感じちゃったりもしているんでございましてね。
     そりゃあね、いちおー、イベントなんかをやる時にはみんなで集まって打ち合わせぐらいはやって、ソレナリの協力体制はとっていると思うんですけどね。東村山の未来についてトコトン議論して、みんなにスゴイワネーと思ってもらえるような結論を出したことが1度でもあるのかしらんと。ひょっとして、「しょせん東村山なんてこんなもん」とナメてかかってやしませんかしらね。
     もちろん活性化に関わっているのは善意の人たちだし、東村山を地獄の底に叩き込んでやろうという悪魔のような人は1人もいないから、1人1人の心にはそれぞれのアツい思いがあるはずなんですけどね。ナーンカそれが悲しいほどに伝わってこないのも事実なんでありましてね。たまーに広報媒体にあいさつ文が載っていることがあっても、たいていスピーチ文例集みたいな美辞麗句なシロモノでちっとも思いが伝わってこないんですのよねーっ。

    tomte015.jpg

     ナンダカンダで今、東村山にいちばん欠けているものは何かといったら、それは「public relations」という考え方じゃないかと私は思うんでありますよ。コレ、日本語に訳すと「広報」というカンタンな単語になっちまいますけど、本来は「組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団・社会)との望ましい関係をつくり出すための考え方および行動のあり方」という意味なんでありましてね。
     東村山のケースに当てはめて言えば、15万市民にどうやって働きかけ、どうやって心を動かし、どうやって市民活動に巻き込んでいくかということがいっちゃん肝心なはずなんですけどね。どーもアンでげすな、誰かが「この指とーまれっ!!」と指をさし出しても、集まってくる人たちっていうのがほとんど同じ顔ぶれなんでありましてね。ナーンカね、「みんなでつくるみんなの東村山」じゃなくて、「一部の人たちだけがつくる一部の人たちだけの東村山」になっちゃってる気がするんですのよね。
     もちろん、何かあればすぐに動いてくれる人たちっていうのは地域の宝なんですけどね。まかり間違うと東村山好き好き同好会で終わっちゃって、それ以上に発展しなかったりするんでございましてね。

    tomte016.jpg

     これは私の独断と偏見ですけど、いちおー20ン年住んできてヒシヒシと感じるのは、おそらく15万東村山市民のおよそ90%ぐらいは、東村山ガッカリ同盟と呼んでもイイくらいに、何かにつけて東村山にガッカリしてるんじゃないかと思うんですのよね。
     特に私なんか、総裁を名乗ってもイイほどにガッカリの連続なんでありましてね。先ずは市川一男市長の「目標の位置付けは田園調布」にガッカリし、文化的活動の少なさにガッカリし、大規模書店がないことに失望し、草の根市民クラブにドン引きし、東村山駅西口再開発に呆れかえり、住民投票法案の否決を憂慮し、突然辞職した細渕一男市長にズッコケて、火葬場みたいな八国山たいけんの里に嘆息し、ボランティア用ごみ袋の担当窓口の対応に落胆し、ちっともワクワクしない『水とみどりの東村山わくわくMAP』に匙を投げ、『まち歩き東村山』に幻滅し、市民討議会にガッカリし、東村山版株主総会にガッカリし、ワカモノ会議にガッカリし、議会報告会にガッカリし、観光振興プランにガッカリし、ちっとも身近にならない都政にガッカリし、ちっとも進まない地域活性化に辟易してるんだってばよぉぉぉおっ。

    tomte017.jpg

     無関心な人々の存在が厄介なのは、何をやってもリアクションが返ってこないために、あたかも存在しないかのように錯覚されて、一部の人たちの思いだけが優先されて物事が進んでいくこと。極端に言えば、本来は奇跡のヒーローやヒロインであるべき活性化のために尽力している人たちが、孤立化したモラトリウム状態に陥って裸の王様化しちゃうことなんでありましてね。
     やっぱホントはね、東村山ガッカリ同盟の人たちを積極的に片っ端から巻き込んでいくことが最重要課題であるはずなのに、何かにツケて自己肯定感が不足気味でヤルことナスことが中途半端だから、せっかくのパワーが雲散霧消してしまうことなんでありますよ。
     あのね、昔はそれでもぜんぜん良かったと思うんですけどね。昔はね、明日、山向こうの隣村で祭りがあると聞いただけで、ムラの若者はみんなワクワクしたんだと思うんですのよね。でも、今はネットでいろんなことをまとめて比較されちゃうから、彼らの頭の中で面白くなさそうなものはどんどん淘汰されていっちゃうワケでしてね。東村山の若年人口がどんどん減っているのもむべなるかななんでありますよ。

    tomte018.jpg

     ま、これはお役所なんかがよくやりがちなことですけど、誰からも文句が出ないような最大公約数の普遍性をめざして、できる限り異論の出ない決着をめざそうといたします。その結果、どーなるかというと、なんともホニャララな、誰も反対しないけど魅力の茫漠とした代物がでっち上げられます。
     ま、たとえば大手企業の新しいモノやコトを開発する部門の会議なんかでは、「反対意見が出ない案件には気を付けろ!!」というのが常識なんでありましてね。特に専門家や強い指向性の人たちだけで物事を決めちゃうと、世間の常識やニーズとはかけ離れた路線で突っ走ったりなんかする。それを避けるために最近は、わざわざ専門外の社外取締役を迎えてベクトルを修整したりなんかするんでございましてね。
     いちばんダイジなのは、10年後、20年後を見据えて、今を生きる人たちの思いの波紋を確実に広げていくことだと思います。ソレができないってぇとね、東村山の地域活性化なんて夢のまた夢じゃないかと思うんでありましてね。よっぽどインパクトのあることをやらないと、いつまで経っても90%の無関心な人たちは無関心なままなんでありますよ。

    tomte019.jpg

     それと、これもやっぱりお役所や善意の第三者機関によくあることですけど、みんなで集まって合議で物事を決めたりなんかかする場合、なかんずく気を付けなければならないのが「民主主義の罠」なんでありましてね。どんなことでもみんなの多数決で公平に決めましょう!!ナーンテやってると、何もかもが予定調和の小学校の学級会みたいなことになって、すべてがブナンでツマラナイ方向にばっかり進んだりいたします。
     ココだけの話、町おこしや地域活性化の成功例を見てみるってぇと、全会一致の多数意見で決まったなんてシロモノは皆無と言っていいほどにナイんでありましてね。たいていの場合、最初は反対する人のほうが多かったんだけど、個性的なリーダーや誠実な提案者の迸るパッションに衝き動かれて人々の心が変わっていったという、興味深いエピソードに彩られた劇的な展開が成し遂げられた場合が多いんですのよね。
     そこでやっぱり最大のキーマンとなるのは、地域のリーダーや活性化に尽力している人たちというよりは、むしろそれまで地元の活性化になんかテンデ期待していなかった無関心派の人々なんでありましてね。無関心派の人々を最重要のターゲットにしなければ、やっぱりどうしても関心の高い人々ばかりが集約されて、コミュニティの円環が閉じられてしまうように私は思うのでありますよ。

    tomte020.jpg

     無関心な人たちの心を動かすために必要なのは、しつっこいようですけどやっぱり個性や独自性や新規性、それを生み出すための独創性(オリジナリティ)だと私は思うんでございましてね。
     いえいえ、つっても無理ヤリね、いっぽんどっこの唄みたいに「人のやらないことをやれっ!!」と言うワケじゃあないんでございましてね。というよりはむしろ、真剣に悩みに悩んで物事を深く追究して考え抜いたのだとしたら、出てくる発想はおのずと独創的なモノになるはずだと私は思うのでありますよ。こないだ亡くなった野坂昭如氏も昔、TVCMで「ソッソッ、ソクラテスかプラトンか、ニッニッ、ニーチェかサルトルか、みぃんな悩んで大きくなった」と歌ってましたけど、どーもアタシャね、東村山はまだまだちっとも悩んでいないような気がするんですのよねーっ。たとえ悩んでいたとしても、既成概念に束縛されてルビコン川を渡ることができないままでは、いつまで経っても金持ちにもなれなかった杜子春みたいなもんなんでございましてね。
     これもやっぱり私の妄想かも知れませんけど、私にとって東村山と映画『あん』の千太郎のイメージってなーんかカブるんでございましてね。どこか自分に自信が持てなくて、どら焼きのアンコも出来合いのモノで済まして、虚勢を張りつつも偶然という名の運命に流されるだけのダメ男。ま、ダメ男ってことじゃ私も人後に落ちないんですけどねーっ。

    tomte021.jpg

     どーもね、何もかもが八方美人的発想の見切り発車で決まってしまっていて、ソコに付加価値がちっとも生まれてこない。てゆーか「コレが東村山だぁぁぁぁっ!!」という心意気みたいなものがじぇんじぇん伝わって来ないんでありますよ。カンタンに言えば、ナーンカ面白くないんでございましてね。
     面白くないモンが面白くない理由てぇのは明白で、思考の閉鎖性というかスケールの小ささというか内部撞着性というか、第三者の知的好奇心を呼び覚ませないということなんでありましてね。どーも人間ってヤツは、自分で勝手にカテゴリーを決めて考えて、自分の理解できる範囲だけに行動を閉じこめようとする傾向があるんでありますよ。
     本来、国宝だって東村山音頭だって志村けんだって豊かな自然環境だって、ぜーんぶ東村山の魅力的なコンテンツであることに間違いはないはずなのに、誰もがどこか不動産屋みたいに表層的なアピールをするだけだから、魅力を最大限に伝えることができていないんでありましてね。その魅力を欠点も含めて徹底的に解剖して、ちょっと通常とは違ったアプローチの仕方で昇華させれば、もうちょっとはメッセージ性も高まると思うのにそれをしないんでありますよ。

    tomte022.jpg

     そもそも、昨年3月に市が実施した『東村山認知度アンケート調査』でも、「都会的ではない」に次ぐ負のイメージとして認知されているのは「洗練されていない」というイメージでございました。ブッちゃけた話、「洗練されているとは思えない」ということは、単にセンスがないというよりも、総合的な状況分析や創造的思考ができていない、極言すれば「脳味噌を使った痕跡がみられない」ということと同じだと私は思うんでありましてね。
     ンナコト言ったって、区市町村の活性化の取り組みなんてどこもドッコイドッコイなんじぇねーのっ!!と思ってるカタもいらっしゃるかも知れませんけど、ナントおっしゃるウサギさん、もしそれがワカッテルんだったらね、東村山が率先して先進的なことをやって、「東村山ってスゴイね」と思ってくれた近隣自治体をどんどん巻き込んで、かつてないシナジーを生むことも決して夢ではないと思うのですが、そんな気配は今のところまるでありません。いや、実際にそれは東村山の中ですら起きていないのでありましてね。
     やっぱり理想は、誰かが面白いことをやったら、そのことに共感した別の誰かがもっと面白いことを始めるという、いわゆるパッションの伝播ということが肝心カナメの要諦だと思うのですが、東村山の場合、一次的に新しいことをやる人があらわれても、それに続く二次的・三次的な発展にはタメ息が出るほどに結びついていないんじゃあーりませんかしらね。

    tomte023.jpg

     最近、私があまりにもトンチンカンなんで驚いちゃったのは、市役所の都市マーケティング課が実施した『みんなで選ぶ東村山市のブランドメッセージ&ロゴマーク』でございましたぁぁぁっ。
     んー、百歩譲ってコレね、ホカにも地域活性化のための施策がいくつもあって、その中の1つとしてコレがあるんだったらアリかなと思うんですけどね。周りを見回してもホカに何をやってるというワケじゃなし、ナンダカとっても唐突な気がするんでございましてね。ヤッパ本来は、ホカにもいろんなことを徹底的にやって、盛り上げるだけ盛り上げて市民の期待が最高潮に達した段階で、「んじゃ、ここらでブランドメッセージを決めましょうかのっ!!」と提案するのがフツーだと思うんですけどね。そのあいだのプロセスがまるっきし端折られてるんですのよね。
     そもそも、ブランド化つーもののメリットは「付加価値が加わることで高くても売れる」ことのはずなんですけどね。ナーンカね、なんでんかんでん味噌糞いっしょに「たのしむらやま」つーことになると、売れ残りの在庫一掃セールみたいになっちゃって、付加価値どころか全体の価値を下げることになりゃあしませんかしらね。ま、ごく一部の人たちはそれでもノッてくれるのかも知れませんけど、ハッキリ言って、大多数を占める東村山ガッカリんこ倶楽部の会員の皆様は、コンナンじゃ余計にプライドや誇りを持てなくなっちゃうんじゃあござんせんかしらね。

    tomte024.jpg

     何かコノォ、全体を見る目、巨視的視点が欠落してるんじゃなかろうかと、東村山全体を見回しての総合的判断のできる人がどうしてコォもいないんだろうかと、どうしてコォ、ドイツもコイツも遮眼帯をかけられた馬車馬みたいに裸の王様になっちまってるんだろうかと、ついつい思っちゃったりするんでございましてね。つーかね、渡部尚市長も4月の庁内放送で「『たのしむらやま』でわくわくするような東村山創生を!!」とおっしゃってましたけどね。なーんだ、裸の王様の正体はアンタだったのかいっ!!と思っちゃったりもいたしましたわヨーッ。
     いやいや、私だって渡部市長はよくやってると思うんですよ。でーもね、ナーンカ最近、渡部尚市長をお見かけするたんびに、あちらこちら飛び回りながら誰にでも勝ち名乗りを挙げてる節操のない行司とゆーか、一部の市民をオダテまくっているタイコ持ちのように見えてきちゃったりもするんですのよね。私心がないし誠実だし、議会やタウンミーティングでも毎回丁寧に答えていらっしゃるし、東村山の現状をなんとか変えようと努力してらっしゃることには拍手を送りたいんですけどぉ、良くも悪くも優等生なんでありましてね。昔も今も優等生の最大の欠点は、ご自分の自覚のあるなしにかかわらず最大公約数的安全策をついつい選んでしまうこと。ご自身は清水の舞台から飛び降りる覚悟でやってらっしゃっても、他人にはフンドシから金玉がはみ出た程度にしか思ってもらえてないんじゃないかと思うんですのよね。

    tomte025.jpg

     渡部市長はさまざまなサイトのブロフィール欄で、好きな言葉として坂口安吾の「あちらこちら命がけ」を挙げていらっしゃいます。流行作家になっても決して時流に迎合しなかった、ドラッグ中毒になりながらも敢然と荒野に立ち続けた、求道者としての安吾の破天荒なダンディズムに共感を覚えておられるからだと思うし、市長の心の中には安吾に通じるパッションが眠っているはずだと私は勝手に想像しているのですが、なぜか普段の言動からはそれが感じられない。
     これはナントナクですけど、無縄自縛だなあとゆー感じがちょっとだけするんでございましてね。市長の潜在的パッションのストッパーになっているものは、おそらく人並み外れた責任感のせいではないかと、これもやっぱりナントナク思うんですけどね。ナーンカいっつも、すべての責任を我が身一身に背負って、姿の見えないエイリアンと戦ってらっしゃるようなところがあるんでありましてね。ソコのところがドーモ、ガンバってるのはわかるんだけど独り相撲に見えちゃったりする部分があるんですのよね。
     ホントは渡部市長の心の中にも、アッと驚く為五郎な潜在的パッションが眠っているはずです。でも、たぶん、やっぱり既成概念のせいで埋没しちゃっているような気がするんですのよね。てゆーか、そもそも東村山という町そのものが、どこか死んだ魚の目のような町になっちゃってる気がするんでございますけどねーっ。

    tomte026.jpg

     ツイデに言っとくワケじゃありませんけど、そんな渡部市長の肝煎りで実現したものの中で私がなかんずく感心したのは、「あんのまち東村山実行委員会」が作った映画「あん」ロケ地マップ『あんがこのまちに残したもの』でございました。
     ま、コレには私の知り合いが何人も関わっておりましてね。だからってお世辞で言うのでは決してなくてぇ、パンドラの匣の中に唯一残った希望であるかのように感じました。これほど作り手たちの気持ちが伝わってくる刊行物というのは東村山には未だかつてなかったと思います。もちろん、そのパワーの源泉は映画「あん」のオリジナリティの力なのでしょうが、映画「あん」が発するミッションコードが一部の東村山市民の何かを呼び覚ました証左なのでありましてね。
     コノね、想いがどんどん伝わってパッションが生まれていくということこそが、町おこしや地域活性化の原点なんでありましてね。しかも、「緑ゆたかな」「笑顔あふれる」という抽象的な理想概念ではなくて、実在の映画を媒介とした人生の奥義につながるメッセージとしてきちんと表現されているところは、前の市長さんや前の前の市長さんの時代にはなかったことなんでありましてね。やっぱりソコは渡部市長らしさなのではないかと考えるワケでございましてね。

    tomte027.jpg

     だぁけぇどぉ、ヤッパものすごく残念なのは、いかんせん大勢の人々に強大なインパクトを与えるようなモノにはなっていない点なんでございましてね。確かにミクロコスモスとしてはほぼ完璧なんだけど、町おこしや地域活性化という総合戦略的な観点からみると、テンデなっちゃいないのでありましてね。そぉんなぁんじゃ東村山無関心居住者連絡協議会のみなさんの心には訴えかけられないのでありますよ。
     せめて、東村山の魅力を伝える想いの籠められた同等のリーフレットが10冊同時に刊行されたのだとしたら、おそらく市民に対するインパクトも100倍くらいに増大して、新聞の地方版ではなくて全国版に採り上げられる可能性もあったと思うのですが、結局は映画「あん」にオンブにダッコの代物で、コレだけだと発展性がほとんどないから、どーしたって地域限定の美談で終わっちゃうんですのよね。ハッキリ言って詰めが甘いんでございましてね。
     今年3月に発表された「『東村山市シティプロモーションアンケート調査』結果報告書」にも、「イベントによる『認知→イベント参加→理解→愛着→移住』という流れで理解促進をはかることが望ましい」「まずは認知度促進活動を行うことが重要と考えられる」とありますが、ホントはその前段階として考えとかなくちゃならないことがイッパイあるんじゃあーりませんかしらね。

    tomte001.jpg

     どーもね、東村山について考える時、いつまで経っても私の頭の中にチャンチャカチャンチャカ流れてくる歌があるんでございましてね。それは、戦前に流行った「もしも月給が上ったら」「あゝそれなのに」という2つの歌なんでありますよ。ご存じないカタは、著作権切れで堂々とYouTubeで公開されていますから、ぜひ1度聞いてみていただきたいんですけどね。
     なーんかコノォ、東村山のヤルことナスこととゆーのが、アワヨクバ大作戦とゆーかイキアタリバッタリ方式とゆーか、全体を包み込む整合性というものがまるでなく、すべてがブチ切れで持続性がない。その場しのぎのパワーしか感じられないんでありましてね。ちょっと活気があるかしらと思えるのはイベントの当日だけで、それ以外の日はお通夜みたいな町なんだってばよーぉっ。
     アンにしても、私がどうしても杞憂を感じてしまうのは、現在の東村山の現状の延長線上には、たとえさりげなくソコソコの薄ぼんやりした未来はあっても、ギンギラギンの明るい未来は決してやってこないだろうということなんでありましてね。もしも、「いやいや、そんなことはない。東村山の将来には必ず輝かしい未来が待っている」と、そう断言できる方がいらっしゃるんだとしたら、たぶん、死ぬまで議論してもわかりあえないだろうから、縁無き衆生とあきらめていただくほかはないんでありましてね。

    tomte002.jpg

     んじゃ、ナーンデ東村山はこぉんなハラホロヒレハレの町になっちまったんだろうかと。その要因はヤッパ、市川&細渕のW(ダブル)一男ちゃん市長時代の24年間の無策のツケぢゃないか、とゆーのは半分冗談ですけど、何かしら東村山の風土として、小市民的とゆーかドングリの背比べとゆーか非創造的とゆーか、人をアッと驚かせるような先進的なことのできない、アナクロニズムに属する感覚が依然として残っているように思います。
     せっかく東村山を活気づけたいという目標もちゃんとあるんだし、そのために情熱を傾けてくれる人たちもいるっていうのに、いったい何をどうしたら活性化につながるのかという具体的なプロセスがまるで見えてこないのでありましてね。いやいや、見えてこないというよりも、活性化のための手段があまりにも稚拙で短絡的であるために、多くの市民の心にパッションとして響かない。市民の心を奮い立たせるプラスαの発想がないせいで、せっかくの貴重なエナジーが雲散霧消してしまっている気がするんですのよね。
     東村山市民の大多数を占めるのは、無関心派の東村山あーあヤんなっちゃった同盟のみなさんなんですけどね。そのみなさんだって生まれた時から、引っ越してきた時から無関心だったということはあり得ません。いったい、いつ、どこで、どのように無関心になってしまったのかを、徹底的に検証してみる必要があるんじゃござんせんかしらね。

    tomte003.jpg

     つーことで、ココイラで東村山がどーしてダメダメポンコツ都市なのかという核心に触れていきたいと思うんでございますけどね。ヤッパどーしても1番目は、「固定観念に裏打ちされた思考スケールの矮小さ」ということになるのではないかと思います。
     これはもう私が四半世紀東村山に住んでいてものすごく実感していることなんでございますが、東村山ってね、ナーンカ新しいことをイチから始めるのをとっても敬遠する傾向があるんでございましてね。想像力を超えたモノをちっとも見せてくれない町なのでありますよ。いちおー、いろんなことをやってるカタタチはいらっしゃるんだけど、考えがどこかセコハンでミニマムで、想像力を喚起してくれるような思考の広がりが感じられない。すべてが予定調和なもので満ちていて、固定観念の楽園とゆーか既成概念の坩堝とゆーか、東村山をイチから変えていくんだという覇気が伝わってこないのでありますよ。
     「それでもいいじゃん」というご意見もあるにはあるとは思いますけど、三島由紀夫の言葉を借りれば、「それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐる」のでありましてね。決して大げさなのではなく、私は東村山がこのままだと死んでも死に切れないんだっちゅーのっ。

    tomte004.jpg

     続いて2番目は、当ブログをお読みいただいているカタには先刻御承知の「リアクションを起こしてもらえるような独創的発想の欠如」なんでありますよ。
     いったい、東村山には進取の気象といふものがあるのだらうかと。しぃかぁもぉ踏んだり蹴ったりなことに、ヤルことナスことに独創性さえもがほとんどない。たいていヨソの町の二番煎じ、三番煎じ、中には百何十番煎じなものもあるというテイタラクなんでございましてね。誰にも文句を言われないキトキトに新しいことや、誰もが驚いちゃう独創的なことを実行できれば、いろんな人たちの琴線にビンビン触れてエナジーの伝播につながって、もっともっと新しい人たちも巻き込むことができるし、市外の人たちにもアピールできると思うのにソレをやらない。何かにつけて無難な方向へ無難な方向へとベクトルがズレていくから、「個」の主張を失ってどんどん訴求力を失っていくのであります、だっふんだぁ。
     ま、コレは「思考スケールの矮小さ」と表裏一体の関係なんだと思いますけど、何かにつけて東村山の人たちって、なんでんかんでん東村山という狭い枠の中に押し込めようとする傾向があるんですのよね。思考がタコツボ状態になっていて、せっかくのエナジーも内部で不完全燃焼を繰り返すばっかりだから、斬新な発想がちっとも出てこないんでありましてね。

    tomte005.jpg

     3番目は、「イノベーションを起こすための法則を無視し続けていること」であります。
     町おこしとか地域活性化つーよーなものは、シナジーの日本語訳が「相乗効果」であるように、相乗、つまり、ありとあらゆるさまざまな手法を駆使して、多角的に集中的に連続的に総合戦略的なコペルニクス的全面転回でスピード感をもって一気呵成にやることで、市民のあいだにバチバチと音が出るような化学反応が起きることがその最大目標なんでございますけどね。どーもなんでげすな、東村山の場合は何と申しましょうか、『きんぎょのおひるね大作戦』とでも申しましょうかしらね。いちおーいろんなコンテンツは揃っているにもかかわらず、「何かやっとけば東村山が盛り上がるだろう」という希望的観測だけで突っ走るから、やってることがみんなバラバラで、ものすごくワケのワッカラナイ、ビシッとした整合性の感じられない町になっちゃってるんですのよね。
     東村山が「笛吹けど躍らず都市」であることにはドナタ様もご異論はないと思いますけど、そーなっちゃってる最大の原因は、やっぱ「どーせ東村山なんてつまらないもん」というイメージが、何10年かかって市民のあいだに定着しちゃった結果だと思うんでありましてね。ソレを覆すのは並大抵のことじゃありゃせんのじゃテッ。

    tomte006.jpg

     4番目は、「将来や課題について徹底的に議論する場がないこと」なんでございましてね。
     いやいや、市民討議会や東村山版株主総会やワカモノ会議でもちゃんと議論はしてますヨッと市長はおっしゃるかも知れませんけどぉ、実際はね、そのほとんどが懐中じるこ方式の短時間の即席討論会だしぃ、フリーダムな議論が展開されているケースは皆無に等しいんでありましてね。
     とっても残念なのは、FacebookやTwitterではたまーにトンデモナク鋭い問題提起がされていることがあるんですけどね。ほとんどの場合、「いいね!」やリツイートがされるだけで情報の洪水に呑み込まれていってしまうこと。もちろん、基本的人権を害するような攻撃はダメですけど、少なくともイベントの内容についてぐらいは問題点を指摘しあっても何の問題もないと思うのに、コミュニケーション円滑の保持を理由にスルーされてしまう。私の周囲の辛口中高年軍団からは、一部のイベントについて「いつまでも補助金目当ての思い出づくりをやってるんぢゃねいっ!!」という声が何度も挙がってたりするワケですが、私の知る限りではかつてこの問題について徹底的な議論がなされたことさえございやせん。
     やっぱり基本は「万機公論に決すべし」であるべきなんだから、議論にタブーを持ち込んでなかったことにするのは、自分で自分の首を絞めることになりかねないと思うんですけどねーっ。

    tomte007.jpg

     5番目は、「効果的な情報発信メディアが1つも存在しないこと」なんでありましてね。
     いや、そもそもね。東村山ってホントに情報網がウチの会社の事務所の配線コードみたいにごんぐらかってる異常な町なんでございましてね。ネットで調べたって通りいっぺんのことしか出てこないし、市報には読み応えのある記事がほとんどないし、まいぷれ東村山市は「東村山市からのお知らせ」ばっかりで頭にきちゃうし、Facebook東村山会は告知だらけだし、人物について詳しく調べようと思っても所属団体や役職名が出てくるばっかりで万事休すだし、データベース的なモノが市役所の情報コーナーと中央図書館の地域資料コーナーぐらいにしかないから、ただでさえイチイチ足を運ばなきゃならないってぇのに、重要資料は持ち出し禁止だから書き写すかコピーしなくちゃなんないだっつーのっ。
     何よりも困っちゃうのが、人物のブロフィールや相関関係が極めてわかりづらいこと。私のような地縁的関係を持たない闖入者にとっては、もーちょっと、市長以外の東村山を動かしている人たちがどういう人かってことが見えてこないと、興味が湧かないし親近感も持てないんでありましてね。紙媒体はお金がかかると言うんだったら、せめてね、Web版インタビューマガジンや、イベントだけでも総合的に網羅している情報サイトぐらいはあって欲しいんですけどねーっ。

    tomte008.jpg

     6番目は、「さまざまなジャンルの人々を巻き込むような体制ができていないこと」。
     町づくりや地域活性化のキーワードとしてよく使われる「異なる才能のかけ算でイノベーションが生まれる」という言葉がありますが、まさにその通りなんでありましてね。しかし、残念ながら東村山にはまだイノベーションが生まれた気配はありません。今や東村山にとって記念碑的と言えるイベント「まちジャム」でさえ、キビシーことを言うようですが、雰囲気を高める芳香剤としての役割は果たしていても、イノベーションを起こす起爆剤としての役割は果たしていないのでありましてね。
     私は決して交友関係が広いほうではありませんが、それでも、「東村山に住んでいるから何らかの地域活動に関わってはみたいと思うけど、既存の団体やイベントには食指を動かされるようなものがないんですよね」という人を何人も知っています。なぜ、そうした人たちを巻き込むことができていないのかを、もっともっと切実に考えるべきであるように思うのでありますよ。
     東村山はもっともっと貪欲であっていいんだし、もっともっと積極的に市民にアプローチをしてもいいはずなのに、やはり自己肯定感が持てていないせいかどこか消極的なんでありましてね。ついつい「なーんでそーなるのっ!!」と言いたくなってくるんですのよねーっ。

    tomte009.jpg

     7番目は、「一部の組織・団体に垣間見られるアナクロニズムの蔓延」なんでありましてね。
     東村山市には、町おこしや地域活性化に関わるさまざまな組織・団体があるんでございましてね。ま、私もすべてについて知ってるワケじゃありませんけれど、「なんで30年前とおんなじ時代錯誤なことをやっとるんじゃぁぁぁーっ!!」とゆーのがとっても多いんでございましてね。詳しく書いてると長くなっちゃいますから割愛しますけど、「屁の突っ張りにもならない説明は要らないんだっつーのっ!!」「事前に資料を配付しとけばそれで済んだんじゃね?」「コレって全員いる必要あるの?」「それが目的だと手段は違うんでねぇの?」「こぉんなお通夜みたいな会議でアイデアなんか出るかいっ!!」ぬわぁーんてのがホントに多いんですのよね。
     だいたい、組織つーものは、油断しているとすぐに硬直化&形骸化いたします。いちばん肝心なのが適材適所、つまり御神輿に誰を乗せるかという人事なんでございますけど、主要団体の役員にはたいてい錚々たるお歴々が納まっていらっしゃる。ボランティアだから天下りにはならないと思いますけどぉ、そのお歴々のお1人が、アチコチに顔を出しては大昔の自慢話とパワハラまがいの小言をつぶやいては引っかき回しているとゆー噂は、ムラでは特に有名なんでありましてぇ、ソンナンじゃいつまで経っても東村山は進歩なんかできないんだっつーのっ。

    tomte010.jpg

     8番目は、「内部でしか通用しないモラトリアムな聖域を作ってしまっていること」。
     これは別名「アマチュアリズムの落とし穴」とも言われる課題でありましてね。カンタンに言えば、「私たちは決してブロではないのだから、それぞれが自由にやりたいことをやって、仲間内だけで楽しめればそれでいいじゃん」ということなんですけどね。でも、自分たちが面白がることにどんなに達者でも、他人を面白がらせるチカラがなければ、競争原理が働かないから東村山は永遠にナマヌル解放区になっちまうんだってばヨッ。
     特に主要イベントの場合は、既定路線として年中行事のように定着してしまっているワケですけど、主催団体に既得権益が生じているとは言えないまでも、それに準じた独占的優位性が生じているのは事実なんでありましてね。公的補助金も投入されているという関係上、せめて1つぐらいはコンペ方式で開催団体を決めるとか、一般市民も自由に評価したり運営に参画できるシステムがあれば、もーちょっとナントカなると思うんですけどねーっ。
     モラトリアムな壁を壊して、付加価値を相互に高めあう理想的な環境づくりができないと、市民1人1人がせっかく持っているはずの可能性としての伸びしろを無視することになって、非常にモッタイナイ気がするんですのよねーっ。

    tomte011.jpg

     9番目は、「誰1人として東村山のグランドデザインを描けていないこと」。
     ま、そぉんなヨウナモノはね、市役所の管轄部署がチョロッと出したりはしてるんですけどね。ソレじゃダメなんですのよね。だってぇ、ただでさえ東村山と聞くとウズウズしちゃう、わずかな魅力でも針小棒大に解釈して褒め殺しして下さる天然記念物のようなカタたちの視点で作ってるんですのよね。ンナンじゃ、もーどーでもいいのさ東村山死ね死ね団のみなさんのハートは掴めないんだっちゅーのっ。
     グランドデザインを作るつーのは、わかりやすく言えばテーマパークのイメージ展開図を作るようなもんだと思いますけど、パーツの模型をただ箱庭に並べたような代物じゃ訴求力が生まれないのでありますよ。東村山の歴史や文化について徹底的に分析した上で、何をどうすれば魅力として伝わるのか、興味を持ってもらうためには何が足りないのか、他のコンテンツとの関連性をどう持たせるか、大きな魅力だけではなく小さな魅力についても考慮して、イメージの空洞ができてしまう場合にはストーリーを付け加え、わかりにくい部分については飛躍的な装飾を加えるというような、想像力をかき立てるための死に物狂いの工夫が必要なんでありましてね。それができなければいっそのこと活性化なんて諦めるべきじゃあーりませんかしらね。

    tomte012.jpg

     そして、いよいよ最後の10番目は、「共同体感覚を高める多次的コミュニケーションを実践できていないこと」。
     人間にとってコミュニケーションがいかに重大かは言うまでもありませんが、実はこのコミュニケーションというのが曲者なんでありましてね。町づくりや地域活性化が画策される場合、どうしても「会合に実際に参加できる人」の意向が優先される傾向があります。でも、本当はその陰には、住んではいるけど知ったこっちゃない東村山居留民団の人たちがおびただしいほどいるんでございましてね。結果的にその人たちの意向は無視され続けることになっちゃってたりなんかしませんかしらね。
     前出の心理学者のアドラーも、「人間にとっていちばん重要なのはコミュニケーションを媒介とした『共同体感覚』である」と言っていますが、ただでさえ現代社会は、小集団だけが乱立する「小衆社会」とも呼ばれていて、「共同体感覚」を高めることがどんどんむずかしくなっています。今、東村山に最も求められているのは、実際に会って話をするという1次的コミュニケーションの壁を超えた、多次的コミュニケーションで未来を切り拓くことであり、それができなければ、誰がどんなにガンバったところでしょせんは「一部の人たちだけがつくる一部の人たちだけの東村山」になっちまうんじゃないかと思うんでござるよ。

    tomte013.jpg

     ま、要するに、『しろいうさぎとくろいうさぎ』をちょっとアレンジして言えば、「ねえ、そのこと、もっといっしょうけんめいにかんがえてごらんなさいよ」ということなんでありましてね。偉そうなこと言ってんぢゃねいっ!!とゆーご意見も当然あるんだと思いますが、やっぱり私はどう考えてみても、東村山の現在の状況の延長線上には、笑顔があふれているような明るい未来は見えないんでございましてね。このままでは、全国に何百、何千とあるヘナチョコ地方都市と同じ道を歩んでいくのではないかと。だったら、東村山がもう1ランク上のステージをめざして一斉に底上げして、他市に先んじて革命的なイノベーションを起こしたっていいじゃないかと思うんですけどねーっ。
     ハッキリ言って、東村山には現状のままでは飛躍できない本質的欠陥があります。相変わらず一部の人々だけが脳天気に盛り上がっている、たまーに新聞の地方版やニュースの穴埋めソースとしてマスコミに採り上げてもらえるだけの、書き割り建築のような、昼行灯のような、ほぼ当事者の自己満足にしかなっていない恥ずかしい現状のままで、いつまでも燃料ギリギリの低空飛行を続けるのか。それとも、もっともっと違った理想やベクトルを持つさまざまな人を巻き込んで、固定観念や既成概念にとらわれることのない本当の意味でコンテンポラリーな都市をめざすのか。東村山市は今、50数年の歴史の中でミゾユーの正念場に立たされていると考えるのは果たして私だけなのでありまショーカッ。

    tomte014.jpg

     誰かに「どちらにお住まいですか?」と聞かれて「東村山市です」と答えた時に、あなたの心に去来しているのは掛け値なしの誇らしさでしょうか、それとも、ヒジョーにビミョーで複雑な「東村山ですみません」という気持ちの混じった焦れったさでしょうか。「東村山です」と答えた時に、「えーっ!! あの、今、飛ぶ鳥を落とす勢いの東村山ぁぁぁっ?」と驚いてもらいたいと、ちょっとだけ思ったことはありませんか?
     このブログで前にもご紹介したことがありますけど、大本教の出口王仁三郎が主張した『雛形理論』というものがあります。もちろん、その根底にあるのはオカルティズムだから、私も諸手を上げて賛成するワケではありません。でーもね、どんなにテクノロジー万能の現代社会であるとはいえ、たとえ取るに足らないささやかなことであっても、そこに真実のカケラが含まれてさえいるならば、ホカの何かと少しずつ共鳴しあってシンクロニシティ(共時性)を生むのではないかという幻想は、むしろ持ち続けなければならないと私は思うのでありましてね。
     今までとは違ったアプローチの仕方で、これまでにはいなかった新しいジャンルの人たちのモチベーションを喚起し、誰にも真似のできない独自のパースベクティブを持つことができれば、明日にでも東村山は変わることができるかもしれない。そんなことを考えながらダメダメポンコツ老人の私は、棺桶に突っ込んだまま抜けなくなった片足を抜こうとしてモガいてるのであります。
     んー、てゆーか、今更ながらとっくに長文警報発令中なのでございましたーっ。

    tomte015.jpg

    【画像拝借サイト様】
    ★トムテブログ

    http://ameblo.jp/cafetomte/


    スポンサーサイト
    |08-10|ヘダラコメント(0)TOP↑
    01 西武新宿線の踏切のポールサイン

     そりゃね、東村山の「村」だってぇことはわかるんですけどね。せめて「東」にしてもらえませんかしらね。えっ、東久留米市や東大和市と混同するからダメ? んじゃさぁ、「山」はどーなのよ「山」はっ。武蔵村山市と混同するからやっぱりダメ? そんなこと言ったら「村」だって武蔵村山とおんなじじゃないのさっ。アンだって? 武蔵村山市に西武鉄道は走ってないから関係ない? んじゃ、この際、市名を「志村山」とかに変えたらどーでござんしょうかしらねぇ。

    うんこアイコン002

    02 東村山警察署のパトカーの対空表示

     東村山警察署よ、お前もかっ!!

    うんこアイコン002

    03 本町2丁目の道路境界表示

     んでもときたま、東村山市は東京都に入れてもらえてなかったりもするんですけどね。

    うんこアイコン002

    04 久米川町5丁目の寝具のやまだ

     ま、「固い信用やわらかい布団」というのは確かにペタではあるんですけど、ナカナカの名コピーですわね。でも、最近はお布団屋さんのほうのご商売が芳しくないようで、店内がリサイクルショップみたいになってるのが気になるんですけどね。

    うんこアイコン002

    05 恩多町3丁目の米ぼうやくん

     「食の演出自由自在」には恐れ入りました。でも、ソレってコメだけの話なんじゃねぇの!?と思ったりもするんですけどぉ。

    うんこアイコン002

    06 廻田町2丁目の貼り紙

     コレ(↑)を見るとついついね、ロンパールームの「きれいなキンタマ事件」を思い出しちゃうんですけどねーっ。

    うんこアイコン002

    07 恩多町3丁目の野火止用水の看板

     コイを食べられましたつってもね。だからっつって非難するのは、カエルに虫を食べるな、イルカにイワシを食べるな、ライオンにシマウマを食べるな、と言うのとおんなじで、青サギさんの立つ瀬がありませんわね。
     そぉんなこと言ったら、牛も豚も鳥も魚も殺して食べてる人間がいちばんコワイんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    08 都営東村山本町アパートの花壇01

     うんうん、せっかく植えたお花を「ふまないで」ってゆーのはよくわかるんですけどね。それでも踏み荒らすコマッタちゃんがいたらしくて、事件は一転コワイ方向へと急展開するのでございます。

    09 都営東村山本町アパートの花壇02

     うーん、やっぱ「災いがおよぶでしょう」「神罰がくだるはずです」はマズイんだってばヨッ。

    うんこアイコン002

    10 空堀川に浮かぶ呪いの箱

     コワイって言やぁコレ(↑)、前にも1度ご紹介したことがあるんですけど、ビニールテープでグルグル巻きにした上から、「○○は殺人犯」「○○は死ね」と書いてある空堀川の川面に漂う大量のタバコの箱、この写真はそのホンの一部なんでございましてね。
     今回は呪いの対象としてフルネームの名前が書いてあったので、試しにネットで検索してみたら、市内の某福祉施設に関係しておられる実在の方のお名前のようでした。箱を川に流すことで精神が浄化されたんだとしたらイイんですけど、万が一、事件に発展するような可能性もなきにしもあらずなんですのよね。
     もし、背景を探ってみようという篤実な福祉関係者の方がいらっしゃいましたら、モザイク無しの画像を提供しますので申し出て下さいましねーっ。

    うんこアイコン002

    11 野口町4丁目の謎の彫像

     コワイと言えばコレ(↑)もコワイッ。夜、自転車のライトの中にこんなのが浮かび上がったらオシッコちびるんだっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    12 久米川町5丁目のびっくりドンキーの犬の彫像

     びっくりドンキー東村山店のディスプレイ用オブジェですけどね。2歳くらいのお子様が泣きそうな顔になってました。もーちょっとカワユイのにしときなさいっつーのっ。

    うんこアイコン002

    13 恩多町3丁目のボーイスカウトの看板

     そぉ言えば、デビッド・ボウイも死んでしまいましたわね。

    うんこアイコン002

    14 久米川町4丁目のフェンス

     コレ(↑)を見て最初に頭に思い浮かんだのは「二重行政」とゆー言葉でございました。ドッチかわかりませんけど、あとから作ったほうのフェンスは要らないだろうガッつーのっ。

    うんこアイコン002

    15 本町3丁目のほんちょうケアセンターのぼり

     「みんなにhell」なんだそーでございましてね。「もしも男が悪魔なら、女は1人で地獄全体」とゆー格言もございましたけどぉ。

    うんこアイコン002

    16 大越さんちの表札

     劇団ひとり大岡越前守忠相。

    うんこアイコン002

    17 小林一三さんの表札

     そぉかってぇと、東村山にはこぉんなカタも住んでいらしてですね。同姓同名の超有名な御本人は59年前に亡くなってますけど、やっぱりアヤカッて付けたんですかしらね。

    うんこアイコン002

    18 悪原さんちの表札

     昭島市の「悪魔」くんは受理されませんでしたけど、毒島さんや下水流さんや霊園さんや悪原さんが実在するニッポンの名字の不思議。

    うんこアイコン002

    19 美住町2丁目の野菜直売所の試食コーナー

     中身は大根のお漬け物だそうですけどね。アァタね、字をド忘れしたんだったら辞書をお引きなさいましね。「し食」じゃお線香をあげてチーンと拝みたくなるんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    20 大善院のご教訓カレンダー

     んとにそーなんでありましてね。東村山市民のみなさまにおかれましては、くれぐれもよぉく吟味してから選挙に行って下さいましね。

    うんこアイコン002

    21 市内各所のパウチ貼り紙01

     んま、東村山市内のパウチ貼り紙ってね、たいていはこぉんな(↑)感じぃなんですけどね。ヤクルト東村山センターさんのはコレ(↓)。

    22 ヤクルト東村山センターのパウチ貼り紙02

     いやいや、ヤクルトレディ改めヤクルトさんって、けっこう美人揃いだと思いますけどね。お1人ぐらいはこんな方もしらっしゃったりなんかしちゃったりするんですかしらね。わかりませんけどぉ。

    うんこアイコン002

    23 ニチイケアセンター東村山野口町の人材募集貼り紙

     ほんなこってパンナコッタ、ニチイケアセンター東村山にはわんこのスタッフがいるそうなんですのヨッ。だったら、ウチのゐぬ4匹もバイトに行かせましょうかしらね。時給910円で月180時間労働だとすると、お給金は4匹で締めてナント65万5,200円。つーことで、ここはヒトツ犬材派遣業でも始めて、角兵衛獅子の親方のような暮らしを夢見るのでございましたーあっ。

    うんこアイコン002

    24 栄町3丁目の空堀川暗渠の看板

     最近、空堀川の暗渠に立てられた看板ですけどぉ、作者がすでにお亡くなりになってから50年以上経って著作権が切れてるみたいなぁ。ま、懐かしいっちゃ懐かしいですけどね。

    うんこアイコン002

    25 恩多町3丁目の駐車場の看板

     おみゃーはヨード卵光の親戚かっ。

    うんこアイコン002

    26 JAの葬祭01

     そいでね、コレ(↑)は何の変哲もないJAさんの看板ですけど、ふと、思っちゃったりなんかしましたのわぁ、ほらほら、市民産業まつりの時にこぉんな(↓)野菜の宝船がございましょ。

    27 JAの葬祭02

     コレに棺桶を乗せて町内を野辺送りしていただけるのなら、アタクシの葬儀をお願いしてもいいかしらと思うんですのよね。どーかご検討下さいましねーっ。

    うんこアイコン002

    28 JA東京みらい東村山市店のウィンドー看板

     そうそう、JAさんって言やぁ、TPP反対のポスターやノボリはとっくのトーチャンに片付けてるのに、2階の窓の切り文字だけはいまだにそのままなんですのよね。
     やっぱりコリャね、あれだけ「TPP反対」を謳っていた自民党への不信感のあらわれなんじゃないですかね、うん。

    うんこアイコン002

    29 東村山駅東口の交番移転告知貼り紙

     コレ(↑)は、東村山駅の高架化工事のためにお引っ越しした東口交番の移転案内図ですけどね。どーしてお役所ってやつぁ、貼る場所と方向を考えて案内図を作らないんですかしらね。誰かさんみたいな方向音痴は脳味噌がグルグルしちゃうんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    30 萩山町3丁目のプラザ萩山の犬フン警告看板

     犬のふんシリーズ第1弾。ま、ワッカラナクはないんですけどね。ホントに10万円払わせたらぼったくりバーと変わんないだっちゅーの。

    うんこアイコン002

    31 久米川町3丁目の貼り紙

     やっぱりアンですわよね。清少納言が生きていたら「いとをかし」と言ったであろう趣のある風情がなんとも言えませんのよね。東村山にもこぉんな奥ゆかしいカタがいるんだと感心いたしましたーっ。

    うんこアイコン002

    32 美住町2丁目の犬の糞放置警告看板

     ソコソコに面白くはあるんですけどね。「だから歩けるアンタが拾えばいいじゃん」と言われてるようでイラッとくるし、いまいちインパクトには欠けますナァ。「フンさせて立ち去るお前はクソ人間」とでも言いたいところなんですけどぉ。

    うんこアイコン002

    33 久米川町1丁目の英語看板

     ま、捨てられた缶の処理が面倒クサイのはわかりますけどね。自動販売機があるのに「ここに捨てるな」じゃ、そりゃないぜセニョリータですわよね。たまーに「ほかの販売機で買った缶やペットボトルを捨てるな!!」ぬわぁんて貼り紙もあったりしますけど、ソンナンじゃ共生社会は成り立たないんだっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    34 諏訪町1丁目のCPの看板

     ヨリにヨッて廃屋のとなりに立てることはないと思うんですけど、CPさんの看板はいっつも突拍子もないところにあるんで不思議でござるよ。

    うんこアイコン002

    35 東村山市民スポーツセンターの駐車場の貼り紙

     コレ(↑)、市民スポーツセンターの駐車場の入口に貼ってあったんですけどね。要するにアンですな。五中のイベント開催日に、市民スポーツセンターの駐車場をチャッカリ利用する不届き者の保護者の皆様がいらっしゃると。でーもね、こぉんなヤワな表現の貼り紙でホントに効果があったんだかどーだかね。

    うんこアイコン002

    36 美住緑道の謎の看板

     どー見ても別に子どもが通り抜けたって問題ない場所にあるんですけどね。ご近所のダーレカさんから「子どもの通り道になってるとワーキャー騒いで五月蝿い!!」とかユッて苦情が出たんでしょうね。お役所もご苦労様なこってすナァ。

    うんこアイコン002

    37 栄町3丁目のチャイルド社商品センターの駐車警告看板

     んー、ナーンカ違和感あると思ったら、クルマの運転してるお子様なんかいないんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    38 工事中の多摩湖自転車道の警告看板

     多摩湖自転車道の工事現場にあったんですけどね。丁張つーのは、「構造物の水平や直角の基準となる立体的な目印」のことらしいです。たぶん、壊しちゃった若いモンに頭に来た現場監督さんが立てたんでございましょうね。

    うんこアイコン002

    39 ジョナサン東村山店の幟

     東村山の国宝は、いつの間にかとろけてなくなっちゃったらしいよ(ウソ)。

    うんこアイコン002

    40 栄町3丁目のパイン薬品のサトちゃん

     「のらないで」つってもね、歩道にハミ出て置いてあったら、子どもぢゃなくても酔っ払いだって乗りたくなりますわよねーっ。

    うんこアイコン002

    42 野口町1丁目の道路標識

     えっとね。コレ(↑)は、東村山駅西口の多摩信用金庫東村山店の前の道路案内標識なんでございますけどね。左折すると府中街道に出るってホントなんざんすかしらね。
     ムラの人はわかってるからイイですけど、知らない人は左折したまんま徳蔵寺のそばの丁字路にぶつかって途方に暮れるパターンざんすわよね。ナーンカ配慮が足りない気がするんですけどぉ。

    うんこアイコン002

    43 トロルの正月飾り

     コレ(↑)はアンだかっつーと、野口町1丁目の絵本専門書店「トロル」の正月飾りなんでございましてね。見ているだけで楽しくて、さす~が関本さんってゆー感じがしますわねーっ。

    うんこアイコン002

    41 MCS東村山のご教訓貼り紙

     んでもってコチラ(↑)は、まいどおなじみ本町2丁目の自転車屋さん「NCS東村山」さんの正月飾り。「今年も戦後が続きますよう」にちょっとドキッとしたりなんかいたしました。

    うんこアイコン002

    44 ウイング通りのお習字フラッグ

     ホンでもってコレ(↑)は、ウイング通りのお正月のお習字フラッグなんでございますけどね。どーしてアァタ、どうせヤルんだったら東村山にちなんだ言葉にナーンデしないんですかしらね。
     「正福寺千体地蔵堂」とか「多摩湖」だとか「だいじょぶだァ饅頭」だとか「千体地蔵最中」だとか「四面楚歌」だとか「葦の髄から天井覗く」だとか「闇に鉄砲」だとか「弱り目に祟り目」だとか「東村山市民新聞」だとか「不審者逮捕」だとか、もうちょっと関連性のある言葉にすればいいのにねーっ。

    うんこアイコン002

    45 青葉商店会のフラッグ

     んで、打って変わってコチラ(↑)は青葉商店会の街灯フラッグ。「チップがとりもつ笑顔と絆」って、なんだか50年前にタイムスリップしちゃったような塩梅ですことね。
     つーか、アタシャ、月に1回くらいわんことの散歩の途中に青葉商店会でお買い物しますけどね。そのなんたらチップつーものを1度もいただいたことがないんですのよね。あんまりにも風貌が都会的センスに満ちていて東村山の人ではあるまいと判断しちゃうんですかしらね。ンナワケないんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    46 三栄サービスの「ちりもつもれば6号」

     コレ(↑)はぁ、市内の資源回収業者「三栄サービス」さんの配送用トラックの名前でございましてね。みんながこれっくらいの洒落っ気を発揮したら東村山も少しは「洗練されている」と思われる街になるかもしんないのにねーっ。

    うんこアイコン002

    47 諏訪町1丁目の双葉会温泉旅館東京案内所

     双葉会だの松葉会って聞くと、ついつい昔のヤクザを思い出しちゃうんですけどねーっ。刑事ドラマに出てくる暴力団の名前も、今じゃ銀竜会や竜神会に席巻されてしまいましたわね。

    うんこアイコン002

    48 久米川2丁目の株式会社家主の砦の郵便受け

     名前だけはインパクトありますけど、実はごくフツーの不動産屋「家主の砦」。となるってぇとね、「店子のアジト」もどっかに作ってほしい気がするざんすわね。

    うんこアイコン002

    49 恩多町3丁目の空き地

     キンカクシ付きの和式便器かと思ったら、ガードレールの先端の部品でございました。もーちょっと有効的な使い方はないもんでござるかのっ。

    うんこアイコン002

    50 廻田町4丁目のグッドジョブの看板

     あんだけWANDAのCMで山崎努社長が連呼していたとゆーのに、いまだになくならない「シュミレーション」の不思議。

    うんこアイコン002

    51 恩多町2丁目の「月の女神」

     コレ(↑)だけ見たら、てっきりBarかスナックと思いましょ。でーもね、実は会員制のアンチエイジング&リラクゼーションサロンなんだそーなんですのよね。まぎらわしいから焼酎のポスターなんか貼るんじゃないっつーのっ。

    うんこアイコン002

    52 諏訪町4丁目の謎のオブジェ

     コレ(↑)は、諏訪町4丁目のお宅の玄関にある謎のオブジェでございましてね。ワケがわかんなくてネットで調べてみたら、30年ぐらい前の一時期、ミサワホームのすべての住宅に付いていた玄関ポーチブラケット照明。鳥の数はグレード、アルファベットは型式をあらわしているんだそーでござるよ。
     ちなみに、友達の家の玄関にコレが付いていて、ヘンな宗教じゃないかと悩んでいるという投稿がYahoo!知恵袋に載っておりました。ったく人騒がせなオブジェだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    53 久米川町2丁目の鷲の置物

     そぉかってぇと、フツーはお座敷の床の間に飾ってある鷲の置物を、なーぜか門柱の横に飾っているお宅(↑)もあったりするんでございましてね。「ココはワシの家!!」とか言いたいんでしょうかしらんね。

    うんこアイコン002

    54 久米川町2丁目の都道工事現場01

     コレ(↑)わぁ、ほとんどできてるのに開通する気配のない東村山都市計画道路3・4・27号線の工事現場でございますけどね。新しい道路を造る時ってこぉんなに深い穴を掘るんですわね。
     んで、すでに完成している照明灯の柱にはこぉんなモノがっ(↓)。

    55 久米川町2丁目の都道工事現場02

     あっそーかそーか、この台の上にバカ殿や変なおじさんのカラクリ人形が載せられて、毎正時に踊りながらクルクル回る仕掛けになるって寸法ね。アーラ面白いわネッと思ったんですけど、いつまで経っても人形が載っかる気配がないのでありますよ。いったいどーしちゃったんですかしらねーっ。

    うんこアイコン002

    56 4丁目の北多摩生協診療所の赤鬼

     んで、コレ(↑)はアニかっつーと、本町4丁目の北多摩生協診療所の通所リハビリテーション会場のダンボール製の節分の鬼さん。た・ぶ・ん、肩とお腹と膝の穴にボールを入れるゲームなんざんしょね。

    57 本町4丁目の北多摩生協診療所のお雛様

     しばらくして3月に通りかかったら、今度はお雛様の顔ハメ(↑)に変わっておりました。使ってるところを想像すると心がホンワカしてまいりますわよね。あとン10年するとお世話になるかもしれませんのヨッ。

    うんこアイコン002

    58 栄町2丁目の一夜干しネット

     オトーサンの釣ってきたアジが大漁だと固定電話が通じなくなっちゃう栄町2丁目のお宅。

    うんこアイコン002

    59 帰って来たキンバスノート

     帰ってきたキンバスノート。ワケわかんないシトは、お手数ながら2013年6月28日と2014年3月15日の過去記事をご覧下さいましねーっ。

    うんこアイコン002

    60 久米川町3丁目の石敢當

     ねっ、石敢當。ワケわんかないシトはネットでググッてみませうね。

    うんこアイコン002

    61 本町3丁目のほんちょう保育園の築山

     銀閣寺の向月台でも作るのかと思ったら、その正体はほんちょう保育園のお山の大将用の山でゴザイマシタ。

    うんこアイコン002

    62 野口町1丁目のお稲荷様

     コンクリート打ちっ放しの超未来派住宅と、お稲荷さんの祠が同居している東村山の不思議。

    うんこアイコン002

    63 久米川町4丁目の屋敷神01

     コレ(↑)は某お宅の屋敷神でございまして、内部がよく見えないのでどういう神様をお祀りしているのかはわからないんですけど、なにげなく前に立って手を合わせて拝んでから顔を上げたら、アカチバラチーと叫んでそのまま視線が釘付けになってしまいました。
     てぇのも、こういう屋敷神の小さな祠ってね、小さいなりにデフォルメされて簡略化されてるのがフツーですけど、この祠はまるで映画のミニチュアセットのように細部まで精密に作られてるんですのよね(↓)。

    64 久米川町4丁目の屋敷神02

     個人のお宅の神様だから、決して市指定文化財でもなんでもないんですけど、民俗学オタクとしてはとっても惹かれるのでございます。興味のある方は場所をコッソリお教えしますのでご連絡下さいましぃぃぃ。

    うんこアイコン002

    65 美住町1丁目第3仲よし広場の看板

     んー、やってみたかったんでしょうね。んー、でも、そんなに簡単に曲がるのかしらね。夜中にコッソリ曲がっていない右側で試してみようかしらね。

    うんこアイコン002

    66 本町2丁目の自転車放置禁止の看板

     文面には放置自転車が「美観をそこねる」から停めるなって書いてありますけどね。不法駐輪監視員さんの努力で放置自転車がほとんどなくなった今、看板のほうが美観を損ねてるんだっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    67 野口町2丁目の欅閣の空室看板

     「空室あり」はイイけど「予定」ってなんなんだヨッ。
     今は満室だけどどーせ空室が出るだろうってゆー自虐的予測? 「いやー、予定が狂っちゃって満室になっちゃんたんですけど、ホカのイイ物件があるから見てってね」とゆーオトリ広告? それとも、予定はあくまで未定だから未来完了形が過去完了形より優先されるってこと?
     だから「予定」ってなんなんだヨッ。

    うんこアイコン002

    68 栄町2丁目のグランデール久米川のベランダの手すり

     コレ(↑)、どっかで見た覚えがあると思ったら、ネットのニュースでやってた、ヤフオクで超破格値で落札された千葉の殺人事故物件のベランダの手すりとおんなじなんですのよね。
     んー、なんとなく成金趣味。

    うんこアイコン002

    69 野口町4丁目の正福寺門前の警告看板

     だぁかぁらぁ、せっかく功徳を積みにご先祖様のお墓参りに来たんだったら、バチ当たりなことをするんぢゃねぇんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    70 美住町2丁目のニチイケアセンターの表示板

     「ほほえみ」はいいんですけどね、「やわらぎ」は死んだらメンマにされそうで怖いんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    71 大岱小学校の警告看板

     んー、ナーンカね、「エーッ、近隣には学校があるんだからしてぇ、俄かに出現せる小児の多きことに留意したまえよ諸君、オッホン!!」と言われてるような気がするんですけどぉ。ホントはね、「児童の安全教育が行き届きませず誠に申し訳ございません。交通ルールを無視して急に飛び出す子どももおりますので、何卒十分にご注意いただきますようお願い申し上げます」とか書いといて、校長が土下座している写真でも載せとかなきゃなんないんじゃないですかしらねーっ。

    うんこアイコン002

    72 志村美容室

     ひとみばぁさんが出て来ないかと期待しちゃったりもしましたけど、残念ながらとっくに廃業なさってる美容室なのでありました。

    うんこアイコン002

    73 丸葵急送のトラック「朝霧丸」01

     東村山でいちばん有名なトラックと言えば、丸葵運送さんの「朝霧丸」(↑)。えっ!? ご存じない!? あら大変。そんなこっちゃ東村山の市民権を剥奪されちまいますわよーっ。ナワケありませんけどぉ。

    74 丸葵急送のトラック「朝霧丸」02

     ナント、「朝霧丸」のサイドには正調東村山音頭の歌詞(↑)が書いてあるんでございましてね。えっ!? それにしちゃ、あんまり目立たない!? んー、ソコんところはね、羽織の裏生地に凝った江戸っ子のように、目立たないところにお洒落をする心意気なんじゃござんせんかしらね。
     たまーに街を走ってますから、見かけたら御祝儀でもやってくんなましね。

    うんこアイコン002

    75 天王森公園で休憩するおばあさん

     バッチャンよぉぉぉ、それはロデオボーイぢゃねぇんだってばよぉぉぉ。

    うんこアイコン002

    75 天王森公園で体操するおじいさん

     ジッチャンよぉぉぉ、それはワンダーコアぢゃねぇんだってばよぉぉ。

    うんこアイコン002

     それではこの辺で、東村山らしくない建物ベスト3の発表とまいりましょうかのっ。

    77 萩山町2丁目の歯医者さん

     さて、第3位はコレ(↑)でございましてね。萩山町2丁目の歯医者さん「G.G.デンタルクリニック」。でも、看板がないんじゃないのぉ?と思われるかも知れませんが、ソコがとっても洗練されてるんでございましてね。ちゃーんと窓の内側にチッチャな看板があるんですのよね。

    78 本町1丁目のスリーポイント

     んで、第2位は、本町1丁目のベンツ専門パーツショップ「スリーポイント」(↑)。東村山にベンツっていうだけでも提灯に釣り鐘なのに、エンブレム付きのフロント部分を看板に仕立てているところがとってもcoolなのでありますよ。

    79 本町3丁目のアメリカナイズされた住宅

     いよいよ堂々の第1位は、本町3丁目のアメリカナイズされたお宅。ひょっとするってぇと、近所のお宅にはちょっと煙たがられてたりするかも知れませんけどぉ、ここまでパーペキにやられると脱帽ですわよね。こんなのがあると、インディペンス通りなんてあったって屁のつっかえにもならないんだっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    80 2016年8月2日のもび郎&じろ吉&多助&Barbie

     いったい東村山はこれからどーなるんでしょうかしらね。どーもアンですわよね、やっぱりこのままじゃいけないと1日にいっぺんは必ず考えるんですけど、わんこと散歩に行くたんびに「ま、いいか」と思って忘れチャウチャウんですのよねーっ。
     「結局、アンタは何をしたいんだぁ?」ぬわぁんて聞かれる困っちゃうんですけど、今日も今日とて犬の散歩じゃなきゃ入り込まないような東村山の魔界を彷徨っております。ま、東村山のイカれた宮本常一だと思っていただければいいんじゃありませんかしらね。
     それではみなさま、またいつかどこかでお会いいたしませう。

    【画像拝借サイト様】
    「うんこだらけのフリー素材」バナー



    |08-10|写真日記コメント(0)TOP↑
    01 恩多町4丁目のアパートのごみ集積所

     まーだまだ溜まってないと思っても、いつの間にか溜まってるんですのよね。あー、めんどくさっ。
     えっ!! ナニナニ!? コレ(↑)はアニかって? アンでしたかしらね。あっ、そうそう、恩多町4丁目のアパートのごみ集積所でございましてね。マスコミに追っかけ回されていた横山昭二弁護士を彷彿とさせるような、パウチの貼り紙が悲鳴をあげておりましてよ。
     ったくね。ゴミの分別もマトモにできないようなバカ者は条例でも作ってどんどん市外追放にすればいいんですのよね。えっ!? ナニ? そんなことをしたら東村山から若者がいなくなる? いいじゃないのぉ、ムラヤマ老人天国。
     さっそく渡部尚市長に「終活促進都市宣言」でもしてもらって、サンパルネは全部納骨堂にして、正福寺の本堂は壊してポックリ大仏とか造って、北山公園は青森の恐山みたいなアミューズメント施設にして、八国山たいけんの里は火葬場、ふるさと歴史館は即身成仏道場にして、「死ぬなら終活の殿堂・東村山で逝こう!!」とかユッて、町中には朝から晩まで御詠歌が流れているという、シビれるような毎日を送ってみませんか、皆の衆っ。

    うんこアイコン002

    02 久米川町4丁目のごみ屋敷候補

     ゴミって言やぁね、この(↑)久米川町4丁目のゴミ屋敷東村山市第1号候補?もとっても気になるんでございましてね。貯め込まれてるブツがどう見たって価値ある資源じゃござんせんのでしてね。
     ま、全国各地で強制撤去できる条例を作って対処してたりなんかしますけど、ゴミ屋敷の住民のカタって、ほとんどが不安神経症みたいなことになってるってぇハナシですから、精神的なケアからはじめないと何度でも繰り返されたりするらしいんですのよね。そのへん、東村山市の取り組みはどーなってるんでございましょうかしらノッ。

    うんこアイコン002

    03 本町1・2丁目の道路予定地のフェンス

     そぉ言やぁ、最近、府中街道の本町近辺で目立つのがこの道路予定地のフェンス(↑)。せめて駅前まで府中街道を野口橋以南並みに拡幅したいってぇのはわかりますけどね。完成する時までアタシらが生きてるかどうかはわかんないんですのよね。だったら、ナーンカ有効利用はできないもんでしょうかしらね。
     それこそ宝探しゲームのポイントにしちゃうとか、休日限定でフリマ用に貸し出すとか、市民公募でテーマを決めた野外オブジェ展の会場にしちゃうとか、ナーンカ考えていただけないもんですかしらね。

    うんこアイコン002

    04 東村山市民文化祭の立て看板

     コレ(↑)は、今年の東村山市民文化祭の立て看板ですけどね。どうにも黄色に反対色の藍色を持ってくるところなんざぁ、風雪流れ旅のチンドン屋状態で、いっちゃん肝心な「文化」の香りがちっとんべぇ漂って来ないんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    05 久米川町2丁目の畑

     んで、久米川町2丁目の畑にはこぉんな(↑)看板ガッ。ま、ヨッポド頭にキタんだとは思いますけどね。どうもコノォ、何のひねりもない命令口調の警告看板ってゆーのはドコか神経を逆撫でしますわね。

    うんこアイコン002

    06 美住公園の犬フン放置警告看板

     そこへいくってぇと、この(↑)美住公園の看板は、「読ませる」「アッと思わせる」「記憶に残る」の三拍子揃っていて、ホントにスンバラシイのでありましてね。どーかヒトツ、わんこのみなさんはココロして読んで下さいましね。

    うんこアイコン002

    07 本町2丁目の當間洋服店の看板

     看板っていやぁね、この東村山駅東口の當間洋服店さんの看板(↑)はとってもレトロなんでございましてね。ムカシゃね、ドコの駅前にも1軒ぐらいは、この「は」と「の」を入れた看板のビミョーなこだわりのお店があったもんですわよね。前にあった1階のお店は不動産屋に貸して2階に御籠もりになっちゃいましたけど、看板だけは昔の名前で出ているのでありますよ。

    うんこアイコン002

    08 OZAMラーレ東村山店

     もうずいぶん前から、何時までやってるのかがわからなくなってるOZAMラーレ東村山店の看板(↑)。

    うんこアイコン002

    09 諏訪町3丁目の某お宅の看板

     ソンナコンナで、コレ(↑)は諏訪町2丁目のお宅に出ている看板。「nutrition」だけワッカラナクテ辞書を調べたら「栄養学」のことでございました。いずれにしても、スキルを6つもお持ちの奥様っていったいどんなカタだろうと想像はふくらみにふくらみます。ま、案に相違して大滝秀治みたいなお爺さんが出てきても、ソレはソレでとってもうれしかったりするんですけどねーっ。

    うんこアイコン002

    10 恩多町4丁目の3D表札

     コレ(↑)は、看板じゃありませんけど恩多町4丁目でお見かけした表札。写真じゃよくわかんないと思うんですけど、ナント、花と名字がドーンと浮き出る3D表札なんでありましてね。最初に見た時のインパクトは強烈でゴザイマシタ。
     ま、このお宅の名字はわりと珍しいからイイですけど、佐藤・田中・鈴木なんてゆー犬のクソみたいな名字のお宅だと、「チェッ、佐藤のくせに表札ばっかり派手にしやがって」とか思われちゃうかもしれませんからヤメときましょうね。

    うんこアイコン002

    11 自転車屋さん間違い貼り紙2連発

     たまり漬けでも漬けてるのかと思いましたわヨッ。東村山の代表的オッチョコチョイが、揃いも揃って自転車屋さんだというところに特段の意味はないと思いますけど、んー、確かに日本語ってムンズカシイんですのよね。

    うんこアイコン002

    12 モンテプラザ東村山の外装工事の貼り紙

     いやさ、どやさ、世の中には、よくよく考えるとどこかオカシナ貼り紙というのがあるんでございましてね。コレ(↑)なんかもそうで、だったら、つねに注意して上を見上げながら頭を抱えてビクビクしながら通れってことざんすかしらね。んなこたぁナイと思うんですけどね。

    うんこアイコン002

    13 本町1丁目のハチの巣警告貼り紙

     コレ(↑)なんかもそぉなんでございましてね。だぁかぁらぁ、わかってるんだったら、剣呑だから先に蜂の巣を駆除してくれっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    14 国勢調査2015キャンペーンポスター

     これもイガカナモノカの物件ですけど、よりにもよって国勢調査プロジェクトチームのリーダーに高田純次を選ぶこたぁありませんわよね。でもぉ、ひょっとすると『じゅん散歩』って自民党が陰のスポンサーで、巷に潜む政府への不満分子を探査するゲーペーウーみたいな番組だったりするんでショーカッ。んー、だったらコワイんですけどぉ。

    うんこアイコン002

    15 イトーヨーカドー東村山店の駐輪場の自転車

     コレ(↑)は、イトーヨーカドー東村山店の駐輪場にあった自転車ですけど、お子さんが大きくなって使えなくなったチャイルドシートにビニール紐を張って、カゴとして再利用なすっております。ま、見栄えは悪いですけど、この見上げたモッタイナイ精神には拍手を送りたいと思いマンモス。

    うんこアイコン002

    16 東京野火止FCのポスター

     アタシャてっきりね、東京ドーム、西武ドームに続いて、東村山にも野火ドームができたのかと思っちゃいましたわヨッ。おまいさんね、「野火止」をローマ字表記するんじゃねぇっつーのっ。

    うんこアイコン002

    17 本町1丁目の某お宅の郵便受け

     あえて場所は秘しますけど、入居したばっかりなのに「猛犬注意」「訪問販売お断り」とダブルで貼られるってぇと、勧められるとなんでもホイホイ買っちゃうおバァさんが出てきそうな気がどーしてもしちゃうんですけど、やっぱり下衆ヤバ夫の勘繰りでしょうかしらね。

    うんこアイコン002

    18 久米川南土地区画整理組合の竣工記念日

     えっとぉ、コレ(↑)は、東村山出身の明治時代の歌人・南雲運国斎の歌碑でございまして、刻まれておりますのは「行き暮れて賽の河原の道しるべ何処へ往くのか東村山」。なワケないんでございまして、実体は平成11年に建てられた久米川南土地整理組合の竣工記念碑だっちゃ。「人と和のまちづくりに華咲けり」と書いてござるよ。
     アァタね。そんなもん作る金があるんだったら市役所に寄付して、貧乏臭い駐車場のブラスチックチェーンのゲートを電動式にしてやんなさいってーのっ。

    うんこアイコン002

    19 本町3丁目の家庭菜園001

     コレ(↑)わぁ、本町3丁目の家庭菜園でございましてぇ、ミニトマトさんがスクスクと育っておりましてよ。でーもね、よく見ると生えてるのは地面じゃなくてコンクリートの叩きなんですのよねーっ(↓)。

    20 本町3丁目の家庭菜園002

     んじゃ、ミニトマトを支える支柱はどーなってるのかとゆーと、コンクリートにドリルかなんかでわーざわざ穴をあけて、ドライバーさんの助けをお借りしてどーにかこーにか立っております(↓)。

    21 本町3丁目の家庭菜園003

     何処のどなたかは存じませんが、たかが勝手に生えてきたミニトマトに丹精籠められていらっしゃるのを見るってぇと、なんだかヒョーショージョーでも差し上げたくなってくるんですのよね。

    うんこアイコン002

    22 エアコンの室外機に侵食するヤブガラジ

     夏のインベーダー的植物といえばヤブガラシ。東村山のアパートでもエアコンの室外機まで浸食しております(↑)。こーなる前にムシッとけよって話なんですけどね。
     でーもね、某サイトによると、若芽はおひたし、堅くなった葉も天麩羅にするってぇと予想外においしいんだそうでありましてね。ナンダカンダで黒焼きそばではB級グルメグランプリに出られそうもないんだから、この際、東村山名物ヤブガラシうどんでも作ってみたらイカガでしょうかしらね。なんつっても、そこら中に生えてるから栽培しなくていいんだがし。

    うんこアイコン002

    23 東村山駅東口の自転車専用レーン001

     んで、この10月から設置されたのが東村山駅東口さくら通りの「自転車専用通行帯」(↑)でございましてね。んまぁね、例によって告知不足でお世辞にも有効利用されてる感じがいたしませんけどぉ。
     それはとにかく、夕方、自転車専用レーンを秋津方面へ走ってる時、どーにも往生しまっせ!!なのがコレ(↓)なんでございましてね。

    24 東村山駅東口の自転車専用レーン002

     名前は出しませんけど、某宅配便会社さんの荷物積み替えお楽しみ会。あんまりメジャーじゃないので近くに営業所がないのかもしれませんけど、運悪く出会っちゃうと迷惑料の千円でも置いてけぇって言いたくなるんですのよね、うん。

    うんこアイコン002

    25 改修工事中の東村山市中央公民館001

     ほんでもって、コレ(↑)は8月から始まった東村山市中央公民館の改修工事でございまして、いったい、ドコをドウ直しているのか気になって見ておりましたら、柱部分の外壁を引っ剥がしてから鉄筋を組んでコンクリートを流し込んで(↓)、要するに柱を1本ずつ太くしてるんでございましてね。

    27 改修工事中の東村山市中央公民館003

     そぉんなにチマチマやってるのぉとゆー感じですけど、この調子じゃソリャ時間もかかりますわな。
     いやさ、どやさ、工事が終わったらホントに中央公民館はオペラシティみたいに生まれ変わるんですかしらね。せめてね、あの以前の北朝鮮の鍾乳洞みたいな雰囲気だけはナントカしていただきたいんですのヨッ。

    うんこアイコン002

    28 さくら通りプレート器物損壊事件001

     てなワケで、コレ(↑)は市内某所にできた新築のマンションなんですけどね。ナーンカ引っかかっちゃったのか玉掛けがユルかったのか、外壁の一部に昔のヤクザみたいな傷跡ガッ。
     それだけだったらアンでもないんですけどね。その傷跡を右下に延ばしたあたりの歩道に意外なブツを発見してオヤオヤと思ってしまいました(↓)。

    29 さくら通りプレート器物損壊事件002

     ま、たぶん偶然だと思うんですけどね。偶然じゃないのかしら。いやいや、やっぱり偶然だって。

    うんこアイコン002

    30 東村山市中央図書館の名物常連さん

     で、アンでしたかしらね。アレ、コッチ? いやいや、ソッチじゃなくてぇ、コレね。東村山市中央図書館って午前9時30分開館なんですけどね。どーゆーワケかいっつも9時頃から並んでいらっしゃるのがこの名物常連さんのご両人(↑)。
     市役所のロビーならすでに開いてるのにぃ、天王森公園にはベンチだってあるのにぃ、おとなりの市民センターには喫煙ルームもあるのにぃと思っても、やっぱり真っ先においでになるのは中央図書館の正面玄関なんでございましてね。その律儀さみたいなものがなんだかとっても気になるのでありました。

    うんこアイコン002

    31 ぱんぷるむーすろーずのドッグフック

     で、ほら、コレ(↑)は、最近、やってんだかやってないんだかワッカラナイ久米川町5丁目のパン屋さん「ぱんぷるむーすろーず」のペット用リードフックなんでございますけどね。1度使ってみたくて前を通ると毎回覗くんですけどね。いっつも閉まってるからちっとも使えないんだっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    32 八国山緑地の災害対策用トイレ

     コレ(↑)はね、昔、このあたりに行路病者専門の施療施設「悲田処」があったことにちなんで作られた八国山の緊急用棺桶。いやいや、ホントは災害時用緊急トイレで、フタを開けてバタバタッと組み立てるとアーラ不思議、簡易トイレが4つ出てくるんでござるよ。
     でーもヤッパシ、色が濃いからドラキュラの棺桶にしか見えないんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    33 東村山駅西口ロータリーの馬頭観世音

     そいでくさっ、コレ(↑)は、東村山駅西口の停車場の碑のそばにある馬頭観世音なんでございますけどね。なんのタタリか凶事の前兆か、恐ろしいことに恨み骨髄のオバケのQ太郎の影が浮かび上がっているのでございます。ぎゃぁぁぁぁぁっ。ま、となりのベンチで誰かがコーヒーでもコボしたんでございましょうけど、心当たりのあるカタは、タタリがある前にお水でも買って洗っときなさいましね。

    うんこアイコン002

    34 野口町4丁目の前川名称不詳橋の供養塔

     そぉかと思うってぇと、前川の「土家」の脇の橋のたもとにはこぉんな供養塔ガッ(↑)。なんの供養塔かと思って裏へ回ってもぬわぁんにも書いてなくて、書けないほど恐ろしい津山30人殺しみたいな事件があったかもしれないと思うと夜も寝られませんのよっ。どなたかご存じの方がいらっしゃったら教えて下さいましねーっ。

    うんこアイコン002

    35 東村山郵便局のショーケース

     ほーらほーら久しぶりの東村山郵便局情報でございますわヨッ。んでもくさっ、日本郵便さんの本心は「年賀状ください」じゃなくて、年1回のドル箱的収入源だから「トットと年賀状買って出しやがれ!!」だろうってぇんだベラボーめっ。

    うんこアイコン002

    36 東村山中央公園で無料配布中の犬のフン収集袋

     コレ(↑)は、都立東村山中央公園で無料でいただける犬のフン回収袋なんですけどね。やっぱり都ってお金持ちですわよね。市ではこんなことして下さんないですものね。今度、東京都に引っ越そうかしら。

    うんこアイコン002

    37 野口町1丁目のアネックス東武

     池袋の東武アネックスとはぜんぜん関係ないんですけどね。たぶん、コッチ(↑)のほうがずうーっと古くて本家本元のような気がしますわね。

    うんこアイコン002

    38 東村山駅東口商店会の街灯フラッグ

     で、やっぱり最後はコレ(↑)。がんばったからこーなったのか、がんばらないからこーなったのか、ソコントコはよくわかりませんけど、もうそろそろ成仏さしてさしあげたほうがよろしくってよ。
     アタクシもね、ナニも東村山ががんばってないとは言ってやしないんですのよね。最近じゃあ、INGRESS MISSION in 東村山「映画『あん』のロケ地をHACKせよ!」なんてひっさびさのクリーンヒットだと思いますけど。でーもね、東村山全体ではまーだまだ巻き込むターゲットにブランクがたくさんあって、取りこぼしだらけという気がするのでありましてね。
     特にわれわれスマホとは無縁のジィさんバァさん予備軍の心をトキメかしてくれるものがなかなかないんですのよね。やっぱ「終活促進都市宣言」しかないですかしらね。近日中に「死のう団東村山支部」でも作ってみようかしらと考える今日この頃なのでございましたーっ。

    【画像拝借サイト様】
    「うんこだらけのフリー素材」バナー


    |11-17|写真日記コメント(0)TOP↑
    たまら・び001

     多摩地域の魅力を紹介することを目的として18年前に創刊された『多摩ら・び』。2年前から『たまら・び』と誌名をひらがなに変えてリニューアルいたしました。その第89号(2015年10月1日発売)の「まちの特集」は『東村山ノスタルジック』。今じゃ、おらがムラのどこの本屋さんに行っても平積みになって置いてあるんでありますよ。
     最初にお断り申し上げておりますが、アタクシ、1枚噛んでおります。ま、オトモダチのデザイナーさんのお声がかりで記事をデッチ上げさしていただいた慮外モノでありまして、会議や打ち合わせにはまったく顔出ししておりません。だから、どーこーゆーのも後出しジャンケンのようでちっとばっかし気が引けるんですけどね。アタクシの周りのみなさんの意見を聞いてみても、その評判がイマイチよろしくない。シトツ、なーんでカッ!!とゆーことをお粗末ながら考察してみたいと思うんでありましてね。

    たまら・び

     今号の表紙の写真は池田昌紀さん撮影の「くめがわ電車図書館」。これがなかなかイイんでございましてね。アンつっても、モデルが妙齢のご婦人お2人というのが東村山の現状を如実にあらわしております。つーのも、青葉バーバーズの例を持ち出すまでもなく、東村山のバァ、いやいや、シルバーレディのみなさまの実行力たるや尋常ではないのでありまして、東村山の進歩的なものの原動力はすべて女性が担っていると言っても決して過言ではございません。
     そこへいくってぇと東村山の男性陣はホントに駄目なんでありましてね。変に体裁ばっかり気にするもんだから、理想ばかり追っかけて地に足が着いていなかったり、屁の突っ張りにもならない会議を延々とやったりなんかしております。アタクシもその1人だと思うと本当に情けなくなってくるんですけどねーっ。

    たまら・び002

     んで、肝心の中身はどうかしらとページをめくって読んでみたんでございますけどね。ナーンカね、グッと来るものがないんですのよね。その印象を一言で申し上げれば、「東村山ってこんなにショボイ、ツマンナイ町だったのぉ!?」という感じィなんですのよね。アタシャね、東村山がスンバラシイ町だなんて微塵も思っていませんけどね。もうちょっとはわずかながらでも、未来につながる草莽崛起の息吹みたいなものが感じられる町だと思ってたんですけど、それがほとんど感じられないのでありますよ。
     もし、これが東村山地域限定の『むらな・び』とでもいった定期刊行物だったら、ただでさえ花形スターの乏しい東村山のコッてすから、情報を小出しにして出すのも致し方ないのかなぁと思いますけどね。『たまら・び』で東村山を特集していただけるのはせいぜい5年に1ぺんぐらいなんでございましょ。それにしてはアァタね、情報のサービサビリティがきちんと濃縮還元されてないんじゃござんせんかしらね。

    たまら・び003

     リニューアルされた『たまら・び』てぇのは、ヒトコトで言えば、従来からあったローカルマスコミの持つダサさを徹底的に排除して、いわゆるデザインの手法で素材をセンスアップすることで、シャレオツな多摩を再構築するバーチャルマガジンてなことになると思うんですけどね。どーも小手先で事務的にやってるような気配になってて、特に今回の東村山特集には求心力がほとんど感じられないのでありますよ。
     いやいや、コンセプトとしてはとってもよくワカルし、『たまら・び』のような雑誌はホントにホカにはないから、なくなっちゃたりしちゃあ困るんですけどね。でも、ナーンカね、レイアウトに懲りすぎて、足を靴に合わせているムリクリ感が漂ってるのも事実で、ただでさえ私の周囲の中高年からは、「デザインになんか凝らなくてもいいから字をもっと大きくしてチョーダイッ!!」という声もトミに挙がってるんでございましてね。そのへんがどーにも悩ましいのは事実なのでありましょうなァ。

    たまら・び004

     やっぱり今号の記事でいちばんアンだかなぁと思っちゃったのは、誠に遺憾ながらメーンの『迷子になりに行こう。7つの自然に出会う旅』でございました。なぜかリードはそうではないのだけれど、本文がとにかくカタい。カジッたら歯が欠ける石部金吉が焼いた堅焼き煎餅のようにカタい。よくまとまっているから教科書としてはすばらしいのですが、単なる形式的な説明文になっちゃっていて、お勉強熱心な東村山市民にとっては「そんなの知っとるワイッ!!」という情報ばかりで、想像力をちっとも刺激してくれないからリンダ困っちゃうんですのよね。
     個人的には、せっかく今年は映画『あん』が公開されたんだから、全生園だけをクローズアップして、「映画〈あん〉に学ぶ東村山の光と陰」にでもしとけばよかったんじゃないかと思うんでありましてね。だいたいね、今号の『知る自然 多磨全生園』の記事中で、「人権の森構想」や「ひいらぎとくぬぎ」にまったく触れていないのはどーしたもんでしょうかしらね。

    たまら・び005

     続いての記事は『こなものRailway』。こちらも企画としてはとっても面白いのでありますよ。でーもね、これもあくまで個人的な感想なんですけどね。リアルな細密画ならともかく、ナカイミナさんのイラストは味はあるけどホンワカしすぎていて、書き手が違うから紹介の仕方にも一貫性がございません。コナモノを1つずつ紹介する連載記事だったら問題なかったと思うんですけど、メリハリもなく19品目をズラズラーッと並べられちゃうってぇと、情報不足なもんだからだんだん頭の中が混乱してくるのでありますよ。やっぱり食い物のほうを写真にして、お店のほうをイラストにしとけばよかったんじゃないですかしらねーっ。
     『東村山親子の隠し味』は、オトモダチの美代子センセが紹介されていてうれしゅうございました。ただ、人生波瀾万丈の美代子センセ親子と違って、あとのお2組のご家族はちょっとだけパワー不足のような気もいたしました。

    たまら・び006

     以下、そのホカの記事については煩瑣になるので詳しくは省略するとして、ウウムね、やっぱり何か物足りなさを感じるのは事実でありましてね。『たまら・び』第89号は本屋さんに平積みにされているワケですけど、イキナリ表紙だけ見て買う人はあんまりいない。あっ、そーか、東村山特集号が出たのかと思って興味が湧いて、パラパラッとめくって読んでみてから、買おうか買うまいかを心の中で決めると思うんですけど、どーもね、「買ってみよう」と感じさせるような東村山の魅力が伝わってこない。
     ハッキリ言って、整合性にイマイチ欠けてるんでありましてね。1つ1つの記事が粒立ったアンサンブルを奏でていない、どこかチグハグな感じがいたします。そのあたりは、市民ライターを募集して共同編集するという手法が裏目に出ちゃったかもしれません。どういう切り口で、どこをクローズアップして、どう対比させてテーマを浮き彫りにするかというセオリーである作業が、どこかないがしろにされている気がするのでありますよ。ま、そのチクハグさこそ東村山の現状だと言われれば、グゥの音も出なかったりするんですけどね。

    たまら・び007

     今、アタクシの手許には去年の4月に出た『たまら・び』の国分寺市特集号がありましてね。両者を見比べてみるってぇと、特集部分のページ数はおんなじなのに、どーにもこーにも国分寺特集のほうが格段にオーラを発している。籠められているパワーみたいなものが明らかに違う気がするんでありましてね。
     東京ザットマン、じゃなくてぇ、ザッとひと通り読んでみて改めて思うのは、元来、東村山には未来を見据えた革新的なヴィジョン、とりわけ独創性のある視点から生まれたコンテンツがホントに少ないなぁということでありましてね。だいたい、東村山在住20ン年のアタクシが何かにつけて不満に思うのは、「ドボジテそんなところで満足しちまうんだいねっ!!」てなことなんでございますのヨッ。イベントにしてもナンにしても、ヤッたねっ、スゴイねっ、畏れ入谷の鬼子母神てなモンが、新しい文化を創造する風土のようなモノが極めて少ないっ。「イエイエ、しょせん東村山ですからっ」という逃げの姿勢がいつも見え隠れしている気がどうしてもいたします。

    たまら・び008

     何もアタクシはね、もっとゴージャスにしろとか、もっと芸術性を高めろとか、経済効率を追求しろとか言ってるのじゃござんせんのでしてね。その代わり、もうちょっと知的冒険の足跡がハッキリと見て取れるような、その土俵を東村山というムラだけに限定しない、単に東村山が好きだという情念を超えた、多くの人が能動的に共感できる未来を暗示するような、飛躍につながる触媒としての役割を担うようなことをやってほしいんでありますよ。
     ま、東村山はいろんなことをやるのに好条件が揃っている町では決してないから、せっかく苦労して立ち上げたものがパターン化しちゃうのもワッカラナクはないんですけどね。個々のものとしてはソレナリに魅力的でも、東村山総体としてはテンデンバラバラな印象がものすごくあるんでこざいましてね。特にイベントに関しては、ほぼ丸っきりお花見や盆踊りのような通過儀礼にすぎなくなっちゃっていて、東村山と関わりのない人々には見向きもされなくなってたりすることがあるんですのよね。

    たまら・び009

     いやいや、アタクシだってね、ここ数年の東村山が徐々に活況を呈しつつあることはヒシヒシと感じておるんでございますけどね。どーもアレなんでございましてね。20年先、30年先の東村山の未来像というものがサッパリ見えてこない。「人と人 人とみどりが響きあい 笑顔あふれる東村山」じゃオハナシにならないんでありますヨッ。東村山にだってすばらしいエナジーを持っている人はたくさんいるはずなんだけど、いっつも特定の一部の人たちだけが駆けずり回ってご苦労なさっている気がします。
     なかんずく陥りやすいのは、「東村山大好きっ!!」な人々だけにターゲットを絞り込んでしまうこと。結果的に東村山スキスキ同好会みたいなことになって、内部だけで盛り上がるだけ盛り上がって、外部の人たちにとってはほとんど魅力が感じられない代物が出来上がったりなんかいたします。特に町おこしや活性化を目的としているモノの場合、「いかに無関心層の関心を呼び覚ますか」「いかに市外の人たちにも魅力を感じてもらえるか」「いかに想像力を喚起させて東村山に対するイメージを上昇させるか」ということが第一義の最大目標であるはずなのに、いつの間にか本末転倒になっちゃってる場合もあるんでございましてね。

    たまら・び010

     東村山にも新しいことに果敢に挑戦している人たちがいます。でも、実際には、一部の例外を除けば、いつしか迷路に迷い込んで中途半端なままに開店休業状態に陥るか、新たなベクトルを見出せないままに偉大なるマンネリ道を歩むか、そのいずれかである場合がヒッジョーに多い。いくらオカルト好きのアタクシでも、それが八国山の合戦で討ち死にした鎌倉幕府軍の武将のたたりだとは申しませんけど、どーにも呪いだとしか思えないほどに蔓延している傾向が東村山にはあるんでございましてね。
     それはひとことで言えば、「やったもん勝ち症候群」とでも申しましょうか、既成事実だけを評価してプラスαを追求しない、未来指向ではない閉じられた泥縄的アナクロニズムです。人間というものは、いったん目標が達成されれば満足して新たなステップに進むはずです。ところが、明確なコンセプトがないと、何をやっても達成感がないからだんだん不安になって自己肯定感も失われて、余計に新しいことに手を出さなくなって、永遠に同じレベルの空疎な堂々巡りを繰り返すようになります。ま、要するにカラ回りなんでございましてね。

    たまら・び012

     確かに「東村山大好きっ!!」というのはすばらしいパワーです。でも、そのパワーを結集して何か新しいことをやろうというベクトルだけでは、その総量としてのエンジン出力は確実に落ちます。人間が100人集まれば確かに100人分の熱量はありますけど、人間のパッションというガソリンは残念ながら品質が一定ではないからです。出力を効率的に上げるための方法はたった1つしかありません。それは人と人とのつながりを飛躍的に拡大させてシナジーを生むことです。
     何をどう表現すればどう伝わるのか、何をすれば注目してもらえるのか、何が本当に町おこしや地域活性化に直結するのかということを、徹底的に検証していかなければ物事は進歩しないのでありましてね。ところが、過去を振り返って未来を見据えるフィードバック機能が東村山ではほとんど作動していない。「このまんまじゃ東村山は恥ずかしいよ」という現実を改めて見直すところからしか東村山の未来は始まらないんじゃないかと、アタクシなんかはつーくづく感じるんでございますけどね。

    たまら・び013

     これもアタクシの独断と偏見ですけれども、志村けんという人は東村山という町が大嫌いだったんじゃないかと思います。東村山という何も誇るものがない無名の辺境の町で、戦前からの教育者である父親が支配する厳格な一家に生まれ、家の中はいつも重苦しい雰囲気で、テレビのお笑い番組を観ることだけが唯一の楽しみだったといいます。本名の「康徳(やすのり)」は、お父さんが尊敬する徳川家康の名前から2字とって付けた名前なんだそうで、その事実を聞いただけで気が滅入ってくるような気がいたします。
     ザ・ドリフターズで付き人としての修業を重ね、荒井注の脱退でやっと正式メンバーになったものの、ほぼ2年間は先輩たちに囲まれての針のムシロ状態。それが、『8時だョ!全員集合』の少年少女合唱団で歌った東村山音頭で予想外の大ブレイク。スランプ状態から脱出できたキッカケが、脱出してきた故郷のご当地ソングだったのは皮肉な話ですけど、そのことで志村けんは生まれて初めて東村山の呪縛から解放されたのではないかと、そんなフーに思うんでありましてね。

    たまら・び014

     安倍ソーリは、『一億総活躍社会』とゆーミョーなことを言い出しております。その流れで、ムラでも『東村山市創世総合戦略検討協議会』つーのが発足しておりますけど、公開されている会議録や資料を見る限り、ちょっと頭を抱えちゃったりするんでございますけどぉ。それはさておき、安倍ソーリの伝でいくってぇと、東村山の場合は『十五万総活躍社会』とゆーことになるんでございますけどね。アタクシ、コレ、目指してもいいと思うんでありましてね。一億はドダイ無理でも、十五万だったらひょっとしたらとか思いますものね。
     たァだァしィ、今までとおんなじようなことをやっても焼け石に水ですわよね。そりゃあね、龍の髭を撫でたり、虎の尾を踏んだり、火中の栗を拾ったり、猫に鈴を付けたり、ルビコン川を渡ったり、バージョンアップしたり、都政を身近にしたり、イロイロやんなきゃならなくなるとは思いますけどね。でも、やっぱり、単発花火がたまーにポンポン上がってるだけの現状ではムリですわよね。千葉ネズミーワールドのアトラクションだって、たった1つしかなかったらほとんど誰も行かないけど、68もあるからシナジーが生まれるんでございましてね。

    たまら・び015

     さて、話は『たまら・び』に戻ります。雑誌というものの本義は「驚かす」ことだとアタクシは思っておりましてね。ま、心臓麻痺になっちゃうほど驚かすこたぁありませんけど、読者の脳細胞をツンツン刺激して、想像力を喚起させて思考をソフィスティケートする。やっぱソコには新しい視点がなけりゃあきまへん。でも、残念ながら今回の東村山特集号には、アタクシのポンコツ脳細胞をツンツンする記事がほとんどありませんでした。ものすごく意地悪な見方をすれば、「しょせん、東村山の現状なんてこんなもんだろっ」と言われているような気がして涙を流した夜もございました。
     んー、何年後になるかはわかりませんけど、もしまた東村山を特集していただけるようなことがありましたらね、今度はちょっとばっかし嘘が混じっちゃってもいいから、「東村山、エライっ!!」「東村山、スゴイッ!!」と他市の奴等をクリビツ仰天させるような記事にしていただけませんかしらね。そーでないと棺桶に片足突っ込んでるアタシらは、死んでも死にきれないんだっつーのっ。

    たまら・び016



    |10-31|コメント(0)TOP↑
    02 本町2丁目のお宅の郵便受け

     コレ(↑)は、おんなじ本町2丁目の新築したばかりの某お宅の郵便受けなんですけどね。上半分の木材が釘1本だけで止まってるもんだから、ユルユルになって回転して乱杭歯みたいになってて、どーにもこーにも気になるんだっつーのっ。
     アタシらは、写植を貼りまぜて版下から作っていたアナクロ編集世代でございますからっ、ビミューに傾いてるモノに対して無駄に敏感なんでございましてね。んー、いつかもう1本釘を打って欲しいざんすわね。

    うんこアイコン002

    03 美住町2丁目のサイケデリックなお宅

     んで、その郵便受けのお宅がコレ(↑)。かと思ったらさにあらず、美住町2丁目のじぇーんじぇん関係ないお宅なんですけどね。わざわざマネッコしたみたいに色がおんなじなんですのよね。
     ムラでマネッコが流行ってるのは知ってましたけど、このサイケデリック・オレンジ塗装も最近のムラのトレンドなんですかしらね。んなこたぁナイと思うんですけどね。

    うんこアイコン002

    04 ヤクルトレディさんの原付バイク

     てなワケで、コレ(↑)は、東村山駅東口ロータリーのビルの下に駐まってた、某ヤクルトさんの原付スクーターですけどね。
     いくらホンコン・フラワー(古いっ)で飾り立てたって、ジョアがクレマドールにはならないんだっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    05 本町3丁目のピアーズのランチボード

     あのね、アグネス・チャンの日本語じゃあないんだから、漢字はカンベンするとしても、もうそろそろひらがなとカタカナぐらいはマスターしていただいたほうがいいんじゃあーりませんかしらね、ピアーズさん。

    うんこアイコン002

    06 多文化共生・男女共同参画推進交流室の看板

     コレ(↑)もアンでございましょ。中国語とハングルは別にいいですけど、この期に及んで「Kohryu-shitsu」はナイですわよね。なーんで「Exchange Office」にしとかないんですかしらね。これじゃ欧米かっ!!のみなさんがチンプンカンプンだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    07 本町2丁目のあいデンタルオフィスの看板

     そぉかと思うってぇと、この看板(↑)、パッと見はてっきりアイスクリーム屋さんだと思っちゃいますけど、実は泣く子も黙る歯医者さんなんでございましてね。
     昔はこぉんなポップな看板の歯医者さんなんてなかったですわよね。ま、昔も今も歯医者さんは子どもがいちばん行きたくないところだったりするんでしょうけれど、やっぱりナーンカ時代が変わった気がしますわね。

    うんこアイコン002

    08 東村山消防署本町出張所の消火栓

     コレ(↑)はね、東村山消防署本町出張所の消火栓でございましてね。
     朝顔に釣瓶とられて火事消せず!? んなこたぁナイんでございまして、もうすでに使われなくなった古い消火栓を飾ってあるんですけどね。
     んでもぉ、だったら案内板の1つぐらいはあってもバチは当たらないんじゃありませんかしらね。やっぱムラの消防署にはそんな予算がないんですかしらね。

    うんこアイコン002

    09 東村山市役所北庁舎の投票啓発看板

     コンナモノあったかしらと思うくらい、時代がワープしちゃってて存在感が霞んでいるのが、市役所北庁舎の隅に建ってるアナクロの本家本元大本元祖みたいなコノ看板でございましてね。せっかく投票権年齢が18歳以上に引き下げられたってぇのに、いまどき、こぉんな看板で投票率が上がるかってぇんだ、このあんにゃもんにゃめっ。
     もうそろそろ、ふるさと歴史館に引き取っていただいてもよさそうだと思いますわよね。

    うんこアイコン002

    10 本町2丁目のMCS東村山の世相斬りポップ

     そいでくさっ、コレ(↑)はお馴染み本町2丁目の自転車屋さん「M.S.C東村山」の世相斬り!!貼り紙なんですけどね。
     てゆーか、オヤジさん、実はイラストも旨いじゃないっスカ!!てぇ話ですわよね。これからはどんどんイラストも描いてほしいザンスわね。

    うんこアイコン002

    11 東村山中央公園管理事務所の掲示物

     貼り紙と言やぁ、東村山中央公園の管理事務所のQ&Aコーナーにはとっても気になるぅ貼り紙(↑)がっ。
     ナニィィィ? 駐車場が狭いだとぉ? やっちまったナァ。男は黙って迷惑駐車。てぇワケにもいきませんけどぉ、どーかヒトツ、人の来ないバードサンクチュアリなんかやめて、わんこさんの駐アリにでもしていだたけないもんでしょうかナァ。

    うんこアイコン002

    12 東村山市役所公示掲示板の犬関連書類

     あっそうそう、コレ(↑)は東村山市役所の公示掲示板の「引取り・収容動物」と「捕獲犬の抑留」なんでございますけどね。ドッチも何も記入されてなくて白紙のまんまなんですのよね。
     ま、タマタマ1匹も捕獲も収容もされていなかったんでしょうけどね。わーざわざ白紙の書類を貼っとく必要はないんじゃありませんかしらね。ったくお役所のやることは不可解ですわよねーっ。

    うんこアイコン002

    13 東村山市役所駐車場のプラスチックチェーン

     市役所って言やぁね、コレ(↑)。なんだかわかんないでしょ。駐車場のゲート入口のプラスチックチェーンを入れとくカゴなんですけどね。どーにもこーにもヤんなるほど貧乏クサイんですのよね。
     電動式のゲートを作れとは言いませんけどね。せめて、寝てるひがっしーとかのイラストを入れたカワユイのにしていただけませんかしらね。ソンナンだから、みんなに東村山市は「洗練されていない田舎」だって言われちまうんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    14 諏訪町1丁目の徳蔵寺山門開閉電動機器

     ゲートって言やぁね、重要文化財「元弘の板碑」があることで有名な諏訪町1丁目の徳蔵寺にわんことお参りをしましたら、山門のところに何やら新しい機械が据え付けられておるのを発見いたしました。アニかと思ったら「山門自動開閉装置」なんですってよ、オクサマッ。
     ま、最近はお賽銭を投げ入れるとお経が流れるお寺とか、卒塔婆専門のプリンターがあったりしますけど、ついに仏教界デジタル化の波が東村山にも押し寄せたんだ思うと感慨無量寿経ですわね。

    うんこアイコン002

    15 本町2丁目のカネオンの看板

     んで、コレ(↑)は第2武田ビルの「株式会社カネオン」の看板ですけどね。しょせんアタシらは品性がお下劣なもんですから、「AV専門店」というと、どーしたって「audio-visual」ぢゃなくて「adult video」を連想しちゃってしょうがないんですけどねーっ。
     つーかね、試しに「AV」でgoogle検索してみたら、やっぱりお下劣なほうばっか出てくるんだっつーっの。「audio-visual」のほうはホカの略語を考えたほうがいいんじゃあーりませんかしらね。

    うんこアイコン002

    16 八坂商店街掲示板の落書き

     てゆーより、この八坂商店街の掲示板(↑)がタイヘンなことになっております。つーかね、消すのが面倒クサイんだったら、暑中見舞いの貼り紙でも上から貼っとけばいいのにね。

    うんこアイコン002

    17 栄町1丁目の配電盤

     かといって、この栄町2丁目の配電盤(↑)みたいに、消しときゃあいいってもんじゃありませんわよね。
     重ね塗りして曖昧糊塗にするぐらいだったら、「落書きヘタクソ選手権優勝作品」とかぁ「これを描いた人をみんなで呪怨します」とかぁ、横にでも書いとけばいいのにね。

    うんこアイコン002

    18 美住町2丁目のごみ集積所の看板

     だぁかぁらぁ、東村山市のごみの出し方と収集日は去年の10月にとっくに変わってるんだっちゅーのっ。なぜか美住町2丁目界隈にはこの手の看板がいまだに残ってるんですのよね。シッカリしてくんなましヨッ、町内会長さんってばヨッ。

    うんこアイコン002

    19 栄町1丁目のパチンコ大学の貼り紙

     さーてね、コレ(↑)は久米川駅前のパチンコ大学95さんの貼り紙ですけどね。アタシャ、店に入ったことはナイんですけどね。ゴメスさんの登場する同店のブログはわりと昔から目にしていて、そのゴメスさんが見習い店長になったと知って、ちょっとウレシクなっちゃったりしたんでございましてね。
     つーか、ゴメスの名前の由来って阪神のゴメス? いやいや、ゴメスが助っ人に来る前からゴメスさんだったから、やっぱりウルトラQの怪獣ゴメス? アンにしても、ココまで体を張って、いやいや、顔を張って奮闘なすってるお姿には敬服してるんでございましてね。
     うちの会社のゐぬはお店の前を通るとなぜかいつも中に入りたがるんでございましてね。ゴメスさんのにほひがするんでございましょうかしらね。

    うんこアイコン002

    20 栄町2丁目のあごひげ酒場

     ほんでもってコレ(↑)は、久米川駅南口のあごひげ酒場の看板。注意しろっつったって、服に着くと燃え上がってヤケドしちゃうってぇワケでもないんでしょうけど、ねこぢる、もといっ、にくぢるがシタタッている場面がアタマに浮かんで、ついつい入ってみたくなりますわよね。このヒネッた発想は東村山にはなかなかありゃせんのでございましてね。

    うんこアイコン002

    21 栄町2丁目のドライブドリームストーリー

     うーと、ウイング通りのおせんべいやさん本舗を何気なく見ていたら、2階のハメゴロシの窓に「D2S」のロゴがっ。ドッカで見たことがあると思ったら、大昔のこのブログでご紹介した「株式会社ドライブドリームストーリー」でございました。
     確か昔はイーストビレッジにあったと思うんですけど、いまだにホームページは工事中のまんまだし、御託がゴリッパなわりに社長ブログはほったらかし放題だし、もうちっとんべぇナントカなりませんかしらね。ある意味、東村山の現状を象徴しているような会社なんですのよねーっ。
     んま、社長さんとはマンザラ知らない仲じゃないんですけど、このほど、目出度く東村山市創生総合戦略検討協議会委員にオナリになったそうで、今後も東村山のために頑張っていただきたいですわんね。

    うんこアイコン002

    22 空堀川天王橋の欄干

     えっとぉ、コレ(↑)は、空堀川の天王橋の欄干なんですけどね。よっぽどホカにやることがなかったんですかしらね。ま、長年東村山に住んでるってぇとね、何もかもがイヤになって自暴自棄になる気持ちはわかるんですけどぉ。

    うんこアイコン002

    23 新青梅街道久米川陸橋下の小便無用看板

     なんだチミは。アレよーアレアレ。新青梅街道久米川陸橋下の小便無用看板ですけど、その下に敷いてあるのが、2年前に野田数(かずさ)氏が都議選に出馬した際の、今は亡き日本維新の会のポスターでございましてね。
     現在、野田氏はアントニオ猪木参議院議員の政策秘書としてご活躍のようですけど、落選後、ポスターの回収を一切やらないでトンズラこいたらしいですわね。んなシトが受かるわけないっちゅーのっ。

    うんこアイコン002

    24 美住町2丁目の駐車場の鋸状バリケード

     んで、なんだったかしらね。あっ、そうそう、このブログでも前に2度ほど危険がアブナい有刺鉄線の柵をご紹介したことがありますけどね。さらにデンジャラスなブツ(↑)を美住町の某駐車場で発見いたしました。
     このノコギリ状の金属、ギョーカイでは忍び返しというんだそうですけどね。んだけどよぉ、忍び返しっつーのはフツーは万一の事故に配慮して、だいたい高さ1.5m以上のフェンスやゲートに取り付けるもんでございましょ。ところが、ここの駐車場のフェンスは高さ1mぐらいだから幼児でも手が届いちゃうし、大人だったらカンタンに飛び越えられちゃうから無用の長物なんですのよね。コレって所謂過剰自衛権の行使で、もしかして憲法9条違反だったりしませんかしらね。
     だいたいね、ノコギリ状っていうとナーンカね、酒鬼薔薇聖斗のタンク山事件を思い出して背筋が凍るんだっつーのっ。

    うんこアイコン002

    25 本町2丁目の旧鎌倉街道の飲料自動販売機

     この本町2丁目の飲料自動販売機(↑)、どーしてわざわざ「ゴミ置き場ではありません!」と書いてあるのかっつーと、下の空いている空間にごみを捨てちゃう人がいるからでございましてね。んじゃ、なーんで販売機が宙に浮いてるのかとつーと、下に水道とガスのメーターがあるからなんですのよね。
     下の空間を板かなんかで囲わない限り、イタチごっこってゆー気がしますわね。

    うんこアイコン002

    26 本町3丁目の排水溝のヤツデ

     というようなわけで、コレ(↑)は、ウチの事務所の前のマンションの排水溝なんですけどね。中で育ってるのはヤツデさん。なーんか知りませんけど、東村山税務署界隈の排水溝はほぼヤツデに占拠されつつあるんでございましてね。ひょっとして世界征服でもネラッてるんですかしらね。

    うんこアイコン002

    27 まちジャム2015で歌う善哉和也

     んで、コレ(↑)は、日本木登り協会会長の高木昇さん。んじゃなくてぇ、まちジャム2015の八国山会場ころころ広場で歌う善哉和也さん。歌いながら木に登っちゃう人は初めて見ましたわね。そのままスッと鳥になって飛んで行っちゃったら果心居士みたいで面白かったんですけどね。

    うんこアイコン002

    28 ココ・プライドのお騒がせわんこ軍団

     で、おたくのカイシャ、またイヌが1匹増えてるんでねぇの!? とお散歩のたんびに言われてたりするんですけどね。どーもね、身も心も東村山にどっぷり浸かっている人にだけ、4匹目の保護犬のBarbieちゃんとかゆー犬が右端に見えるらしいんですのよね。
     えっ!? アァタには見えるって? そりゃもう手遅れですな。それではご親族の方から順番に。エーッ!? ご親族の方も全員見えてる? あらま、私にも見えてるわ。
     親の因果が子に報いィィィ、盛者必衰、会者定離、頓証菩提、南無阿弥陀仏、南無東村山陀仏。チーンでございますわよっと。

    【画像拝借サイト様】
    「うんこだらけのフリー素材」バナー


    |08-02|写真日記コメント(0)TOP↑

    ホームページのご案内

    ★このブログは、同じタイトルのホームページと連動しています。上の画像をクリックすると新しいウィンドゥで開きます。

    Twitterウィジェット

    プロフィール

    Author:ココ・パピラス
    FC2ブログへようこそ!

    ココ・パピラス (株式会社ココ・プライド出版事業部) 〒189-0014 東京都東村山市本町3-5-36-405 TEL&FAX.042-397-6385 papyrus@coco-pride.com

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    カテゴリ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。